<   2008年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ユルマク お芋スープ

急に寒くなりましたね。

f0032481_2324030.gif

暑くて何もできないとブツブツいっていたのに、寒くなればなったで足が冷たいやら何やらと、

でもキャンドルの灯り一つで、心まで温かくなるようです。
f0032481_233655.gif

さー身も軽くお台所へ立って、あたたかなスープでも作りましょう。

                        :

身体がホカホカするスープができました。

さといも、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、が入ってます。

お芋スープ
f0032481_22102022.gif

とろみが出るように里芋とじゃがいもを先に煮ます。
さつまいもは輪切りにして、両面を焼き秋を演出しましたが感じますでしょうか 。
器に盛ってから上には,常備してる豚挽肉を炒めて味付けしたものをぱらぱらと。
f0032481_22103716.gif

味付けは塩、胡椒でさっぱりと。
 
これユルマクのつもりです。
by studiopinot | 2008-09-29 23:05 | 食卓の彩り | Trackback | Comments(54)

人参の葉

土曜日は毎週お野菜が届きます。

今頃は季節の移り変わりがお野菜にも良く分かり、きゅうりが無いし、茄子、ピーマンの数もグット少なくてさつまいもや里芋が入ってます。

人参の葉つきも入ってました。
f0032481_072036.gif


人参の葉って風がそよそよと抜けている様子がとっても好きで、少しだけお花のように花瓶に入れてみました。
f0032481_08161.gif


葉には栄養が沢山含まれてるとかで捨てられず、先週はつくだに風にしましたので、
今週は粉末にしてこれをまた何かに使おうかと。
f0032481_23583014.gif

葉が柔らかいので,電子レンジで3分を2回でからからになりましたが、これが食べてみると
とっても青臭いのです。
沢山あった葉もからからにして粉末状にするとほんのこれだけです。
さてさてこれはどのように使いましょうか。

他のお野菜もあれこれと処理をして、さーお茶にしましょう。
f0032481_0123293.gif

ハッピーケーキをいただきます。

More  ハッピーケーキって
by studiopinot | 2008-09-28 00:06 | 料理 | Trackback

しつこく、さんまの山椒煮

しつこく今日も秋刀魚を買ってきて、さんまの山椒煮です。
初夏に仕込んだ山椒の出番です。
f0032481_16451711.gif

さんまを筒切りにし、内臓をとりだして洗い、鍋に湯を沸かしお酢を加えます。
ここえ秋刀魚を入れてさっと茹でます(30秒くらいです)。水気を切ります。
臭みが気になる方は是非この方法をおすすめです。

あとは調味料の中で煮詰めるだけです。            レシピは下記

秋刀魚が重ならないように並べると綺麗に煮上がります。

そしてさんまを煮ている間に作ったのが、この時お食事をしたおそば屋さんで出てきたこのお料理が気になって気になっていましたら、この方が先日再びいらしてなんと作り方まで伺ってくださったのです。
圧力鍋でじゃがいもを茹で、それを軽くつぶして空気をいれ揚げるとの事。
なるほどそれでふわっとしていたのですね。

圧力鍋で茹でて、軽くつぶし、180度で揚げました。
f0032481_1723987.gif

しかーし、違うあそこまでふわーっといかない。
3種類のじゃがいもを使って,フワーと、ホクホクになったのが男爵で作った1個だけ。
後はモッチリして何か油っぽい。これはちがう。
でも少しだけ同じようなのができたので、まーよしとしましょう。

ごぼうは無かったので次回ですが、これも随分手間がかかってるのですね。

さーいただきます。
f0032481_1711496.jpg

キャベツは茹でて、ポン酢でさっぱりと。
玄米ご飯にはごま塩をかけていただきます。

レシピ
さんま     3尾
酢        少々
しょうゆ    大さじ3
酒       100cc
みりん     60cc
山椒の有馬煮
しょうが 

生姜は皮を剥かず薄切りにします。
飾り用は千切りにして、取り分けておきます。
(注)  この煮方はあっさりと仕上げてます。そのため骨がいただけるほど柔らかくはなりませ     ん。
by studiopinot | 2008-09-25 16:45 | 料理 | Trackback(2) | Comments(34)

テーブルコーデイネートクラス 新規

9月から、テーブルコーデイネート新規基礎クラスが始まりました。

いつもの事ながら、新しいクラスがスタートするときは2,3日前から緊張いたします。
ノートを読み直したり、資料を作ったり、前期クラスの反省点を読み返したりと、あれこれとやっていないと落ち着かないのです。

資料も用意して皆様がいらっしゃるのをお待ちしいる時が一番そわそわと。
何回やっても駄目ですね。
f0032481_14302810.gif

皆様がいらっしゃいました。
「始めまして」のご挨拶もそこそこに、スターと致します。
テーブルコーデイネートとはから、大切な事は何かとレクチャーが続きます。
きっと、初めから華やかな世界にふれると思われてる方には意外でしょうが
此処が大切なのです。
前半はこのスタイルが続くのです。

最後はお茶でホット一息入れます。

f0032481_14304656.gif


電車を乗り継いで遠方からいらしてくださった方、同じ方向の方を車でご一緒してきてくださった方皆様ありがとうございます。
by studiopinot | 2008-09-24 14:43 | お教室では | Trackback(6)

9月のお教室では  2008.9.

