<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ジューンベリーのクラフテイー(Juneberry Clafoutis)

何しているのかお分かりになりますでしょうか。
ジューンベリーの実を食べに鳥がやってきます。
小さな口に実をつまんで飛んでいく様子は、これはこれで楽しいのですが
f0032481_2154228.gif

今年は何とか収穫したいので、なんでもデイスクを吊り下げておくと光で鳥が来ないとか。
確かに少なくなったような気がします。

ジュンベリークラフテイー
フランスの郷土菓子
f0032481_2156516.gif

以前のレシピーではバターが多かったのですが、かなり少なくしました。
クレープのような生地に季節の果物をくわえて焼きます。
ジュンベリーはどちらかと言うとさっぱりとしたお味ですが、それでも酸味が生地と一緒になり
テイータイムにぴったりなお菓子になりました。
f0032481_22124100.gif


温かいうちにいただくのですが、バターを少なくしたからでしょうか冷めても美味しくいただけます。
by studiopinot | 2009-05-31 21:56 | お菓子 | Trackback

テーブルコーデイネートクラス 2009.5.

皆様がコーデイネートのこつが分かり始めたようでしたので、先月テーマをお出ししておきました。

f0032481_16362077.gif

前半は前回に続き、カラーのレッスンで配色の基本です。
f0032481_16374870.gif


後半は実習 、今月のテーマは 「梅雨」です。
暑くてベトベトとした嫌なシーズンですが、皆様はどのようにこれを演出してくださるかとっても楽しみです。
お気に入りの器や、扱いかねてる器、最新の器とさまざまです。
f0032481_1642881.gif

一回目は各自描いて用意してらしたものでコーデイネート。
2回目は、もう少し変化をさせた食卓。
f0032481_16445579.gif

3回目は、他の方の器を拝借してコーデイネート。
自分の中で定着している器、色、使い方を他の方のお道具を使うことで
コーデイネイトの世界が広がり新しい発見もでてきます。

お疲れさま   お茶に致しましょう。   洋風羊羹です。
f0032481_16433517.gif

来月からは、2人の為の食卓を作ります。   お題は「七夕」です。
    フィギュアの存在を忘れないように。
by studiopinot | 2009-05-31 16:53 | お教室では | Trackback(4)

バナナのサンドイッチ Open banana sandwich

バナナをキャラメリゼしてサンドイッチにしてみました。

バナナのキャラメリゼしたものにアイスクリームをのせて頂くのが好きなのですが、今日はサンドイッチにしてみました。

オープンサンドイッチ
キャラメリゼしたバナナを軽くトーストしたパンにのせてシナモンとパウダーシュガーを振ります。
キャラメリゼはしっかりめにします
f0032481_17352815.gif


キャラメリゼしたバナナとブリチーズとマーマレードをはさみます。
ブリチーズとマーマレードの組み合わせはワインが欲しくなります
f0032481_12182012.gif



甘いサンドイッチはテイータイムに。
もう少しトーストをして香ばしくした方が良かったかもしれません。

ジューンベリー
f0032481_11421118.gif

綺麗なルビー色は飾っておくだけでも素敵です。
お味は少し水っぽくて、どうやらもう少し熟したほうが良さそうです。
by studiopinot | 2009-05-26 11:48 | Sandwich | Trackback | Comments(28)

Small garden  ジューンベリー(Juneberry)

Small gardenのジューンベリーが綺麗に色ついて、ルビー色の実が輝いております。
小さな実ですがなかなか大きな存在感があります。
f0032481_21373968.gif

昨年、はじめて実をつけ喜んでたのも束の間、あっという間に小鳥達に食べられてしまいましたので
今年は何とか収穫したいものと、ネットをかけるのも味気ないですし鳥と戦っております。

実のなる木を植える楽しさってこういうものなのですね。

植えたときは150cmほどの高さでしたが、今は2mは越しております
f0032481_21375813.gif

それともうひとつ、15年ほど前に植えたアカンサス(Acanthus spinosus)
f0032481_21384623.gif

ヨーロッパでは沢山見ましたが、ギリシャ時代の建築や、今でも受け継がれている洋食器のパターンになっています。
それは15年前の事、器の歴史を勉強していてこのアカンサスの事を知りどうしても植えたくなり、園芸店で探して頂き手に入れたものです。

15年間一度も蕾をつけなかったのが今年初めて蕾をつけました。
後何日で咲くのか楽しみで、毎朝窓から様子をチェックしております。

   咲きましたらまた記事にしてUP致しますね。
by studiopinot | 2009-05-24 21:56 | Small garden | Trackback

お教室では 少し早いですが 梅雨の合間に2009.5.

