<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Photo lesson 5  今までの復習

photo lesson 5.  復習   久間 昌史先生
5回目ともなると、少し見えてきた部分と第1回のこの部分が未だに理解できずにいたり、
とさまざまに頭を抱えてきましたが、今回は今まで教えて頂いた事の復習の日にして頂きました。

絞り、シャッタースピード、露出 、ホワイトバランス、被写界深度,ISO・・・・・・
次々と皆様の質問に沿って先生の講義も進みます。
f0032481_15591023.gif


なるほどと頷き、忘れないようにメモをして(このメモが後から目を通すと理解不能なのです)
頭のてっぺんまで詰め込んでLunch timeです。

前日に仕込んでおいた牛肉のトマト煮込み
f0032481_1634032.jpg

かぼちゃとココナッツミルクのスープ
f0032481_1644628.jpg

お料理が並び全員カメラを構えたところで、
   先生から「カメラを持たず撮る物を良くみなさいと」とご注意が。

どうしてもカメラが先に来てしまう習慣を直さなくては。

この方が焼いてきてくださったロールケーキがデザートです
f0032481_16131318.jpg

PCに取り込むソフトの事,画像処理の事などうかがい、
      熱いレッスンが終わりました。
今必要なソフトが見えてきたような。
f0032481_16132627.jpg


実際この日は、湿度80%だった事を夜のニュースで知り、
どうりで 熱い、暑い  一日のはず。
クーラーを入れることさえ気づかずに皆様お疲れでしたでしょう。
   久間先生ありがとうございました。


 ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
by studiopinot | 2010-06-27 16:21 | Photo | Trackback(3) | Comments(18)

レモンと新しょうがのジュース

梅雨のシーズンにドップリと入り蒸し暑いですね。

それに加えて、寝不足が一日で解消できず頭がぼんやりとしています。

そのわけは!
 
決勝トーナメント進出  おめでとう!

ワールドカップ南アフリカ大会 一次リーグ突破です。
海外でのW杯でははじめてという快挙に日本中が沸きました。
岡田監督の重圧を跳ね除けた喜びの表情と、
      「チームで戦う」というコメントが印象的でした。

次ぎは初の8強入りをかけて29日(火)  パラグアイ戦です。

日本、アメリカ、オランダ、応援している国が出揃いました
これでフランスが加わると私といたしましては満足なのですが。
  
がんばれニッポン!

頭がすっきりしない時は何かしたほうがよいので、レモンと新しょうがのジュースを作り
体にしゃきっとするよう刺激を与えます。
f0032481_11312168.jpg

これから冷房を入れる日が続きますが、手足が冷えてきたときはこのジュースを頂くと
背中が温かくなって冷えが楽になるのです。

昨年より新しょうがの量を増やしましたので、しょうがの香りと喉を通るときのピリっとした
爽やかさが爽快です。
レモン4個としん生姜600gこのバランスがよさそうです。
f0032481_11465388.gif

いただきもののピスタチオとフランボワーズのチョコレートバー
f0032481_11463345.jpg

しょうがとミルクとチョコレート・・・なかなよいようです。
                                    ありがとう。


 ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
by studiopinot | 2010-06-26 12:12 | Drink | Trackback

お教室では  七夕 2010.6.

五節句のひとつである七夕。
毎年七夕のコーデイネートが実現できずにいたのですが
少し早いようですが6月のお教室で取り上げてみました。

日本にもともとあった水にちなんだお祭り(行事)と中国のお祭りである気巧でん(きっこうでん)
が一つになって今の七夕が出来上がりました

織姫が神様の衣を織り、五色の短冊に字を書いて神のよりしろの笹につるす事にちなんで
食卓には
f0032481_22133943.jpg

機織の為の糸と短冊。
ガラスの大鉢には水を張り、サンキライの緑を笹に見立てました。
ランナーにはきらきらとした色が入っている夏帯を利用、これを天の川に見立ててます。
f0032481_2223011.jpg

