<   2010年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

木の器に魅せられて お惣菜2種

このところ木の器が気にかかり、展示会やお店に足を運んでおりました。

魅力の一つに、使うほどに色、つやが変化し使う幅が広がってくる事です。
これは同じく木を材料にした漆器類にもいえる事。

先日うかがったStyle-Hugさんでの 富井貴志  木工展で求めたのがくるみの木で作られた角皿。
ずっしりとした厚みと、少し深さがあるのが盛り付けに丁度良さそう。

富井さんが長年ご自宅でも使ってらした形だそうです。



アボカド、まぐろとクルトンのサラダ   レシピ下記
f0032481_17533889.jpg



まぐろはさっと霜降りをして醤油に15分程つけてます
f0032481_1743178.jpg

クルトンはバゲットを細かく切りオーブンで焼いたもの。
アボカドは昨日求めたものなのに、色が悪くて固くてがっかりでした。
筍と豚のしょうが焼き
f0032481_1754311.jpg

朝掘りのたけのこを頂きましたので、大根おろし汁であく抜きをしてさっと煮含めました。
採れたての筍のあく抜きはこの方法が旨みが残って美味しいのです。
丸い器は昨年求めたもの。
f0032481_176297.jpg

丸い器も昨年より色に深みが増してます。

今回は角皿以外にお盆も求めました。
これは毎日 糠の油で膜が出来るようせっせと磨いております。
子供の頃、糠袋で廊下を磨いてる母の姿を思い出しました。

レシピ
アボカド    1/2個
しんじゃがいも 2個(丸のまま茹でて一口大に切り、塩,こしょうしておきます)
まぐろ     さく1/2
しょうゆ     30cc
酒        30cc
ゆで卵     1個 (細かく刻む)
クルトン    適量
レモン汁

ドレッシング(マヨネーズ大さじ1. オリーブオイル大さじ1.レモン汁小さじ2.塩。こしょう) 

1.まぐろにキッチンペーパを巻き熱湯をかけ、直ぐ氷水にとります。
  酒と醤油をあわせた中に15分浸します。
  この時キッチンペーパーを巻いて漬けると味が満遍なく廻ります。
2.ドレッシングで材料を合え器に盛り、しょうゆとオリーブオイル各小さじ1合わせたものをかける。

二つのランキングに参加しております。  
ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

More 皆様はどうされますか
by studiopinot | 2010-04-28 17:20 | 料理 | Trackback(2) | Comments(8)

お教室では  色を楽しみましょう 2010.4.

不順な天候の4月でしたが、体調を崩した方もいらっしゃらず元気なお顔を見せてくださいました。
となれば自分も寒いのなんだとは言ってはおられません。

こんな不順な天候を吹き飛ばしてくれるように、元気になる色オレンジのクロスで
色を楽しみます。

お花もクロスにぴったりなオレンジ色のダリアをもってきました。
品種改良された最近のダリアは、以前の物と違い長持ちします
といっても毎日の水の交換は必要ですが
f0032481_2211122.jpg


f0032481_2215293.jpg

ナプキンもクラスによって演出を変えてみました
f0032481_2221918.gif

ナプキンをグラスに入れる演出は、家庭ではなかなかしにくいところがありますが
華やかな演出をしたい時は効果的です。

ドリンクは生姜の蜂蜜漬けと苺のシロップ
どちらも炭酸で割ります
f0032481_225326.gif


そら豆のムース
f0032481_22815.jpg

クラスによってチーズソースと苺ソースです。

玄米と春野菜のスープ
f0032481_2211067.jpg

鶏がらで丁寧にとったスープの雑実のない美味しさは格別です

鯛の蒸し焼き  生姜ソース
f0032481_2213081.jpg

春キャベツと蓮根、うどがたっぷりと盛り付けられ上に鯛を乗せてます
熱々のバルサミコ風味の生姜ソースをかけて頂きます。

今月はキャベツに泣かされました。
大きな春キャベツを求め,切ったら中がすかすかで足りなくてあわてて買いに走ったり、
ビックリするようなお値段だったりと。

いちごとオレンジのキャラメリゼ 
f0032481_2216399.jpg

抹茶アイスがキャラメルのお味とよくあいます。
パイナップルでも美味しいのですが、時期的に柑橘に致しました。

f0032481_22181483.jpg

ライラックと薄いクリーム色の桜(名前が分りません)
f0032481_22213361.jpg

今月のフラワーアレンジメントは非常にオーソドックスなスタイルでアレンジして
色で楽しみました。

皆様お疲れ様でした。
来月は一年で一番好きな月、5月です。
   バラが綺麗に咲き誇る月はどのようなコーデイネートにしましょうか
   メニューとも相談しながら決めてゆきます。


