<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

隠れ家レストラン Chako邸へ

風が少し冷たくなった、透き通るような秋空の日のおでかけ。

小学生のとき遠足で潮干狩りにきた駅も通り過ぎ、静かな明るい住宅地。
お庭もまだ手入れ中とおっしゃってましたが、chako さんらしい明るいお庭。
お部屋も柔らかく明るい日射しがいっぱいに差し込んでました。

そして食卓はこんなに素敵な隠れ家レストラン。
f0032481_10424854.jpg

手際よくご用意されてるのはさすがです
シャンペンで乾杯。
f0032481_10444539.jpg


季節の食材を活かしたメニュー。
f0032481_1047175.jpg

本当はまだまだお料理が続いたのですが
f0032481_10475461.jpg

今回は、一眼を持たずコンデジで手抜き。
これは大失敗、こんなに素敵な時間を全ておさめられなかったのに後悔してます。

Photo Lessonで久間先生から、
カメラを自分のアクセサリーのようにして常に持ち歩くことができるように
とのアドバイスがいきてません。
              後悔しきりです。

ご一緒して下さったビーズさん,クラウデイアさん、azumiさん皆様ありがとうございました。

Chakoさんありがとうございました。
by studiopinot | 2011-10-31 10:58 | ありがとう | Trackback(4)

栗のピラフと栗のスープ

お教室でコーデイネートに使用した栗が沢山あります。

産地も違えば、粒の大きさも違います。
毎年炊く栗ごはんを今年はピラフにしてみました。

栗ピラフは他に加える食材とのバランスが意外と難しいのです。
今回は玉ねぎとベーコンを使いましたが、このベーコンがすこし多くなると
栗のお味が損なわれてしまうのです

栗ピラフ   レシピ下記
f0032481_20555829.jpg


新米と栗。秋の組み合わせです。

栗のスープ   レシピ下記
f0032481_19571262.jpg

旬の食材で作る時は玉ねぎを炒めたりしません。
  このほうが食材のお味が生きる気が致します。
お味の深みを出す為にさつま芋を少し加えてます。
f0032481_20465555.jpg


いただきます
f0032481_2073138.jpg

ピラフとスープを盛った器は、両方とも同じ形状の筒型をあえて使ってみました
ピラフの器は、自然坊さんの焼酎杯  大振りな作りですので用途が広くて楽しめます
スープの器は 余宮隆さんの作  若手の作家さんでこれからが楽しみです
             余宮さんの器はStyle hugさんへお問い合わせ下さい。

レシピ
栗のピラフ(ルクルーゼ使用)

米   2合
栗   10個(むいておきます)切
玉ねぎ 1/6個(みじんり)
ベーコン 1枚(みじん切り)
チキンスープパウダー  1/2袋
水     360cc
こしょう(白) 少々
塩       少々
1。オリーブオイルで玉ねぎを透き通るまで炒め、ベーコンと栗を加えオイルが全体に回ったら
  米を加えます
2。スープ、塩、こしょう、スープを加え炊きます。
白ワインがあれば50ccを水に換えると風味が増します

栗のスープ
栗(むいて)  120g
さつまいも   40g(皮を剥いて輪切り、水にさらします)
セロリ     1/3(みじん切り)
水       300cc
牛乳      200cc
チキンスープパウダー 1/2袋

こしょう
バター     10g
1。鍋に栗、さつまいも、セロリ、水、チキンパウダー、
  バター、塩、こしょうを入れ柔らかくなるまで煮る
2。FPにかけてクリーム状にし、鍋に戻し牛乳 を加え温め器に注ぎます。
  セロリの葉のみじん切りを上に飾ります 


ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

by studiopinot | 2011-10-25 20:43 | 料理 | Trackback | Comments(4)

お教室では 秋の便り2011.10

汗ばむような日とウールを羽織るような日がいり混ざった定まらない天候の10月です。

お教室を彩るお花、今回は枝物が中心でしたがはじめのクラスの頃は雪柳等で彩り
つるウメモドキも青い実でまだはじけていませんでしたが、最後の週では
しっかり実がはじけ。可愛いオレンジ色の実で枝が埋まっているようになりました。

季節が移るときの毎年ながらのことですが驚かされます。
f0032481_15265917.jpg


黒砂糖で漬け込んだ梅酒
f0032481_1541203.jpg



今月は和食ですが、いつもより器使いのことや器に合わせた盛りつけのことを
メインにして進めました。
先附けには細やかなお献立を用意して盛りつけのポイントをつかみます。
和風カナッペ
f0032481_1532083.jpg

