<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2007年 ありがとう

2007年も残り数時間になりました。
今年は、思いで深い年になりました。
多くの方にnetつながりで、パワーをいただき、時には背中を押され
刺激を受け、素晴らしい年でした。
皆様に感謝です。
f0032481_13385346.gif

来年もよろしくお願い致します。

年越しそば
一説には江戸中期以降頃には、年越しそばが登場しているらしいのです。
美味しいそばは、もりで頂くのは一番と分かってますが、
時には、こんな事をしてみたくなります。
f0032481_13394271.gif

オリーブオイルとそば、トマト、醤油で仕上げてみました。
         悪くないですよ。
分量は目分量ですので、レシピーは出せません。

紅白の袋には、飴玉が入ってます。
今頃八ヶ岳で雪の中楽しんでらっしゃる事でしょうね。
ありがとう。
by studiopinot | 2007-12-30 13:56 | 季節の彩り | Trackback

ゆずでいろいろ

ゆずと言えば冬至ですね。

立派なゆずを友人のEさんが送って下さいました。
f0032481_23163063.gif

織部の大鉢に盛ってみましたら、色合いがとっても綺麗です。
このまま飾っておきたいような。

冬至の日は、色々あって柚風呂に入っただけでしたのでもう少し役立ててあげないと可哀想。
ゆずゼリー
sarajyaさんが、以前に寒天で作られてました。
参考にさせていただいて、ゼラチンを使いプルプルのゼリーを作ってみました。
5gのゼラチンに対して、柚の絞り汁1個半、皮の千切り1個分使い、
コアントローも少し加えてまろやかにしてあります。


f0032481_13421822.gif

f0032481_13573289.gif

ゆずピール
毎年ゆずのマーマレードを作るのですが、今年は皮と実を別々に使うことにしました。
先ず皮だけお砂糖で煮て「ゆずピール」を作りました。
後3日ほどで乾燥するはずですが、瓶に保存する時はどのくらい残っているでしょうか。
f0032481_13525288.gif

蕪の甘酢漬け。
蕪の薄切りに塩をしてしばらく置き、甘酢と柚の皮の千切りをたっぷり入れます。
汁も少し絞って入れてあげます。
f0032481_23184728.gif

蜂谷さんのお椀に蓋をつけていただいたのが出来上がってきましたが、
      お正月が待ち遠しくて、使ってみました。
これも色の映りが綺麗ですね。


ゆずのジュレ
皮はお砂糖で煮て、ピールにし、実も種も勿論棄てません。
実を粗く刻んで、種と一緒に水を加えてコトコトと煮ます。
果汁を絞るようにして漉します。鍋に戻し砂糖をくわえて好みの甘さにして煮ます。
冷蔵庫で保存し、タルトの上に塗ったり柚羊羹を作ったりと活躍してくれます。
f0032481_13591558.gif

奥の瓶は濃い色をしてますが、しっかり煮詰めたものです。
柚はペクチンが多いので、それ程手間をかけなくても出来てしまいます。


すぐれもの OXOのピーラー
ご存知の方も多いのではと思います。
日頃からOXO(オクソー)のキッチングッズはすぐれものが多いと感じてますが、
このピーラーはゆずの皮が薄く向けるので大変便利なものです。
多くのシェフが使ってらっしゃるようですが、握る部分が大きめなので慣れるまで
女性には使いにくいと感じる方もいらっしゃるようです。
でも慣れるととっても便利です。
f0032481_14171633.gif

先日も冬瓜の皮をむいてみましたが、薄く向けましたよ。

sarajyaさんのお菓子が「手づくりスイーツ」と言うタイトルの本になり学研より出版されました。
本屋さんで手にとって見てくださいね。
楽しくて、美味しいお菓子が沢山出てきますよ。

決して学研/sarajyaさんの回し者ではございません。
      sarajyaさんのお菓子と写真が大好きなだけですよ。
by studiopinot | 2007-12-26 23:30 | 料理 | Trackback(2) | Comments(56)

クリスマス イブの輝き

朝ブラインドを上げると、オーナメントに朝日がさして輝いておりました。
温かなクリスマスイブを迎えます。

f0032481_9521545.gif


                   世界中の人々の幸福を願って
by studiopinot | 2007-12-24 09:52 | 季節の彩り | Trackback(3)