二つのランキングに参加しております。  
ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
by studiopinot | 2010-04-26 22:30 | お教室では | Trackback

photo Lesson 3

photo lessonの3回目。   講師 久間 昌史氏

f0032481_22401385.gif


カメラには多くの機能がついてますが、触った事がないようなボタンを押して。
Aロック、  スポット測光 などなど・・・・ 


f0032481_22184221.jpg

カメラが持っているかぎりないほどの機能。

f0032481_22171167.jpg

そのほんの一部でも知ると自分の現在の腕前は隅のほうにおいて、
なにやら凄い事を知ったような気分。
f0032481_22191210.jpg

これらを生かすのにはまだまだ時間がかかりそうですが。
今回も頭の中は????でいっぱいです。

ランチタイム
たけのこと鰻ご飯
f0032481_2219344.jpg

四苦八苦して取り組んでいましたが、お食事が並ぶと顔がほころびます

f0032481_22195370.jpg

先日頂いた富士山トマト。
ミデイーで甘くてこくがありおいしーい。

気候がよい5月は外でのlesson
風景を撮るコツなど沢山教えて頂けそうです。

それまでに復習 復習!

               久間先生ありがとうございました
by studiopinot | 2010-04-25 22:35 | Photo | Trackback(1)

ドライいちご

毎年作っているドライいちごですが、今年はどうも思うように行きません。
苺に砂糖をまぶし一晩置いて、翌日さっと煮て低温のオーブンで乾かして、此処まではよいのですが
その先が、天日干しをしても一日がやっと、翌日は低温で雨降り。

これでは太陽の恵みでしっかりとした甘味と、色艶が出るはずなのに
2回とも思うように行かず、でも口に入れるとそれなりの美味しさもありますのでお茶うけに。

天候に恵まれなくても、多くの方が「おいしいから、何度でも」ソフトバンククリエイテイブ社を参考に作ってくださって、嬉しい報告を頂きました。
ありがとうございます。

苺のシロップ
f0032481_22545513.jpg

砂糖をまぶして一晩おき火にかけるとこんなに綺麗なジュースが出ます
瓶に入れて保存しますが今回の分は炭酸で割ってお教室での飲み物になります。

f0032481_2256079.jpg

綺麗なルビー色です

オーブンで乾燥させて、天日干し一日目、あと3~4日干すと
つやつやとしたドライいちごが出来るはずなのですが。
f0032481_22552452.jpg

このお天気には困ったものです。


二つのランキングに参加しております。  
ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
by studiopinot | 2010-04-22 23:04 | お菓子 | Trackback | Comments(16)

念願かなって 2

新幹線の新富士駅から井出ご夫妻の黄色い愛車で
富士山の絶景ポイントの田貫湖へ。

車中でもあまりに近くに見える富士山に3人で大感激。

しかし田貫湖へ着いたとたんあまりの美しさに息を呑みました。

f0032481_2148582.jpg


湖面が波打たない時は、見事な逆さ富士を見ることが出来るそうです。
この日の早朝、ダイアモンド富士が見られる日に当たり、ダイアモンド富士を撮る為に
カメラマンで大混雑したそうです。

次に向ったのは、地元に住んでないと分らないと思われる細い道をくねくねと、
そして着いたところは菜の花畑。
どこまで行っても、黄色一面です。

菜の花畑と富士山
f0032481_2285894.jpg


田貫湖では富士山は笠をかぶってましたが、菜の花畑へ着いた頃は笠が殆ど消えて
ほんの短い時間の間の変化に驚きでした。

iikayoさんはご主人のサポートだけでなく、ご自身もカメラマンとしてご活躍です
f0032481_21554058.jpg


沢山撮った写真でしたが、風景は難しい。
感動が写真に伝わってないのは何故でしょう。
by studiopinot | 2010-04-22 22:01 | お出かけ | Trackback(1) | Comments(10)

