<   2012年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

梅仕事 2012. 梅ジュース

店先で梅を見かけるようになり、お隣の梅がたわわに実っているのを見かけると
そわそわ となってしまうのです。

f0032481_2117446.jpg

自然が作り出す美しさ。
PCのまえに2粒ほどおいて色と香りを楽しむのです
今月のお教室が終わり、他の仕事も終わり次第取りかかろうと、毎年の事ではあるのですが。

先ずは梅ジュース 作り方はこちらへ
紅南高梅 一回り小粒で香りが高くこのくらいまで熟した物がとても美味しいジュースになるのです
f0032481_2120306.jpg


手順は毎年同じでも、お砂糖を変えてみたりいろいろ工夫をしております。
f0032481_21222897.jpg

洗って半日ほど水につけ、奇麗にふいてからヘタを楊枝で取り、ジップロックに入れて
冷凍庫へ一晩。

翌日、砂糖と漬け込みます。
じわじわと、梅エキスがでてきて毎日実を崩さないように一混ぜします。
3日目
f0032481_21265434.jpg

一週間もすると、梅がしわしわになり上に浮いてきます。
毎日の変化を朝一番にチェック。

漬け込む容器が1.5kg用ですので残り500gは醤油漬けに
これがとっても便利な調味料になるのです。
f0032481_21332780.jpg


毎年の作業で大きな変化はないのですが、同じ事を繰り返しできる事への喜び。
忘れてはいけないことですね。

これから梅干しを漬け、今年は紫蘇ジュースも沢山作る予定。
そうそう、飛田さんの ぽたぽた漬け も作ってみたいなど考えはどんどん膨らんでゆきます

ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
 
by studiopinot | 2012-06-30 21:41 | 保存食 | Trackback

Photo Lesson 2012.6. カフェ風ランチ

6月のphoto lessonは
各自、撮ってきた写真をLight roomに取り込み
久間先生よりアドバイスを頂きました。

ピントのあまさ、被写体の設定、いらない物まで写り込んでいるのでよく見る事、
トリミングのことなどなど、沢山のアドバイスをいただき参考になる事が沢山、沢山
ありました。    なるほど、なるほど。。。。

ランチは根菜のキーマカレー
カフェランチ風に盛り
f0032481_12193690.jpg


前日に作ったジンジャーシロップで残った生姜の薄切り
お砂糖で煮詰めてますので甘辛がおいしい。
これにお醤油を少し加えたもの。
f0032481_12213659.jpg


キャラメルババロア
f0032481_12222558.jpg


こんなアングルで撮るのもありかなと。

久間先生ありがとうございました。
カメラの魅力にはまっておりますが、上達度は?????な状態ですが
これからもよろしく。


皆様お疲れさまでした



ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
 
by studiopinot | 2012-06-28 12:22 | Photo | Trackback(1)

お教室では 梅雨のあいまに2012.6.

今月は台風がくるという事で、お教室ができるかどうか冷や冷やしたり、
身の置どころがないような、蒸し暑さに見舞われたり、そして傘の忘れ物が多い月でした。

自分でも、キット出先で忘れてくる事間違いなしと思ってうなずいてみたりと。

今月のお教室のテーマは 『梅雨のあいまに』
f0032481_2195345.jpg


f0032481_15294047.jpg


このようなテーマのときは、ぱっと華やかな食卓にする事もありますが今回は
落ち着いた色のクロスと、モダンさも感じさせるようにナプキンのカラーで変化をつけたり
ステンレスのランナーを使用したりしております。