12月のお教室 Merry Christmas

12月今年も後わずかになりました。
そして今年最後のお教室も無事に終わりました。
この一年間、毎月通ってくださった皆様から多くの知恵とパワーをいただき、
楽しく過ごす事が出来ました。
ありがとうございます。

12月は恒例のクリスマス。
f0032481_01766.gif

今年のクリスマスのトレンドカラーは茶色です。
だからといってこげ茶色を使わず、金茶色のクロスとベージュ色のクロスをダブルにかけました。
f0032481_012599.gif

センターピースには、数年前からブームの多肉植物を使ったリースをおき、キャンドルで高さをだしてます。
多肉植物の何ともいえない色合いが、決して派手な色ではないのに華やかさを出してくれてます。
f0032481_0394028.gif

ガラスボールに茶色をおき、今年らしさを表します。
白いプレートは、リモージュのアンテイークで縁に金彩を施してあり、クリスマスのお食事に
は特別に使います。   大切なお皿を使うと気持ち迄ワクワクしてきます。
キャンドルも忘れずに。
オードブル
f0032481_014389.gif

可愛いりんごに砂糖と、バター、シナモンを詰めて焼く焼きりんご。
これはクリスマスには毎年作る一品です。
ゴルゴンゾーラチーズ、いちじくを混ぜ込んだクリームチーズのごま団子。
スペアリブの煮込み
オレンジジュースと豆板醤のお味です。
f0032481_021928.gif

ごぼうとくるみ、じゃがいものサラダ。 鴨のロースト
f0032481_023550.gif

フルーツスープ
f0032481_08429.gif

ブラウニー
クリスマスの定番です。よくある硬いブラウニーは苦手なのでソフトなタイプを作ります。
手前のクッキーは友人のMさんが焼いてくださいました。
f0032481_042642.gif

シュトーレン
パン教室をされているCさんに焼いていただきました。きめの細かさとフルーツの香りが上品なシュトーレンです。
f0032481_0101570.gif

お楽しみ
f0032481_1342757.gif

楽しいプレゼント交換です。
熊のサンタさんは手のボタンを押すと、歌を歌いながらダンスをします。
バラの香りのお風呂でゆったりといたしましょう。
ハート型のピンク色のは「湯たんぽ」、欲しかったのが当たりました。
  皆様」ありがとう。

             素敵なクリスマスと新年をお迎えください。
by studiopinot | 2007-12-22 00:00 | お教室では | Trackback(2) | Comments(54)

クリスマスオーナメント Ⅱ  キャンドルの灯り

クリスマスのデコレーションも12月のお教室が始まる前にやっと、整いました。
例年とそれ程変るわけではないのですが、バタバタとする始末です。
クリスマスツリー
f0032481_22582413.gif

ツリーの上まで撮るのに苦心してしまいました。
斜めに倒れそうに写ってますね。
オーナメント
オーナメントには思い出が一杯詰まっております。
上段の右の天使(一応)これは娘が生まれた年のもので、自由が丘のおもちゃ屋さんで買ったものです。雰囲気に合わないのですがよしとして。
2000年ミレニアムの年に香港で買ったボール。
これを見ると、香港のきらきらの、独特のクリスマスシーンを思い出します。
木で作られたオーナメントはドイツのロマンチック街道のローテンブルグで買い求めたものです。
このようにゴチャゴチャと統一感など全くないツリーなのですが、その時そのときの、家族の歴史がよみがえります。
f0032481_2331532.gif

キャビネットの上
f0032481_23031100.gif

ツリーと同じく、此処も毎年デコレーション致しますが、
                     毎年少しずつ変えています。
今年は、苔を貼り付けた、大小のボールにおリボンをかけてあげました。
実はこのボールは、数年前に作ったもので、雰囲気を変えて夏に使ったりもしているのです。
f0032481_2332771.gif

キャビネットの上も枯れ枝を利用して、デコレーションしてあります。
クリスマスには、鳥が食べた実から種が落ち、新しい命の誕生を祈る事から
鳥が飾られます。 枝や薪はイエズスさまが生まれた馬小屋をあらわしているのです。
キャンドル
f0032481_2320423.gif

そして欠かせないのがキャンドルです。
迷える子羊たちが道に迷わないように、キャンドルをともすのです。

キャンドルの灯りは、心を落ち着かせてくれます。

そして食卓のデコレーションは、お教室が全て終わってからのご披露になります。
少しお待ちくださいね。
by studiopinot | 2007-12-18 23:29 | 季節の彩り | Trackback | Comments(40)

