<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お教室では 霜月 2017.11

11月も終わりですね。霜月  
例年より寒さが早く感じますが、これからどうなのでしょうか。
そぞろ寒ともいうそうです。

これからは、年末・新年とお人寄せも多くなる時期です。
最近大皿に盛りお出しするお料理があまり見かけられませんが、
気楽に楽しめるように大皿でお出しするということを意識し、
調味料もいつもとは異なったメニューにいたしました。

f0032481_20351405.jpg
クリスマスのテーブルは、赤を引き算してランナーだけの赤でクリスマスです。



オードブル(写真が行方不明)
長芋、海老、蓮根の胡麻和え
トマトの黒酢和え
揚げバナナ


ビーツのスープ
f0032481_20390410.jpg
ビーツが常に見かけられるようになり、国内でも栽培されるようになったようです。
嬉しいです。
お教室を始めた頃は、ビーツは輸入品で、高級食材を扱うスーパーにしかありませんでしたね。
江戸時代の骨董の器に盛りました。

オータムサラダ  ゆずドレッシング
f0032481_20343604.jpg
秋の食材が9種類も入ってます。人参は銀杏型で抜いて。
自家製ゆずポン酢をお教え致しましたが、皆様お家で作ってくださることを願って。


蒸し焼き豚ロース
f0032481_20344400.jpg


パンプキンプデイング
f0032481_20351949.jpg
毎年恒例のメニューです。

ドリンク
f0032481_20390844.jpg
ざくろジュースとワイン(R)

f0032481_20345659.jpg
いつもは、12月にクリスマスパーテイーを兼ねてのお教室でしたが
今年は11月にして、しかもキラキラをマイナスにして、シンプルなクリスマス
に致しました。皆様にもアットホームでとのお声をいただきホット。

皆様はどのようなクリスマスになさるのでしょうか、そのご報告が楽しみです

お疲れ様でした。
12月は、お正月のお役に立つような和食です。




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ  


by studiopinot | 2017-11-27 21:00 | Trackback | Comments(2)

Small garden

立冬も過ぎて、各地の見事な紅葉情報が楽しみな時期です。
Small gardenのジューンベリーの紅葉も終わり、葉が色が褪せてきた芝生に
模様を描いてくれてます。

お掃除道具を取りに裏に回ると、すっかり忘れていた山茶花が咲いてました。
だいぶ刈り込みましたのでお花は来年の楽しみにしていたのですが、
思いがけない嬉しさでした。

f0032481_19532204.jpg
山茶花   青九谷の花瓶  20年ほど前 骨董収集家の方の蔵開きで求めたものです。

室内では、10月のお教室のために活けた雲竜柳が芽を出していました。
少し早いのですがクリスマスのオーナメントを飾ってみました。
f0032481_19534411.jpg
雲竜柳の根が沢山出ています。
small garden には植えるところがないし、でも植えてどのように育つのかも楽しみですし。

f0032481_19533032.jpg
ヒゲのような根が沢山出ています。

凄い生命力です。





にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ    

by studiopinot | 2017-11-12 20:05 | 季節の彩り | Trackback | Comments(0)

季節の手仕事  ジャム

お取り寄せした紅玉リンゴが最後の2個になりました。

リンゴと言えば、我が家ではリンゴジャム、そしてケーキに焼きこむために1/4に切って
キャラメリゼにして保存します。

今年作ったジャムでまだキープしてあるものが、無花果ジャム、ジューンベリージャム
マロンジャム、ストロベリージャム(これは春に作ったもので、お正月に開けます)
そして一番最近作ったのが、アップルジャム(ピンク色)
f0032481_13145684.jpg
Small gardenの紅葉も始まりました。
季節の動きを感じて、これから迎える冬の寒さに気持ちだけ向かいます。
そのうち寒い寒いと嘆くことでしよう。
ヘンリーツタ、 ジューンベリー、 づじゅ珊瑚

アップルジェーリー
f0032481_13151606.jpg

リンゴの皮もタネも全てたっぷりの水で煮て、晒しの袋に入れて一晩自然に落ちる煮汁を翌日
砂糖を加えて煮ます。
甘いのですが、クリスマスのプレゼントにしたり疲れた時にスプーンでお口に。。。。
f0032481_13151188.jpg
リンゴの酸味が、乳製品と良くあいます。

f0032481_13152435.jpg
現在は、CA貯蔵法 という新しい技術で一年中リンゴが売り場に並んでいますが
季節にいただくのがお味も気分も良いと思うのですが。

毎日一個のりんごは医者いらず
ヨーロッパからアメリカ大陸へ渡った人々の命を救ったリンゴ

多くの言葉があります。

今一番美味しい柿、さーどのように使いましょうか。




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ







by studiopinot | 2017-11-07 14:27 | 保存食 | Trackback | Comments(0)