お餅とりんごのミルフィーユ

私にとってお餅は大好きで、一年中あるのですがいただき方は色々変えてます。
お醤油を付けてこんがりしたお餅を海苔でくるんでいただくのが一番すきなのですが、
時には目先を変えてみます。

お餅とりんごのミルフィーユ   
f0032481_13552320.gif

この時期だからこその組み合わせ。
表面をさっと焼いて、電子レンジでほんの40秒。
スライスしたりんごにお砂糖とレモンを加え煮たものを重ねます。

ミルクジャムまたはコンデンスミルクをかけてシナモンを振ってあげると、甘酸っぱく煮たりんごがよくあいます。

小さなお子様には、りんごもお餅もコロコロに小さく切って作ってあげてください。

暮れから日中は暖かな陽射しの日が続いています。
今日はゆっくりと過ごしたいのです。
といっても明日から仕事が始まります。
      これからその準備に取り掛かるのでその前にゆっくりとしましょう。
f0032481_13554217.gif

お餅は、文京区にある時代をさかのぼる老舗の和菓子屋さんのお餅です。
つき立ての伸し餅が暮れに姉から届きました。
こしのあるとってもおいしいお餅です。
f0032481_1474962.jpg

昨年まで、美味しいと言われてるお餅をお取り寄せしていただいてきましたが、
家では、これからは此処のお餅に決定という事になりました。

Small gardenのミモザの蕾が膨らんできたとはいえまだまだ青いですね。
この蕾が黄色味がかってくると、春がそこまでと知らせてくれるのです。
f0032481_1412421.gif

この寒空でまだバラが咲いてます。
しかも白いバラだけです。   アイスバーグとプロスペリテイー。

これからバラの冬の手入れが待っています。
   寒いのが嫌なのですがせめて肥料は入れてあげないと。

お餅とりんごのミルフィーユは、雑誌[pumpkin]のお仕事で、お餅のいただき方16種類をさせていただきましたが、そのうちの一つです。
by studiopinot | 2009-01-06 13:57 | お菓子
<< お餅を一休み 三日のお雑煮は目先を変えて >>