今年も作りました 

無農薬の美味しい甘夏を頂いて、時間が掛かりましたができました~
2種類のマーマレードとピールです。
f0032481_1671889.gif

最初に作ったのが、甘夏ピールです。
f0032481_1614347.gif

乾燥したピールを細く切って、いつでもつまめるように瓶に入れておきます。

次に写真は無いのですが、従来の作り方皮を細く切り実、汁と煮詰めるタイプを作り。

次に作ったのが、甘夏と清見オレンジを丸ごと、茹でて作るタイプ。
プカプカと可愛くて、見ていてとっても楽しいのです。2回茹でこぼし2日間水にさらします。
f0032481_16223522.gif

乱切りにし、フードプロセッサーにかけて砂糖と煮ます。
当然、苦味も強く大人の味・・・と言う感じなのですが、これが美味しいのです。
そして2ヶ月くらいすると、苦味が薄くなり甘さと一体になって、何ともいえない美味しいマーマレードになります。
見た目も、従来のマーマレードとは可なりちがいます。
f0032481_1741152.gif



来年からはこれ一本にとも考えてます。
時間と手間がかかる作業、毎年あきずに作りますが、きっとこのオレンジ色がそうさせてるのかもしれませんね。
砂糖の量は、年々少なくしてきて現在は55%になりました。
お料理に使うとき良くするのが、しょうがの千切りとあわせ一と煮立ちさせて香りを出し、
スペアリブを焼くとき塗ったり、勿論デザートに使ったりと利用します。

              

ドライいちご
昨年も作りましたが、今年既に2回目です。
2パックのいちごもドライにするとわずかなもの。
f0032481_175322.gif


乾燥させている間、お部屋いっぱいに苺の甘い香りが漂い、一つまた一つとつまんでしまうのです。
焼き菓子に入れたり、先日はメレンゲにも入れてみました。
そして美味しい苺のシロップがお土産に残ります。これはゼリーや、炭酸で割ってさわやかな飲み物にします。勿論お酒を少し入れても美味しいですよ。

追記
ドライイチゴ
いちご
砂糖      いちごの重量の40%
1.いちごと砂糖を混ぜ、一日置いておきます。
  底にシロップが出てきます。
2.ホーロー鍋で強火で煮ます。灰汁は丁寧に取って下さい。(弱火でコトコト煮ないこと)
3.いちごの表面の色が、白っぽくなったら火を止め、ペーパーの上に取り出し水分を切って下  さい。
4.耐熱皿、又はオーブントレにーオーブンペーパーを敷き、いちごを並べます。
  100度~120度(オーブンにより最低温度の設定が違います)で30分乾燥させます。
5.天日で乾燥させます。
  状況によりますが4~5日。勿論夜は取り込んでください。
手でつまんで色が手につかなければ出来上がりです。
6.お鍋に残ったシロップは、炭酸で割っって、リキュールをたらしてどうぞ。
  ゼリーにしても美味しいです。

お作りになりましたら、ご感想などコメントくださると嬉しいです。
きっと改良点も出てくることと思います。
by studiopinot | 2007-04-10 16:08 | 料理
<< 楽しい花瓶になりました 遅いお花見 >>