現在は子供の行事のようになってますが、もともとは季節の区切りでもある大切な行事です

f0032481_2227350.gif



ひらめの卯の花和え
f0032481_22312093.jpg

こちらでご紹介した和えごろもは、ひらめを包みました。
本当は青魚を使いたいところではあるのですが。

じゃがいも仕立てのお椀     油揚と新生姜のご飯
f0032481_22285778.gif

豆乳とじゃがいもで優しいお味になってます

なすと牛肉のジュレかけ      油揚とクレソンのお浸し
f0032481_22292298.gif


あん玉
f0032481_22322254.jpg

これはなでしこの型です
お料理に使う笹の葉も身近で買い求める事が出来るようになり
助かりますが、なければ茗荷の葉でも綺麗です

蒸し暑い日がやってきました。

f0032481_23241572.jpg


涼しさを感じる演出が一箇所にでもあると嬉しいですね。

今回の話題はなんと言っても、ワールドカップ。
   不振なフランスのお家騒動やハンサムそろいはどこの国?何て話まで
   盛り上がりましたね。

皆様お疲れ様でした
     七夕の日にはご家庭で、ほんの少しでも食卓を演出してみてくださいね

 ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
by studiopinot | 2010-06-22 22:47 | お教室では | Trackback | Comments(8)

梅仕事 2010. 梅ジュース

店先に梅が並んでいるのを横目に、忙しい毎日でした。
仕事にサッカーにと頭の切り替えが追いつかず、疲れました。

 しかしオランダ戦での善戦に希望がいっぱいです。
 デンマーク戦で勝ち点をあげ決勝トーナメントまでいくと
 日本中がジャパンブルーに染まる事でしょう。


 
 梅仕事、もう取り掛からないといけません。
先ずは梅ジュースから。
一晩冷凍庫へいれて、凍った状態でお砂糖と交互に漬けこむはずだったのですが、
二晩冷凍庫へ入れたままでしたので、それがどのように影響するのか様子見です。
f0032481_17371323.jpg


2週間後に、ジュースがしっかりと上がっていれば出来上がりです。


作業は昨年と同じです
f0032481_2222451.jpg



梅は 紅南高梅で、普通のサイズより一回り小さく、色つくまで木にならせてから収穫するそうです。
炭酸で割ったり、ゼリーにしたりと梅の酸味が暑い日には爽やかです。


 ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
by studiopinot | 2010-06-20 17:11 | 保存食 | Trackback

ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会が始まりました

f0032481_22244821.jpg
ワールドカップ 南アフリカ大会が始まりました。

そして、いよいよ14日、日本はカメルーンと戦います。

不安な材料を色々言われながらも、若手の個性派本田選手や森本選手に期待できそうです。

厳しいといわれているグループですが、何とか第一戦を勝利で飾り次につなげたいものです。
がんばれ   ニッポン

レクシーの今日の戦いぶりなど
f0032481_2214976.jpg

ユニホームもボールも前回大会のではないかって?
      そういうことは見て見ぬふりをしてくださいね
      
キックオフ
f0032481_22144211.jpg

f0032481_22154322.jpg

短い足と顎を使ったボールさばきは一流選手並みです。
f0032481_2216203.jpg
f0032481_22165398.jpg

ゴール
f0032481_22172535.jpg

がんばれ  ニッポン    応援しましょう!!!


 ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
by studiopinot | 2010-06-13 22:31 | sports | Trackback | Comments(11)

あん玉と冷茶

刺すような陽射しのなか、お庭が気になりちょこちょこっといじり、
ワールドカップが気になりTVのまえで観戦。

キッチンではお教室で使う餡子を煮ています。

冷茶が喉を潤してくれます。
      今日は烏龍茶の水出し。 Mさんありがとう。

f0032481_16225153.jpg


餡玉を包んだ笹の葉が光をすかしてとっても綺麗です
f0032481_21563987.jpg


餡を使ったお菓子は、なんと言っても餡子の煮方しだいです。
お鍋を離れ、「あれ、何か匂う」という事も時々あるのです。

リョウブと梅花うつぎ
f0032481_1624784.jpg

どちらも大好きなお花です。

PCを離れて今から餡練です。
      2階にPCがありその周りには沢山の資料がちらばっております。
      レシピを作り上げたりする時
      作りながらメモしたものを持って2階に駆け上がりPCに取り込み、整理して
      依頼先にレシピを送るという効率の悪い作業をしております。

      ノートPCを増やせばこれは解決・・・よく分っております。


 ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村  
by studiopinot | 2010-06-12 16:16 | お菓子 | Trackback | Comments(3)