白玉をお団子に丸めて、指で押してお皿のようにし茹でます
トッピングはたらこ、生ハム、塩うに
ひらめのゆずしょう油
f0032481_15352073.jpg

そぎ切りのひらめにメネギ、チャイブ、スプラウトを巻き込み、
しょうがとごまをちらします。

さんまのコンフィ きのこの塩マリネ、ぎんなんもち添え
f0032481_15392733.jpg

銀杏のでんぷん質を利用して、塩味のお団子に丸めます
お正月料理に使えそうです

調理中   さんまのコンフィ
f0032481_161735.jpg

本来は頭付き、まるのまま低温の油で煮るのですが、
    今回は和食に使いますので筒切りにして時間も短く

きのこのお雑炊
f0032481_15424697.jpg

お雑炊というと、ご飯を一度洗って粘りを流しますが、この粘りを使って
体が温まるきのこもたっぷり入れたお雑炊です。   

パンプキンプデイング
ハロウインの10月は毎年恒例のパンプキンプでプデイングを作りますが
毎年、改良を続けやっとこれで良いかなというところまできたような気が致します
f0032481_15543511.jpg

現在はとろとろのプデイングが主流になってるようですが
  スタジオピノではクラシカルなしっかりめのプデイングです

生姜糖を添えます。


今週始めに雑誌の撮影があり、そのとき作ったケークサレとお取り寄せのバームクーヘン
が今週のクラスの方にはおまけです。

f0032481_1603751.jpg


洋菓子ブイヨンの洋梨ぜりーを包んだバームクーヘン
f0032481_161445.jpg

娘が幼稚園の頃、時々買っていた焼き菓子専門のお店です。


秋ですね
  つるウメモドキと雲竜柳
f0032481_1643584.jpg

オレンジ色の実がつやつやと光っています。

今月は体調不良やお風邪でお休みの方がいらっしゃいました。
     お大事になさってくださいね
季節の変わり目、体調管理もしっかりと致しましょう
        
   皆様お疲れさまでした。

ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

by studiopinot | 2011-10-22 16:07 | お教室では | Trackback | Comments(2)

沖縄3 サンセット

万座毛の美しいサンセット。
f0032481_2171369.jpg




太陽が沈むまでの美しい光景にひかれて大勢の人たちが。
f0032481_21183753.jpg



島の先端で夕日を受けながら釣糸をたれてる美しい絵になる光景です。
f0032481_2334196.jpg


写真は思うようにゆかないものですね。



ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

by studiopinot | 2011-10-20 22:19 | | Trackback

沖縄2 やちむんの里

ガラス工房 虹 をあとにやちむんの里を進んでいくと、
あの有名な金城次郎氏の魚紋が描かれた器が、一門の方達の工房に沢山見られます。

登り窯
f0032481_938294.jpg

共同の登り窯。 9月に窯だしが終わったばかりとか
f0032481_940274.jpg


f0032481_9411922.jpg


f0032481_9395549.jpg


f0032481_9464572.jpg

やちむんの里の奥まで歩いていくと訪ねたかった大嶺實清氏のギャラリーがあります
大嶺實清氏のギャラリー 
f0032481_9475734.jpg

こちらでも作品が床に無造作に置かれ驚きます
お迎えしてくれた猫ちゃん

f0032481_9523043.jpg

なんと?十万円もするペルシアンブルーの大きな器の中にしっかりと納まって気持ち良さそう


f0032481_10211.jpg


大嶺實清氏
奥様とお話ししていると、工房からいらしてくださいました
f0032481_9564469.jpg

沖縄の文化、とくに陶芸を中心とした長い複雑な歴史を熱く語って下さいました。
時間がなくて、もっとゆっくりと伺いたいお話でした。
                ありがとうございます。


すりすり猫
f0032481_109917.jpg

家の猫、遊びにきてる猫、常に10っぴき以上いるという猫ちゃん。

蝉の鳴き声と流れが止まったかのような穏やかな やちむんの里でした。
  

ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

by studiopinot | 2011-10-18 10:12 | | Trackback

沖縄1 やちむんの里

沖縄へ遊びに。
毎年一回は全員で出かける6組プラス1の長いおつきあいの友人と今年は沖縄へ出かけてきました。

シュノーケリング、世界遺産の見学、
楽しみにしてました首里城と今回もわくわくするスケジュールです。

1日目は、空港からレンタカーで先ずは沖縄そばをいただくために花織そばへ。
スープにこくがありおいしい!

その後一路、読谷村の やちむんの里へ
那覇の壷屋にあった窯場が読谷村へ移り やちむんの里が出来たそうです。

亡くなられた人間国宝 金城次郎窯、と一門の製陶所が並びます。

一番手前に現代の名工に選ばれた稲嶺誠吉氏のご長男 盛一郎さんのガラス工房 虹 があります。
f0032481_2224959.jpg

ギャラリーでは、誠吉氏、盛一郎氏の作品が見られます。
f0032481_23533569.jpg

f0032481_2354209.jpg

沖縄の海や風土を思わせる力強いガラスの作品が、どちらかというと雑然と並べらていて
値札を見てえっと驚くのです。

f0032481_229726.jpg

f0032481_2293483.jpg

f0032481_2210250.jpg

まだまだ30度近い暑い気温、赤い炎から出る熱は外から見ていても
伝わってきます。
盛一郎氏を中心に若い方たちのきびきびと動く姿に暫く見入ったのでした。
初めて聞く蝉の鳴き声、まるでどこかで工事をしているかのような
  何とも言えない鳴き声ききながら、時間を忘れてしまうような空間が
       やちむんの里にはあります。