お花たちも小さなお花でも存在感のあるものを。
f0032481_8403484.jpg

f0032481_839711.jpg



レシピ
ベリーとヨーグルトのスムージー
f0032481_1765870.jpg

ナプキンが違うだけで、ここまでイメージが変わります

パプリカのスープ
f0032481_16555685.jpg

ライスサラダ
f0032481_1531624.jpg


芯が少し残るくらいに煮た米粒は、炊いてあるご飯を使うのとは可成り違います
鶏肉とズッキーニのバジル味
f0032481_1702547.jpg

レモンソースがよく合います

グリーン&オレンジサラダ
f0032481_1712234.jpg

キャラメルババロア
f0032481_1741578.jpg


「今月はボリュームがありますね、大丈夫かしら」とおっしゃりながら
  器を奇麗にされた方、きっと大丈夫と確信してましたよ。

今年も、一年の半分が過ぎました
後の半分はあっという間にすぎてしまうのでしょうね。

皆様お疲れさまでした。
  今月も皆様から元気を沢山頂きました      ありがとう  Pinot

Pecoさんが素敵にupしてくださってます。
   いらしてみてくださいね。





ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
 
by studiopinot | 2012-06-25 17:17 | お教室では | Trackback | Comments(2)

よく気がつきます

カメラをむけるとさっとカメラ目線
  なかなか自然な写真が撮れません。
  とは言っても、動いているレクシーを上手に撮れる訳ではないのですが。

f0032481_93111.jpg




床に落ちていた紙切れをキッチンまで運んできます。
  ご褒美のビスケットが待っているから。


ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
 
by studiopinot | 2012-06-24 22:33 | わんこ | Trackback | Comments(4)

アーモンド トフィー(Almond toffee)

健康と美容の為にアーモンドをもっと沢山食べましょうと、

もともとナッツ類は好きなのでオーブンを低温に設定し40分ほど焼き、
瓶に入れておきお茶請けや、ちょっと口寂しいときに頂くようにしております。

でも甘い物も欲しい。
アーモンド トフィーをつくることに。
f0032481_22132818.jpg

砂糖をキャラメルにして砕いたアーモンドを混ぜるだけの簡単なキャンデイー。
本当はバターも入れ、出来上がりにチョコレートをかけるのですが
その辺は省略。

バットに流して冷めたら、適当なサイズにばりばりとカットします。
f0032481_22142118.jpg


キャラメル味が苦手な方ってあまり聞いた事がないですね。
今月のお教室のデザートも、キャラメルババロワです。


ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
 
by studiopinot | 2012-06-20 22:19 | お菓子 | Trackback

志村 陸彦陶展

Style-Hugで開催中の今人気の作家さんのお一人である 志村 陸彦さんの陶展へ。
雨模様でしたが、それも又楽しです。

f0032481_1522153.jpg



志村さんの青磁の象嵌と三島には以前から注目しておりました。

青梅で制作に励んでらっしゃるという志村さん。粘土がガラスをまとった
異質の物に変化する魅力をおだやかに、熱く語って下さいました。

早速、今日のテイータイムに登場です
f0032481_1523496.jpg


長方形のこのお皿は新作だそうでお菓子から、お料理まで幅広く使えそうです。

手元に届くのはまだ後になりますが、
  お教室の為に灰釉の三島のお皿をお願いしてきました。
      出来上がってくるのが楽しみです。

あいにくのお天気が続いてますが、
      皆様も是非お出かけ下さいませ。

  詳細はこちらへどうぞ
  Style-Hug Gallery
  志村 陸奥 陶展
2012年6月16日〜6月23日(土)
  11時〜18時
      
           
ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
     
by studiopinot | 2012-06-19 15:13 | 器の棚 | Trackback(1) | Comments(2)

ベビーシューズ

3月に赤ちゃんが誕生されたMさん、5月にはお教室へ復帰です。


初めての育児で大変な事が多いにもかかわらず、頑張ってお教室へいらして下さってます。
   『お教室へ伺う事でリラックスできるのです』とのこと
     嬉しいお言葉です。

Mさんのご友人のKさんが焼いて下さった お菓子をお持ち下さいました
あまりの可愛らしさに全員大歓声。
f0032481_1610395.jpg



Kさんは将来お菓子造りをお仕事にされたいとの事。
f0032481_2112256.jpg



今では少なくなったようですが、欧米では赤ちゃんが初めて履いたベビーシューズを
シルバーで作り一生大事にする習慣があります。
f0032481_13185719.jpg


私が生活していた頃はまだまだその習慣が残っていて
   シルバーを扱っているお店でよく見かけたものです。

Mさん、Kさんありがとう

ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
        
by studiopinot | 2012-06-17 13:19 | お教室では | Trackback

立てば芍薬、座れば牡丹......