おから 卯の花 きらず

おから うのはな きらず  名前は変わってもおなじ食材です。

冬の和え物の時は 雪月花(きらず)和え、何故この字できらずと読むのか分らないのですが
綺麗な名前です。

春になると 卯の花和え 春の喜びを感じさせてくれる名前です。

日本料理には季節によって呼び名を変え、季節を取り入れて楽しむという粋な部分があって
とても楽しいものです。

夏には傷みやすいので甘辛く煮てしまうおからですが、この時期くらいまでは
  卯の花和えを良く作ります。

和え物にするときは少し手間をかけて、水漉しをします。
f0032481_14573579.jpg

目の細かいざるに入れ、水を張った大きなボールの中で揉むように漉します。
水の中に落ちた細かなおからを、布巾に取り出し水気を絞るのです。

手間がかかるのですが、この作業がなかなか私にあってるようで苦にならないのです。


 


f0032481_14581052.jpg

布巾の中の細かなおからを湯煎で煎り、用途に合わせてお味をつけてゆきます。
水分が無くなり、さらさらさらとしゃもじから落ちてゆくのがなんとも気持ちが良い。

沢山出来ましたので、少し取り分け今月のお教室のデザートに利用します。

お椀に入れたのは、砂糖、塩、酢でお味をつけてお教室では和え物に致します。

      明日のお教室の為にあと一頑張りです。

      これから咲く白いうつぎの花の事も卯の花というのをご存知でしたか。
      もしすると地方によってかもしれません。

以前、朱の椀についてお問い合わせいただきましたがこの多用碗は
     style-hugさんでオンラインショップがスタートしお求めになることが出来ます。
     お問い合わせくださいね。

     又、19日から ・・献立から器を考える、器を作って料理して・・・・
        若手の作家 古谷宣幸・朱里さんの展示会が始まります。
        とっても期待できそうです。


 ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村  
by studiopinot | 2010-06-10 15:17 | 料理 | Trackback

自家製アンチョビと・・・おいしいパンがあれば

あまりに美味しいアンチョビ。

以前、こちらでご馳走になったお料理に使われていたアンチョビのお味があまりにも美味しくて、
作り方を伺うと友人のN子さんのお手製と伺いました。

塩味、旨み甘味が出てこれが手作りで、と驚きレシピを教えて頂いたのです。
私が今まで作っていたのとは違い丸のままの鰯を漬け込んでいるのです。

4月に漬け込み1ヶ月半寝かせて昨日仕上げました。
美味しく出来ました。  しかしもう少し熟成させてもよいかなと思ったり。
早速、前日この方から頂いたパンで試食です。

パンにオリーブオイルを塗り、ガーリックをこすり香りをつけてアンチョビと万能葱、胡椒、オリーブオイル
を混ぜたソースとトマトをのせました。
f0032481_1332569.jpg


3種類のパンはこの方の腕にかかり、飛び切りの美味しさです。
蓬パンに小豆と白餡を巻き込んだパンは、届くと直ぐに頂き残り少なくなって
                          写真用にあわてて別にしておいたのです。
f0032481_13323390.jpg



用意した鰯の1/3量は内臓をつけたまま丸のまま使い、
残りは頭、内蔵、骨を取り除きます。
後は塩に漬け込み、熟成させてからオリーブオイルに漬け保存します。

右の薄い色の液体は漬けこんだときでてくる物で、ナンプラーです。
もう少し熟成させたいので、瓶にいれて2ヶ月ほどねかせます。

このナンプラーは、アジアのとは又異なりシンプルなお味ですが
   毎年大切にして使っているのです。
f0032481_1333128.gif

                   開いた鰯が奥で、手前は丸のまま漬け込みこれから頭と内臓を取り除きます。
N子ちゃんがイタリア人から教えて頂いたというこの方法は、出来上がりの旨みがまったくちがいました。
15年以上前からアンチョビは自家製だとのこと。
                              大切なレシピをありがとう。


 ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村   
by studiopinot | 2010-06-07 13:57 | 保存食 | Trackback

茄子と又焼のみぞれ煮



一年じゅう店頭にある茄子も、なんといってもこれからが旬。

本当は一年じゅう使いたいところですが、旬を大切にして。

茄子と又焼のみぞれ煮   レシピは下記
以前お教室で作り、好評で皆様ご家庭で何回も作ってくださってる又焼です。
一般的にご家庭で作られるのは茹で豚が多いようですが、これはタレに漬け込んでから焼いた物です。
f0032481_1651442.jpg