念願かなって Ⅰ

以前から伺いたかった富士宮のCafe ideaへ新幹線でお出かけです。
ご一緒してくださったのは、こちらと、こちらさま
f0032481_23235078.jpg


cafeでありphoto studioでもある空間。
オーナーでありカメラマンの井出さんは、
昨年発売いたしました「おいしいから、何度でも」ソフトバンククリエイテイブ社
の表紙他の写真を撮ってくださった方です。
奥様のiikayoさんとはそれ以前からのお付き合いです。

cafeに到着前に車で、間近に見る富士山や、菜の花ばたけなど
富士宮の自然を案内していただき、喉が乾いた所でcafeに到着。

アイステイー
f0032481_23221761.jpg



iikayoさんが用意してくださったランチは、
キーマカレーと地元の有機野菜のサラダ。
味が濃くて美味しい野菜。
f0032481_23241325.jpg


カフェオーレ
f0032481_2327557.jpg

ドアの色が少し見えますがとっても素敵な青みがかったピンク色。
写真を撮る事を常に意識されて、決められた室内の色。
トーンを同じにしてますのでさまざまな色でも統一が取れて素敵なカラーコーデイネートです。

チャイ
f0032481_23244170.jpg

茶葉とミルク、スパイスのバランスがとっても良くて、
こんなに美味しいチャイははじめて。
iikayoさんが試行錯誤しながら作り上げられた見事なお味でした。

しかもカフェオレボールにたっぷりといれてくださり、ボールのオレンジ色と
チャイの色がぴったりとマッチしてますます美味しく感じられます。
湯気が撮れてますね。 嬉しい。

どこを撮っても絵になってしまう空間作りはお見事でした。
このような空間で写真を撮ると、腕が上がったような勘違いをしてしまいます。(そんな事絶対ありえないこと)


f0032481_2320849.gif

色が多いのにいやみにならずに、色の使い方が上手です。

お若いお二人が昨年からコツコツと作り上げてらしたCafe idea/photo+cafe
これからも沢山の方の集いの場であり、仕事の場であり理想の形に近づいているようです。

又伺いますね。   ありがとう。


二つのランキングに参加しております。  
ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
by studiopinot | 2010-04-20 23:57 | お出かけ | Trackback(1)

備前焼の魅力

やっと温かくなった昨日はギャラリー巡りです。
先ずは日本橋高島屋まで。

ギャラリーせい さんによる備前焼作家 星 正幸さんの展示会です。
f0032481_215059100.gif

素朴で優しく、おなじ物は一つもない魅力ある器、せいさんの目で選び抜かれた器ばかりです。

せいさんとは昨年おなじ雑誌で、誌面こそ違いましたがお仕事をしたご縁で
一度お目にかかりたい方と願いつつ今回まできてしまったのです。

また、photo lessonをお願いしてます久間昌史先生とも親交がおありで
今回のDMの写真もお願いしたそうです。

せいさんは備前の器の楽しみ方の提案もされてまして、世界中を旅して集められた
ものと備前焼とのコーデイネートには魅力がいっぱいです。

f0032481_21522229.jpg

今回は、旅して集められたものも多くはありませんが展示されており、
備前の器にも惹かれたのですが、フィリピンの大きなお盆を求めました。
使い込まれたあとが無数にあり、形も少しゆがんでいますがこれは手元において楽しみたいと。

42cmのお盆
f0032481_21524989.gif

チョコレートをのせた周りには俎板代わりにしたような跡とか、
しみがついているのがお分かりになると思いますがますが
それが温かみになり惹かれました。

会期は 4月20日(火)までです。

さーこのお盆これからどのように使いましょうか。
      楽しみです。


二つのランキングに参加しております。  
ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
by studiopinot | 2010-04-18 22:36 | 気になったこと | Trackback

もう春なのに

今日は寒い一日でした。

どうした事でしょう。冬と春が交互にやってきて一向に春から先に進みませんね。
今日のお教室のさいちゅう、生徒さんが「あっ 雪」と叫び一斉に窓の外を見ましたら
ほんと、粉雪がちらちらと落ちています。