5月は一番爽やかなつきですね。

でも今月の食卓のテーマは、後一ヶ月もすると毎日雨と蒸し暑い日が続きます。
そんな時のために爽やかにシンプルに食卓をコーデイネートして楽しむのは如何でしょうか。

和モダンのカジュアルなコーデイネートです。
f0032481_2221327.gif

42cmの大皿を中心にセットし、 存在感がある大皿を活かします。

f0032481_222454.gif

葉蘭には霧吹きで水をふき、涼しさの演出です。
f0032481_2247142.gif

簾のランチョンマットは、いぶした茶色いのを選びますと使う範囲が広がります。
f0032481_22134610.gif

きゅうりの冷やし汁    じゃがいもと三つ葉の辛し和え
f0032481_2231892.gif

鰹のカルパッチョ風   黒酢とクミンのソース
f0032481_2234998.gif

豚三枚肉の煮物と蕗   冷やししるこ 白玉
f0032481_224796.gif

気温の変化がかなりあり、冷やししるこでは寒くて温めて頂いたクラスもありました。
f0032481_224316.gif

自然の姿を活かしてあげました。
           活き活きと見えます。
by studiopinot | 2009-05-22 22:04 | お教室では | Trackback

嬉しいいただきもの

先週、今週とお教室が続いてますが、今日嬉しい頂き物がありました。

2時間近くかけていらしてくださる S さんが、お庭の薔薇を大事にかかえて持ってきてくださいました。
我家の薔薇とは大違いで、お手入れが良いので葉の痛みも無く、香りのよい薔薇を育ててらっしゃるだけあって、柔らかな優しい香りが一面に広がり楽しませてくださいました。
f0032481_21294022.gif

ありがとうございます。
薔薇の香りはお肌の為にもいいらしいですね。香りの良い薔薇の育て方のコツなど教えてくださいね。

広い畑を持ち本格的に野菜を育ててらっしゃる 
Oさんが朝収穫されたスナップエンドウを籠いっぱいにいれてお持ちくださいました。
f0032481_2137133.gif

鞘がはちきれんばかりに、美味しそうに育ったスナップエンドウに全員感嘆の声を上げました。
皆様きっと今日の夕食はスナップエンドウを使ったお料理をされたのでしょうね。
この籠も素敵ですね。


そして食卓には珍しいお花です。
ほんの一時期、市場にほんの少しだけ入るお花にタイミングよく出会い今週の食卓を飾ってくれてます。
カラーロータス
f0032481_21423814.gif

花びらが3枚しかない珍しいお花です。
色もシックで、茎は細く思わず目に止まってしまうお花です。

モーニングスター(イネ科)
f0032481_21425489.gif

これも珍しい種類です。

今月の食卓はこんなシンプルなお花が彩ってます。
暫くすると梅雨のシーズンに入りますね、そんな時でも爽やかに楽しめたらと思いながらの食卓です。
by studiopinot | 2009-05-20 21:29 | お教室では | Trackback

気になるサンドイッチ

サンドイッチが好きで、以前にも記事にしたことがありますが,
最近また良く作ります。

バター、ミルク、卵をたっぷりと加えた美味しい食パンがありますが、サンドイッチには極プレーンな
食パンの方が挟む具となじみます。

ある日の朝食  キャベツサンド
f0032481_238826.gif

きゃべつが美味しい時期ですから色々と使うのですが
前日の茹でキャベツと茹で鶏をソテーしたものをたっぷりと挟みました。
お味は薄いカレー味です。
スープもキャベツスープです。
f0032481_22592247.gif

作りおきのトマトのコンポートがちょうど食べごろです。

ある日の茄子のペーストとポテトサンド
f0032481_22594894.gif

お教室で作った茄子のペーストがとても美味しいので、残ったのをパンに塗ってみましたらなんと美味しい事
癖になりそうです。
しんじゃが芋は茹でてドレッシングで味付けしたものが冷蔵庫にありますのでレタスと挟みマスタードを塗ります。
マーマレードも忘れずに。   甘いものも必ず作るのです。

違うある日のゆで卵サンド
f0032481_2303939.gif

ゆで卵を粗く刻み、マヨネーズとパプリカ、葱をまぜてはさみます。
またマーマレードで甘いのを一枚。

はさむ具は何でも良いので、作っている最中にあれもこれもと適当に作っている割には美味しく出来てます。
まだしばらく続きそうです!
by studiopinot | 2009-05-18 23:09 | Sandwich | Trackback | Comments(22)