作るときは2本作っておき、冷凍保存しますと忙しいとき、手抜きしたい時のお助けになります。
f0032481_1653181.jpg

夏はビールの肴にどうぞ。

気温が定まらず、衣替えも中途半端になっているうちに気持ちのよい初夏になりました。
梅雨に入らないうちに、週末は残った衣類をしまい整理することに。

レシピ
豚肩ロースorバラ肉           500g
茄子                      4個
大根おろし(水気をしぼったもの)    1cup
ねぎ                      小口ごり
水あめ                     少々

漬けタレ     
    しょうゆ        70cc
    酒           50cc
    砂糖          大さじ2~3
テンメンジャン    大さじ2
    五香粉        小さじⅠ
    塩・こしょう

ナスの煮汁
    出し          600cc
    しょうゆ         80cc
    みりん          80cc
    たかのつめ       1本(種を抜いておく)
1.豚肉を漬け汁に3日~5日漬け込んでおきます。
  タコ糸でしばりオーブンで焼きます   180度20分返して20分
  表面が乾燥してきたときはホイルをかぶせます。
  竹串を刺して透明な汁が出てくれば焼き上がり。
  取り出して表面を蜂蜜または水あめを塗ります。 
2.ナスを縦に茶せんに切れ目をいれ油で揚げます。   170度くらい。
  この時揚げ過ぎないこと。  熱湯をかけ煮汁で煮含ませます
3.又焼の薄切りと大根おろしを加え器に盛ります。
  たっぷりとねぎを添えます。


 ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村   
by studiopinot | 2010-06-05 16:28 | 料理 | Trackback | Comments(14)

鶏とごぼう、かぼちゃのサンドイッチ

サンドイッチは良く作っているのに、写真を撮り忘れたり等でBlog にupする機会を逃してましたが
久し振りのUPです。

作日のごぼうサラダのごぼうを取り分けておいて、今日のサンドイッチに利用。
茹でた鶏もも肉は、先週の残りを冷凍しておいたもの。

ですからそれ程手がかかってないのです。
鶏とごぼう、かぼちゃのサンドイッチ   レシピは下記


f0032481_2123129.jpg

最後の一振りはホワイトバルサミコですが、勿論普通のバルサミコやウースターソースでも
お味のポイントになります。

f0032481_20183716.jpg


サンドイッチといえば18cイギリス貴族のサンドイッチ伯爵がトランプ好きで、ゲームの合間に
片手でお食事が取れるようにパンにきゅうりを挟んだ物を用意させたのが始まりという事は良く知られてますが、定かではないようです。

パンに具をはさむ料理はインドのナン、メキシコのタコス、中東のピタ等サンドイッチ以前からありますよね。

具をのせただけのものがオープンサンドイッチ(のせただけで何故サンドイッチというのかと投げかけてる方がいらっしゃいましたが)
円筒状に巻いたロールサンドイッチ
両面焼いたホットサンドイッチなどなど

f0032481_21135074.jpg




レシピ
鶏もも肉    1枚
ごぼう      1/3本(笹がきして水に放す 5分)
かぼちゃ    1/6 (5mmにスライス)
いんげん    5本(ゆでて3cm長さに切る)
たまねぎ    少々(薄切り)
レタス
ドレッシング
オリーブオイル    大さじ3
酢            大さじ1
粒マスタード      小さじ1
塩・こしょう

ホワイトバルサミコ  少々
1.ドレシングをつくります。
  鶏もも肉の余分な脂は取り除き、塩、胡椒してフライパンで蒸し焼きにします
  細かく手で裂いておきます  かぼちゃはオリーブオイルで焼きドレッシングで下味をつける。 
2.ごぼうはささがきにして水に放しますが5分で水を切ります。(水に浸しすぎないこと)
  水気を切ってオリーブオイルで炒め塩、胡椒し鶏もも肉とドレッシングで下味をつけておきます。
3.パンにバターを塗りたまねぎ、いんげん、鶏とごぼう、たまねぎ、をのせバルサミコをふりかけ
  お好みで更にマスタードを添えます。

            さーめしあがれ!

 ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村   
by studiopinot | 2010-06-03 20:45 | Sandwich | Trackback | Comments(6)