<   2017年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雪花菜和え(きらず和え)

雪花菜和え  きらず和え
美しい名前のおから料理です。

日本には、同じ食材を使っても季節によって呼び名が変わってくるという
季節の移り変わりを大切にしてきたところがあります。

大好きなおから料理も、冬にはきらず和えと呼び、
春になると卯の花和えと呼んだりします。

今月のお教室では、デザートに雪花菜和えを持ってくることにしました。

f0032481_16325273.jpg
雪花菜を水に晒し、これを晒しで濾したものを湯せんで火にかけ
水分が飛んだら、調味します。
今回はデザートに利用しますので、ほんのり甘くします。
f0032481_16331082.jpg
小豆、りんご、柿にまぶじ器に盛ります。

f0032481_16331777.jpg
お教室では会える果物をもう一工夫します。

手がかかりますが、その分気持ちが豊かになった気がして、
このように手のかかるものを作ると、落ち着くのはなぜでしょう。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 

by studiopinot | 2017-12-10 16:40 | 料理 | Trackback | Comments(0)

チーズが届きました。

師走に入り、やらなければいけない事、やりたい事が山積で
気持ちだけが焦ります。

すでに湯たんぽは欠かせない毎日ですが、湯たんぽが必要でない体つくりをしないと
とのアドバイスをいただき、それはそうだと昨晩湯たんぽをやめてみたら
寝つくまで寒い。

嬉しい事が。

フランスからのコンテチーズが今年も届きました。
先ずは、バナナのキャラメリゼといただきました。
f0032481_19484240.jpg
チーズとキドニービーンズのフムス風ペーストのサンド
f0032481_10111529.jpg
大森に天然酵母の美味しいパン屋さんのパンをいただきました。
噛み締めると甘い美味しいpんでした。

キドニービーンズのピクルス   レシピは下記に
f0032481_10110457.jpg
ミックスビーンズ缶を利用して、ピクルス液に漬けます。
サラダや肉、魚の添え、ご飯に混ぜてすし飯風にと楽しめます。

White soup(ホワイトスープ)
f0032481_10105245.jpg
長ネギ、大根、蓮根、白菜、カリフラワー、
はと麦、豆乳、牛乳、チーズ

沢山作って夜にはおじやにします。

f0032481_10091468.jpg
レシピ 豆のピクルス

レシピ
豆のピクルス
ピクルス液(ローリエ一枚、塩小さじ1、リンゴ酢1/2cup, 水1cup,(白ワイン1/4加えても良い)
      ミックススパイス(カレー粉、クミン、ターメリック、クローブ、シナモン、八角)
               全て同量を合わせて保存容器にいれておきます。
このミックススパイスは、作っておくと肉や魚料理にも使え
便利な調味料になります。

豆はミックス缶を利用、
缶くささを抜くためにざるに入れて、湯をかけて水気を切ってください。

ピクルス液を鍋に入れて温め、冷めたら豆を入れ冷蔵庫保存します。

お試しください     Pinot






にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ  





by studiopinot | 2017-12-08 12:42 | 料理 | Trackback | Comments(0)

12月 小さなクリスマス

Smal gardenのジューンベリーも紅葉して、ほとんどが散りました。

早いですね、師走 12月です。

今年は、サンタさんは屋根裏ですでに冬眠中。

我が家の 小さなクリスマス
クリスマスには、日頃使うことがないお道具をできるだけ使うようにしてます。

イギリス ウオーターフォード社のクリスタル
今年は、3種のフルーツコンポートを盛ってお客様にお出ししたきりです。
直径が30cmありますので、存在感が大なのですが逆に使いにくい面もあるのです。

今月のお教室は、お正月のメニューになりますが、これに合わせてみようかと考えてます


f0032481_19481708.jpg

f0032481_19482861.jpg
f0032481_19482358.jpg
キャビネットの上で、小さなクリスマスです。

キッチンでは、今月のお料理の確認で、メモ片手に皆様に喜んでいただけますよう大変です。

インフルも流行り出したとか。
風邪をひきやすいので、用心用心です。
皆様は風邪対策に何かされてらっしゃるのでしょうか。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ  

by studiopinot | 2017-12-02 20:05 | 季節の彩り | Trackback | Comments(0)