旬の野菜 きゃべつ ユルマク

このところ重いお食事が続きました。

そんな時は、優しいお味で、食材も旬のものを使います。
いさきとキャベツ
f0032481_2226288.gif


アイナメが美味しい時期ですので使いたかったのですが、なんと1000円以上するのに驚いて、
家計に優しいいさきにすることになったのです。

いさきは6月7月がおいしいと言われてますが、、5月なのでマーいいことに。
いさきを三枚に卸し、少ない油で焼きます。

そしてお野菜はなんと言っても新キャベツ。
古代ギリシャ時代から食べられていた最古の野菜の一つとか。
胃腸の回復に効果がある事は良く知られています。

新キャベツのみずみずしさは、生食が一番と思うのですが、
今回はさっと茹でて、頂いた新人参、たけのこ、ねぎを使ってます。

お野菜を薄味で煮て、いさきを加えさっと火を通したものです

ご飯は生姜入り玄米ご飯。
f0032481_223113.gif

汁物 キャベツの芯、たけのこの端こを細かく刻んで澄まし汁です。
f0032481_2232351.gif

とっても地味なお献立ですが、ほっといたします。
by studiopinot | 2009-05-17 22:19 | 料理 | Trackback

お酢の力 揚げ野菜の甘酢漬け ユルマク

爽やかな日と、蒸し暑い日が交互に来ているような。
蒸し暑くなってくると、夏野菜を素揚げし甘酢に漬けるのを頻繁に作ります。
特に茄子と甘酢の相性はぴったりと思うのですが。

今日は頂いた新人参やいんげんなど冷蔵庫にあるものをがさごそして集めたものです

揚野菜の甘酢漬け   レシピ下記
作った日から3~4日は充分美味しくいただけますので沢山作り冷蔵庫保存します
f0032481_12374223.gif


4日目頃にはかなりお味が染み込んでますが、
これをご飯に載せて漬け汁もかけて頂くと美味しいのです。
細かく刻んで、ご飯に混ぜてご飯茶碗に盛り刻み海苔をたっぷりかけるのもいいものです。

玄米ご飯と漬け汁もよくあいます
f0032481_13273343.gif

お酢といえば「酸っぱい」のイメージであえ物やサラダなどに使われることが多いのですが
煮物などに入れることでコクや旨みが際立つ働きもしてくれます。
お酢は目立たない調味料ですが大きな力を持っているのです。

あちらこちらで山椒の実を煮ているのを拝見してます。
家のは収穫するには少し早いようです。
来週くらいでしょうか。
f0032481_12381853.gif


レシピ
揚げ野菜の甘酢付け
甘酢
    酢     大さじ3
    しょうゆ  大さじ3
    砂糖    大さじ11/2
    ごま油   少々
    鷹のつめ 1本(種を出しておく)
野菜  人参、れんこん、ながねぎ、いんげん、しょうが、
     (なす、パプリカ、たまねぎ、ごぼう ブロッコリーなど葉物意外でしたらなんでも使えます )
1.甘酢をあわせておき、素揚げした野菜を熱いうちに加えてゆきます。
by studiopinot | 2009-05-13 12:38 | 料理 | Trackback

Small garden 薔薇が咲きました 1.

Small garden の薔薇もここ数日間の間に次々と咲き始めました。

肥料をあげたり枝を詰めたりする冬の間の作業ができず、手入れをがしてあげられなかったにも拘らず
見事に咲いてくれました。
フェンス沿いの薔薇。ピエール ド ロンサール、ピペリカム

f0032481_21394221.gif

あと一週間もすると紫の小花のブルーランブラーが咲き加わります。

f0032481_2140575.gif

アブラハム ダービー
f0032481_21402870.gif

バリエガータ デイ ボローニア
f0032481_21405030.gif

ピエール ド ロンサール
f0032481_214172.gif

マサコ(和名)
f0032481_2141249.gif

大好きなアブラハムダービーを一輪食卓へ。

f0032481_21414421.gif

大切にしていたジュリアが昨年から元気がなく、今年はえんぴつの細さの枝が一本でてるだけです。
病気になりやすい種類で、栽培する方が少なくなってきているそうで、お花屋さんでも見かける回数が少なくなってきています
by studiopinot | 2009-05-12 21:42 | Small garden | Trackback