今月のお教室がスタートしたときは、まだまだ蒸し暑い日が続いている時でした。

今日は蒸し暑さが残っているとはいえ、秋の気配がしっかり感じ取れるようになりました。

楽しかった夏休みの話題から、私たちが直接被害を受ける事故米のこと、総裁選から
アメリカ大統領の選挙の話まで、話題に事欠かない9月でした。

9月は夏休み明けですので、メニューも簡単で手早くできるものばかりです。
夏の名残り
f0032481_15375367.gif

夏を惜しむかのように、エスニックテイストの食卓で、
                            クロスはタイの手織りの布です。
キャンドルスタンドやグラスの透明感で、夏を惜しむかのようなイメージを出してみました。
f0032481_15381972.gif

白磁のお皿は、日本の禅寺をイメージしてフランスでデザインされ、作られたもので
数年前チョットしたブームになったものです。


かぼちゃのスープ エスニック味
たかのつめのきりっとした辛味と、ココナッツの味です。
f0032481_15461430.gif

牛肉と果物のレタス包み
何時もの焼肉のソースを一工夫、季節の果物といただきます
f0032481_15391496.gif

帆立ご飯
f0032481_15394569.gif

テイーゼリー
f0032481_1540910.gif

ミルクテイーとストレートテイーの二つのお味を楽しみます。
f0032481_15473632.gif

キャビネットの上のお花
f0032481_1621355.gif


花材   ダリア、ひまわり、秋明菊
by studiopinot | 2008-09-21 15:41 | お教室では | Trackback | Comments(39)

これってお野菜なのでしょうか

お教室にいらしてるM さんが、保存容器に入れて持ってきてくださったこの黄色いお花、何のお花か分かりますか。

実はこれオクラの花で名前はそのものの「花オクラ」というのだそうです。
直径は20cmくらいあります。
f0032481_2113239.gif

芙蓉の花のような、ハイビスカスのようなと皆様とああでも無い、こうでも無いと。

Mさんのお家のベランダで育ててらっしゃるのですが、朝起きてみると毎日数輪の花が開いていて、朝食にサラダ代わりのように頂いてるのだそうです。

ではと、皆様でむしゃむしゃと。
f0032481_215352.gif

花びらを一枚ずつ外して、お塩をチョットのせていただきました。

不思議、驚きました。
なんとオクラのほんのりとした香りと味、粘りがあるのです。

オクラの実はつかず、大きなお花だけが咲くそうです。

調べてみると
トロロアオイが正式名
アオイ科オクラ属の植物
   天ぷらやおひたしにしていただく
中国では健康維持の為に伝承されてる植物だそうです。


白鳥の湖?
f0032481_2123050.gif

        見えませんか
by studiopinot | 2008-09-20 21:23 | 料理 | Trackback

さんまのマリネ

我が家の食卓にもやっと秋の気配です。

f0032481_20251265.gif

ずっとさんま さんまと思い続けてまして、今日買ってまいりましたよ。
お刺身で頂くように処理して、塩を振り酢で5分ほど〆ました。
しょうが醤油で頂くのが一番好きですが、今日は少し様子を変えて、
f0032481_20253239.gif

オリーブオイルで長ねぎを炒め、塩、こしょうをし、しょうゆをタラーリと加えて
さんまとフリルレタスのソースにしてみました。
f0032481_20255144.gif

酢で軽く〆てあるので良く合います。
f0032481_2046208.gif

じゃがいもの吸い物(写真なし)、にんじんとたまねぎのサラダ、きゅうりのお漬物と楽きょう。

とってもヘルシーですがさんまをいただけて満足でした。
by studiopinot | 2008-09-16 20:25 | 料理 | Trackback

萩 もち

昨日は十五夜のお月見でした。

用事があり出かけた帰り道、お月様を見るとうっすらと雲がかかり満月が泣いているようでした
今日は輝くような満月が見られることを期待してましたのに、どんより曇り空で期待できそうにありません。
一日遅れのお団子も気が乗らないので、大好きな求肥を作り餡を包んで萩もちです。

