<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お教室では  文月  涼を求めて 2017.7.

七月のお教室が終わりました。

ここ数年、しとしとと雨が降るイメージの梅雨から
激しい雨が降リ、大きな被害が出るという梅雨に変わってしまったような気がいたします。
6月にロンドンに長期滞在された友人は、あまりの暑さにすっかり疲れ切っていました。

娘の住むカリフォルニアも、以前に比べると湿度を感じるようになったとの事。
地球全体が揺れ動いているような気がいたします。

そして、Studio Pinotでは
ひどい暑さの中、皆様いつものように元気にご出席くださった事に
感謝の気持ちで一杯です。

お教室では、涼しさを感じていただけるようなコーデイネートにし、
お献立も夏野菜を使った和食です。
冷やし椀
f0032481_16411750.jpg


f0032481_16422751.jpg

母が残してくれた夏帯、作家さんに描いていただいた葡萄。
煤竹で作られたランチョンマット。ガラス製の花形のプレートには先つけを盛り付けました。

f0032481_1651931.jpg

冷やし茶碗蒸し、牛肉のとうもろこし巻き、塩トマト、ほうずき

蛸ときゅうりの生姜酢
f0032481_165659.jpg


穴子蕎麦がきと夏野菜
f0032481_16542032.jpg

蕎麦がきの中には穴子を入れてます。

鴨の浸し煮
f0032481_1657574.jpg


夏おこわ
f0032481_16585458.jpg

錦玉羹
f0032481_171098.jpg

州浜
f0032481_1712872.jpg

錦玉羹と州浜が同じ器になってますが、お教室によって器の使い方を変えたりします
ので、同じ器の写真になってしまいました。
f0032481_1751251.jpg

お花屋さんで見かけると、買わずにはいられないのが可愛い赤い実のすぐりです。

暑い暑い日のお教室でした。

23日は大暑  立秋の頃までが一番暑い日が続きます。
衣類や書物にカビが生えたりしないように陰干しをする時期です。
クーラーに頼る毎日ですが、こんなことを少し頭の中に入れておき
日常を送れるゆとりを持ちたいものです。

皆様お疲れ様でした        Pinot


この暑さ、東京オリンピックは大丈夫なのでしょうか。
きっと色々対策を考えているのでしょうが、心配になってしまいます。


   




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

  
by studiopinot | 2017-07-23 17:15 | お教室では | Trackback | Comments(0)

6月のいろいろ

お教室が終わりほっとするうちに、七月になりました。

6月の様子をもう少し。

6月30日は夏越の祓
水無月を作りました。
今年の出来は自分の中では上々でした。
f0032481_20445389.jpg

一年の半分、折り返しの日に穢れを祓い、のちの半年の無病息災を願いいただく
『水無月』  三角は氷を表しています。

ガラスのお皿にしたのは、どこかの会社の記念品にいただいた、ペーパーウェイト。
いろいろ使えます。


今日は異常とも思える蒸し暑さ。
こんな日はさっぱりとした一品で。

鶏と夏野菜の揚げ浸し
f0032481_20514169.jpg

鶏もも肉、黄色ズッキーニ、玉ねぎ、翡翠茄子。

f0032481_20531335.jpg


焼きアスパラガスと黒オリーブ、パルミジャーノのサラダ。
f0032481_212763.jpg

バルサミコの風味がポイントです。

レモンの木を植えました。と言っても鉢植えですが。
お料理やお菓子つくりには、レモンが欠かせません。
できるだけ無農薬でなど考えますとお取り寄せをしたり、使い残ったレモンが新鮮さを失ったりと。
お庭に直植えにすると収穫までに五年以上かかり、
鉢植えなら来年から数は少なくとも収穫が望めるとのこと
小さな実ががついてます。来年使えるといいなと願いながら。
f0032481_2059435.jpg


クレベランドセージ
あまり見たことがないセージを見つけ、植えました。
f0032481_216226.jpg

娘曰く、南カリフォルニアにはいっぱい自生しているそう。
何回も行っていてもお花の時期でないと、印象がないのでしょうね。
香りが良く、元気を与えてくれます。

七月に入り、雨よりこの蒸し暑さがしばらく続くそうです。

お教室は夏のお献立。レシピと材料チェックを頑張ってます。

                        水分をしっかり取るこで乗り切りましょう。




   




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

  
by studiopinot | 2017-07-02 21:14 | 料理 | Trackback | Comments(5)