金城次郎窯、共同登り窯、大嶺實清氏のギャラリーへ   次回。

                    
ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

by studiopinot | 2011-10-15 22:15 | | Trackback

おじゃましました animal

今日は体育の日。
秋晴れの運動には絶好日和になりました。

レクシーとウオーキング。
   カメラを持たずに出かけたのが残念でしたがいい汗を流しました

レクシーも腰を痛めて後ろ足に少し問題があるのですが、そんな事を感じさせずによく歩きました。

家に帰って、お疲れ。

カメラを向けると仕方なくカメラ目線。
f0032481_16294920.jpg



f0032481_16303411.jpg


そんなにUPで撮らないでと言いたそう。
f0032481_16311433.jpg


くるりと向きを変えられてしまってもしつこく
f0032481_1632455.jpg


おやすみなさい おじゃましました。
f0032481_163428100.jpg


動いてるときの写真を撮りたいのですが、思うようにゆきません。



ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

by studiopinot | 2011-10-10 16:36 | わんこ | Trackback

季節の記憶  秋の便り

朝の震えるような肌寒さに驚き、秋の深まりを感じます。

今月のお教室もスタート、
先ず 季節の記憶 クラスからです。

秋は食卓を彩る為の素材が沢山あり、コーデイネートをする時もとっても楽しいシーズンです。
あれをプラスして、こちらをひいたりとしながら今月の食卓のテーマは 秋の便り です。
f0032481_1033666.jpg

秋の便りはリンゴに結ばれ、
      和紙に包まれた秋の果物、野菜、
       お庭で摘んで下さった実が膨らみ始めた枝ものなど。
f0032481_1075160.jpg

お庭で落ち葉を焼くことなど出来ない現在の生活ですが、そんな事に憧れながら
和紙の所々を少し焦がし秋のイメージを作ります。

パンプキンプデイング
f0032481_10114332.jpg

秋に必ず焼くパンプキンプデイング。
10月はハロウインもあります。

食卓をコーデイネートする為のヒントになると嬉しいです。



ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

by studiopinot | 2011-10-06 10:16 | 季節の記憶 | Trackback(5) | Comments(7)

新米といやしの献立

いつもより少し遅いのですが、新米が届きました。
  昨年は暑さの影響か「あら」と思うところがありましたが
  今年の新米は色つやにむらがなく輝いてます。   嬉しいですね。

そういえば、今年は萩の花を見た記憶がお花屋さんの店頭にしかありません

ご近所に、見事な大株の萩の花が植えられてるお家があり毎年楽しんでいましたのに
なぜでしょう。
忙しさと、残暑の厳しさに気持ちにゆとりがなく、見ていても心に留まらなかったのでしょう。

せめて味覚だけでもと新米で萩ご飯を炊きました   レシピあり
f0032481_17513.jpg


枝豆の色が悪くて、残念でした。

レシピ   土鍋使用
米    3合
塩    小さじ1.1/2
薄口しょう油 大さじ1
酒    大さじ3
だし昆布 3cm角

小豆   茹でて1cup(固めに茹でておきます)
枝豆   一袋(茹でてさやから出し、薄皮を剥いておく)
1。米、水、調味料を合わせ火にかけます。
  噴いてきたら小豆を加え、弱火にして9分、火を止めて7分蒸らし枝豆を加えます。


添えるおかずも体に優しいお献立です。

厚揚げの焼き煮浸し ほうれん草と揚げごぼう添え  レシピ
f0032481_16241097.jpg

レシピ
厚揚げ   2枚
ごぼう   1本(大きなささがきに切り、水をさっと通して水気を良く切る)
ほうれん草 1/2把(茹でておく)

出し     400cc
薄口しょう油  30cc
濃い口しょう油 10cc
味醂      40cc
1.厚揚げの両面を焼き色がつくまで焼きます。
 このとき、厚揚げから油が出ますのでキッチンペーパーで拭き取ります
2。出しと調味料を合わせ一煮立ちさせます。
3。6等分に切った厚揚げをだし汁に入れて、火にかけ5分煮たら火を止め
  味を含ませます
4。器に盛り、ほうれん草と揚げごぼうを添えます

萩ご飯
f0032481_16245187.jpg

毎年秋に炊くご飯ですが、大豆やひよこ豆に変えても美味しいですよ

9寸鉢に盛って食卓へ
f0032481_16253553.jpg


ほんの少し秋の食卓
f0032481_1626134.jpg


秋は食材も、生活を彩ってくれるお花も豊富です。
箸置き代わりにしたのは 紅すもも です。



ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村






  
by studiopinot | 2011-10-02 16:45 | 料理 | Trackback