萩もち
f0032481_1513453.gif


萩の赤いお花に見立てたのは小粒のタピオカで,
茹でるときに食紅を加えたのです。
中の餡は白餡のほうが綺麗に仕上がるのですが、白餡は苦手なのであずき餡です。

f0032481_151097.gif

求肥をたっぷりいただきたいのと、まん丸にすると中の小豆餡が透き通って見えてくるので
まん丸ではなくこんな形にしてしまいました。

求肥は、お鍋で丁寧に練って時間をかけて作り上げるのですが、お鍋の周りにべたべたについたり、焦がしたり飛んで火傷をしたりと大変でした。
昨年金塚晴子さんの本で電子レンジで簡単に作れることを知り、それからの求肥作りはとっても楽。    金塚さん感謝です。
by studiopinot | 2008-09-15 15:10 | お菓子 | Trackback | Comments(46)

空飛ぶ からすうり

裏庭の木に絡まり、まるで小さなジャングルのようになってカラスウリが侵入してきます。
実はこれはお隣からのお客様です。
手入れがされてない見栄えの悪い状態ですが、じっと目をつぶってます。

9月になると、小さな小さな実をつけ中旬には縞模様も可愛い緑色のカラスウリが沢山つくのです。
赤くなった実も可愛いけれど、緑色で縞模様のこの時期の方が好きなのです。

7月から9月のお教室には緑色のカラスウリを使うことを決めていたのです。
f0032481_178973.gif


昨日、キャビネットの上のお花が欲しくて ラフォーレ ノアールさんへ行ったところ、
見たこともない丸い緑色や茶色いのものが目に飛び込んできました。
これ使いたいと。

これは何と、外国のカラスウリだったのです。
アジア、アフリカから輸入されたものだそうです。
      カラスウリまで空を飛んでくる時代なのですね。     驚きました。
f0032481_16424828.gif

中にはほんのりと甘い香りのものもあります。

手でくるくると巻いただけの様な、自然感一杯の籠に盛ってみましたらぴったりです。

f0032481_16461934.gif

今のところ来週は手に入らないので、来週のお教室でも使えますようにと
        冷蔵庫にでも入れておくことに致しましょう。


このように珍しいものは、皆様に楽しんで頂きたいものです。
by studiopinot | 2008-09-12 16:46 | 食卓の彩り | Trackback

Antique リキュールグラス   1

アンテイーク好きなことは時々記事にしてまいりましたが、
随分前から思い出したように少しずつ、少しずつと集めたものにリキュールグラスがあります。
シルバーほどの知識はなく、ただ惹かれたものを集めているだけなのです。
しかもリキュールグラスではないのではと思われるものもあります。
f0032481_1522347.gif

ふと立ち寄ったお店で見つけたもの、骨董市で見つけたもの、海外で見つけたものとその時々の思い出が詰まってます。
1930年代  イギリス
f0032481_1452041.gif

カクテルの名前の由来にもなっているのが、イギリスで鳥(Cock)の尻尾(Tail)の羽根でグラスのお酒をかき混ぜたところからCocktailの名前がついたといわれてますが、グラスに鳥の絵が描かれてるのを良く見かけました。
これは手描きではなく、シールです。手描きのものはお値段が○の数が違ってきます。

年代不詳   1930年頃のものらしい
f0032481_14531978.gif

ステムのデザインが面白く、細く背が高く優雅な生活の中でなくては使えません。
ですから飾ってあります。
現在も同じデザインのものが作られてます。

1940年代初期
f0032481_14543697.gif

しっかりとした安定感のあるクリスタルで、これでしたら安心して使えます。

1950年代
f0032481_1455918.gif

丁寧な絵付けではありませんが、綺麗なラインに惹かれました。

年代不詳  日本製とのことですがはっきりと分かりません
f0032481_14553112.gif

金色が鈍い光で、和食器とも組み合わせられるのです。
f0032481_14555072.gif


1990年代
f0032481_14562947.gif

古いものではありませんが、娘がイギリスで買ってきてくれたウオーターフォード社のものです。

私の持っているグラスは、アンテイークと呼ばれるほど古いものはありません。

ガラス製品は破損の問題が常にあり、チョット年代があるだけで値がついてしまいます。
素晴らしいと思うグラスに出会っても、値札を見て手が出なくなってしまうのです。


私がよく通っっている骨董市が9月にあります。
ご興味のある方は如何でしょうか。此処まで大規模な骨董市は他に無いと思います

   平和島 全国古民具骨董まつり
   9月19日(金)、 20日(土)、 21日(日)
   会場    平和島 東京流通センター
   JR  浜松町駅よりモノレールで「流通センター」駅下車


歩きやすい靴でお出かけくださいね。
by studiopinot | 2008-09-10 14:40 | 骨董 ・ Antique | Trackback(1)