せめて、お家の中は温かくそして気持ちも温かくなりますようにと春のお花です。

ミニライラック
f0032481_2010865.jpg

ミニというだけあって、お花が小さくて香りが優しいので、
枝ごとたっぷり活けてあげました。

f0032481_20102912.jpg


small gardenのミモザが雪で折れて無残な姿になってます。
このあとに植える木の候補の一つがライラックなのですが、残念な事に落葉樹なので
ミモザのように常緑樹で何かふさわしい木がないかと思案中です。


f0032481_20104417.jpg

お庭のフリルパンジーと先週のお教室で活けたラナンキュラス。
ラナンキュラスは日持ちがしてまだまだ大丈夫そうです。
f0032481_20245375.jpg

名前知らずの黄色いバラは、茎が柔らかくて細くうなだれるように咲くバラです。
山吹の花も一緒に、黄色はお部屋を明るくしてくれます。

明日早朝にかけて雪という予報が出てます。
 不順な天候に体調を崩されてる方もいらっしゃるようです。

皆様もお体ご自愛くださいね。

        今から温かいココアをいただきます。



二つのランキングに参加しております。  
ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

 
by studiopinot | 2010-04-16 20:32 | 季節の彩り | Trackback

春の炊き込みご飯 鯛めし

春になると必ず炊くのが 鯛めし。

勿論、鯛が美味しい時期でしかも養殖が盛んになってお値段が手ごろになってます。
養殖の場合は、買い求めた日に調理するのが一番です。

鯛めし   レシピは下記
土鍋で炊くと、そのまま食卓へ出して身をほぐしながら目でも充分楽しみます。
f0032481_23512060.jpg



いつもの炊き込みご飯より少し濃い目に味付けをし,
鯛は前もって軽く焼いておき、沸騰したところへ加えます。

そら豆が美味しいので、薄皮から出し鯛をくわえる時一緒に加えてみましたら蓋を取ったときの美しさが
思わず「大成功」と叫びたくなります。

お庭の山椒の芽を摘んで添えました。
f0032481_22453968.jpg

おかずは、春の豆グリンピースとそら豆をたっぷり入れた切干大根の煮物です。

春の豆と切干大根の煮物
f0032481_046833.jpg


拍子木に切って干された切干大根のボリュームに合わせて豆を多めに入れてます。
煮含めてもバリバリとした歯ざわりがとっても美味しい切干大根です。
パプリカで彩をつけました。

ジューンベリーの花
f0032481_22462036.jpg

お庭のジューンベリーのお花が満開です。
きっと今年も赤い実を収穫できるでしょう。
   昨年より沢山実をつけそうな予感がします。  とっても楽しみ。

グラスは草野啓利(くさのひろとし)作

こちらから個展の情報が入り、これは逃がせないとばかりに行って参りました。
今回は冷酒用を求めましたが他にも気になる物が。
夏に向けて未だチャンスはありそうです。

いつも情報をありがとう。

二つのランキングに参加しております。  
ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

More レシピ 春の炊き込みご飯 鯛めし
by studiopinot | 2010-04-13 23:11 | 料理 | Trackback(1) | Comments(17)

伊豆の旅 Ⅱ 下田 箱根

河津から下田へ。
 
最近の竜馬ブームで、竜馬にかかわりのある下田が観光に力を入れ沸いているとのことで
足を延ばしてみたのです。

観光案内所の方はそれは丁寧に説明してくださり、一週間前には大河ドラマ「龍馬伝」の撮影で
福山雅治が滞在していたそうです。

古い家屋を利用して、レストランやお土産店が並んでいる界隈
f0032481_22555271.jpg


下田では美味しいお魚を頂かなければと選んだのが
魚でめし魚でさけ 勝
まぐろ丼
f0032481_230377.jpg

下田丼 (まぐろ 鯛 金目)
f0032481_2305612.jpg

さすがに新鮮で、たっぷりと盛られた魚に大満足でした

お肉屋さんの店先の看板犬
f0032481_2342971.gif

黒いパグが母犬
茶色のパグは子供だそうで、お店が開いてる間は丁度テーブルの高さくらいの台に乗って
一日過ごすそうです。

下田アンパン、竜馬??と色々試食がてら買い求めましたが
写真はなし。

More 箱根では 富士屋ホテル
by studiopinot | 2010-04-12 23:41 | | Trackback