湯呑み茶碗

若い時から食器を見て歩くのが大好きでしたが、当然のことながら増えてきました。
引越しのときや、バザーなど利用して整理してきたつもりですが、あふれています。

湯呑み茶碗も、行った先々や、展示会で求めたものがたくさんあります。
でも使うものって決められてきますね。
お稽古の時は、お好きなお茶碗で、手のなかに入った時の感触、のみ口のあたりの良し悪し、手触り、彩色など変化を楽しんでいただいてます。
f0032481_1347784.gif

1月のお稽古で花びら餅をつくります。
残った求肥にきなこをまぶしていただきます。餡が入っているのとは違ったさっぱりとした甘さが好きです。
f0032481_1338147.gif

これに黒蜜をかけても美味しくいただけます。
# by studiopinot | 2006-01-10 13:49 | 器の棚 | Trackback | Comments(6)

七草粥

1月7日、5節句のひとつ「人日の節句」は七草粥をいただきます。
無病息災と神への感謝、新年を無事に迎えられたことへの感謝をあらわしていると言われています。
それは、年末からお正月と、疲れ気味の胃腸を休ませて上げるのに丁度良いわけです。
本当は、朝作っていただくのですが、我が家では夜いただいてます。
米の5倍の水が家族の好みですので、土鍋でことことと炊き上げます。
味付けは、炊き上がったところに梅塩をパラパラと。

今日は、七草粥と根菜たっぷりのけんちん汁で、きっと胃腸も休まったことでしょう。
f0032481_20424857.gif

               
f0032481_20452354.gif
おじゃこを油で揚げ、酒、しょうゆ、みりんを一煮たちさせた調味料をまぶし、保存瓶で保存する常備菜。
秋に作った、もってのほか《紫菊)の甘酢漬け。
すりごまを添えます。

f0032481_2052074.gif
根菜をたくさん使った、けんちん汁。
f0032481_20575494.gif
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。
今は、スーパーマーケットで小家族用に7種そろえて売られてますので、それを求めています。

家のわんこレクシーにも、七草粥をつくってあげました。
BLOG、Lexi and Koaわんこのごはんと日々のお話ノートをごらんください。
# by studiopinot | 2006-01-07 21:16 | 料理 | Trackback | Comments(6)

柚子のマーマレード

f0032481_13382231.gif

毎年1月に柚子のマーマレードを作ります。なかなか分量が定まらなかったのですが、
昨年からこれならというレシピーになってきたと思います。
f0032481_13424146.gif

小さめなのが、友人のyumiさんのお庭の柚子ですが、とても香りがよく毎年楽しみにしております。表面も今年のはきれいです。
f0032481_13453941.gif

刻む作業が一番大変。包丁を研いでおくと、ずいぶん楽になります。

作り方
柚子      600g(小10個位)
グラニュー糖 600g~400g
ワイン(白)  70cc
取り出した種 1/2量(ペクチンが含まれているので利用する)
1.柚子の皮を白い部分を少しつけながら剥き、千切りにして水にさらす。5時間。
2.身を半分に切り果汁を絞る。種はお茶用パックに入れておく。
3.残った果肉、袋、わたを細かく刻む。
4.材料全部を鍋に入れ、あくを取りながらコトコト煮る。40分
  水気がたりなくなってきたら、水を加える。
5.種を取り除き、熱いうちに瓶に入れる。
# by studiopinot | 2006-01-05 14:05 | 料理 | Trackback | Comments(8)

黒酢とオレンジのプルプルゼリー

お正月料理が3日続くと、ちょっと変化が欲しくなってきます。
健康に酢がよいと言われ、特に黒酢が人気のようですが、その黒酢を使ってデザートを作りました。
ちょうど、黒糖入り黒麹もろみ酢がありましたので、これを使ってみることにしました。
f0032481_2156325.gif

固まったゼリーを、フォークでくずし、シロップをかけます。
クコの実を水で戻して柔らかくしたものと、ミントの葉を添えて。

材料
ゼラチン      5g              
黒酢(黒糖入り) 150cc             
水          300cc
グラニュー糖   大さじ2
はちみつ      大さじ1
オレンジ、グレープフルーツの身を取り出したもの

シロップ
水          1cup
グラニュー糖   1/3cup
オレンジジュース(身をとり出すとき出る汁) 大さじ3

    
# by studiopinot | 2006-01-03 22:09 | お菓子 | Trackback | Comments(5)

我が家の黒豆

おせち料理に欠かせない黒豆。まめに暮らすようにとの意味があるそうですが、煮豆好きの我が家では欠かす事ができない一品です。
f0032481_1324812.gif


硬めがお好み、しわしわにそしてしっかりお味をつけるのがお好みやら、いろいろとご家庭の味があるのが煮豆です。
我が家では、毎年600gの黒豆を煮ますが、最後に、隠し味にしょうゆを小さじ1と針しょうがを少し加え、さっと煮てそのまま冷まします。

これは、麻布の料理屋さんで教えていただいたのですが、しょうがの風味がなんともいえず大変美味しい煮豆になります。
くれぐれも、針しょうがを入れすぎないようご注意を。
f0032481_1345984.gif

友人のetukoさんが、お正月の為の箸袋を作って下さいました。
押し花を並べる作業は、きっとピンセットでやるのでしょう。大変な作業だったと思います。大切に使いましょう。
# by studiopinot | 2006-01-02 13:12 | Trackback | Comments(2)

はじめまして

f0032481_135579.jpg

毎日の食卓の事、お教室での楽しいお話、ちょっと気になった事など,風になってお届けしたくて、2006年、新年を期にBLOGを開く事に致しました。
よろしくお願い致します。
# by studiopinot | 2006-01-02 01:11 | Trackback | Comments(3)