季節の花、この時期にしか出会わない芍薬と牡丹が奇麗です。

中国から薬用として入ってきた芍薬と牡丹。
お花屋さんで素敵な出会いがあったとき買い求めます。
f0032481_2372298.jpg


ほんのわずかな斑入りは今まで見かけてましたが
少し小振りではあるのですが、ここまで奇麗に斑が入った芍薬ははじめてでした。

堅いつぼみが咲き始めるとあっという間に散り
   切り花としてはタイミングが難しく思うのです。

先週のお教室では、やさしい野の花のイメージと、白いバラを組み合わせましたが
今週はバラから芍薬に変わりました。
f0032481_16563960.jpg

来週はどのようになるでしょうね、お花屋さんをのぞくのが楽しみです。

お庭に咲いていたバラのボローニアとよく似ています。
   華やかなお花が一輪あるだけでも、家中の空気が変わるような気がします。


ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
        
by studiopinot | 2012-06-14 17:07 | お教室では | Trackback

一汁一菜 6 ミートボールと白インゲンのトマト煮

梅雨入りしたとたん、やに涼しい。

毎年この時期の仕事が、乾物類、使いかけの粉類などなどを
  暑くなる前に期限切れ等チェックして整理します。
きちんと管理できてないために、一回しか使わなかった道明寺粉など
  処分しなければいけない物があることあること。

すっきりしました。

もうじき消味期限きれというインゲン豆が出てきました
  豆類は買い込まない事と、皆様にもよくお伝えしている事だというのに。

1袋ぶんくつくつと柔らかくなるまで煮て(少々時間がかかりましたが)
半分は大好きな甘煮にしました。

残りで冷凍してあったミートボールとトマトでこっくりとした味に仕上げました
バジルの葉で香り付け

f0032481_21482259.jpg


一汁一菜をワンプレートにしてみましたら
f0032481_21492465.jpg


f0032481_21581778.jpg

一汁一菜  献立
ひじきご飯
人参とセロリの吸い物
ミートボールとインゲン豆のトマト煮
セロリときゅうりのピクロス

こんな一汁一菜もありなのでは。

f0032481_2221937.jpg

煮込み料理をことこと煮ている間の時間は何故か
        気持ちが豊かになるような気が致します。


ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
        
by studiopinot | 2012-06-12 22:05 | 一汁一菜 小さなおもてなし | Trackback | Comments(2)

茄子のごま和え 塩麹漬け

Small gardenのトマト、きゅうり、茄子、全部鉢で育てておりますが
お教室の生徒さんに数人の方が畑を借りて、野菜作りを楽しんでらっしゃる方が
いらっしゃるのですが、Small gardenの野菜たちを見て、もっと大きな鉢にしないと、
とアドバイスを下さりあわてて大きな鉢に変え、
茄子が可成り大きくなってきたので収穫をと思いましたら
はじめに出た実はすぐに摘んで多くの花がつくようにしないと、とアドバイスを受け
慌てて摘んだのがしっかり育ってしまった茄子。

何をするのもきちんとした理由付けがあるのですね

初収穫  茄子
f0032481_2191011.jpg


茄子のごま和え  塩麹漬け
f0032481_21111562.jpg

少し皮がかたそうです。塩麹に半日漬けて水気を切り
お醤油を少したらして白ごま、黒ごまをたっぷりとまぶします。

f0032481_21155299.jpg

簡単な一品ですが、ビールによくあいます。

次の収穫のときにはもう少し皮が柔らかくなるのでしょうか。
野菜作りはさっぱりわかりませんが、的確なアドバイスがいただけそうで
野菜作りの達人さんよろしくお願い致しますね。

ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
 
by studiopinot | 2012-06-11 21:23 | Small garden | Trackback