お庭では 寒くなっても

12月も既に中旬です。
毎年この時期に咲くのが、大好きなスノウドロップ。
ミモザの根元にわずか2個の球根を植えたのが、5年ほど前です。
お花が終わってもそのままにしているのですが、いつの間にか増えてます。
10cm足らずの丈で、可憐な白いお花が咲き、
          冬の到来を知らせてくれるかのようです。
でも本当は2月頃咲くのでは思うのですが。
スノウドロップ
f0032481_13268.gif

イブピアッツア
香りがよくて、本来は大輪なのですが1/3ほどのサイズで先週咲いてくれました。
花びらも傷んでいますが、寒いなか咲いてくれてました。
この時期に咲いてるのは初めてです。
f0032481_135038.gif

アイスバーグ
5月からずっと咲き続けてますが、それにしても元気で未だ蕾もかなりついてます。
葉は殆ど黒点で落ちてしまってるのです。
f0032481_14899.gif

ジュリア
大好きな種類ですが、これも1/3ほどのサイズでつい最近まで咲いてました。
f0032481_142356.gif

気候の関係でしょうか、開花期間が長いのが逆に気になります。
冬のお手入れを今年は頑張ってあげるつもりです。
by studiopinot | 2007-12-15 01:09 | 季節の彩り | Trackback

漬けまぐろ丼

11月のお教室で作った、漬けまぐろをご飯に乗せて漬けまぐろ丼にしました。
忙しいとき大助かりの一品です。
漬けまぐろ丼
f0032481_15542640.gif

まぐろの両面に熱湯をかけて、霜降りにします。
直ぐ氷水にとり水気をふき取ってから漬け汁に漬けます。30分くらい。
切り分ける時切込みを入れて置きます。
f0032481_15555371.gif

切込みを入れたところにわさびを塗り、薬味を挟みます。
熱々のご飯に並べ、長いものすり卸をかけて漬け汁をかけます。
長いもがない時は、刻み海苔をたっぷりのせます。

外出した帰りスーパーにより,鮪を買い求め、すぐに漬け汁に漬けるところまで作り、
ご飯を炊き、汁物を作ると丁度30分。
鮪をのせてさあいただきます。
それと、お高い本まぐろでなくても、この方法ですと美味しくなりますよ。
レシピ
漬け汁
醤油    100cc
みりん    50cc
酒       25cc

ご飯をもう一品

More  究極の卵かけご飯
by studiopinot | 2007-12-11 15:53 | 料理 | Trackback | Comments(64)

おしゃれなカード

おしゃれで、和ませてくださる私の大好きなBlog。
 「MONO STYLE +」のnao-leeさんからカードが届きました。

naoーleeサンの絵を拝見して、いつもやさしくて良いなーとつぶやいていたら聞こえてしまったのでしょうか。  送って下さいました。

Moon River
f0032481_16321559.gif

おなじ月
f0032481_16345671.gif

11月に7章からなるミニ絵本「One seed]一粒の種をupされてます。
一寸覗いてみてくださいね。  自然に笑顔になってきますよ。
f0032481_1630167.gif

封筒もカードもこんなにさりげなく素敵に作ってくださいました。

                     ありがとう。
by studiopinot | 2007-12-08 16:30 | ありがとう | Trackback | Comments(32)

ばら

風邪がいまひとつすっきりと抜けてくれません。
そんな時、大好きなお花、ばらをいただきました。
新品種だそうです。
f0032481_2236550.gif


ウエーブが幾重にも重なり、アプリコット色が濃淡に微妙に変化しています。
f0032481_22215796.gif

「我家にぴったりだわ」と勝手に独り言を。 
      一体何枚の花びらをまとっているのでしょう。             
f0032481_2222143.gif

美味しいミルクテイーを入れて、しばしバラと語り合う事に致します。
by studiopinot | 2007-12-07 22:30 | ありがとう | Trackback(1)

クリスマスリース 2007.

クリスマスの為に欠かせないのが、リースを作ることです。
毎年、ご希望の方とご一緒に12月に入ると作ります。
f0032481_20342452.gif

蔓で作られたベースになるリングに、ヒムロすぎを巻きつけ、シルバーキャット、秋色あじさい、
ユーカリ他を巻きつけていきます。これらは全てフレッシュですが時間と共に綺麗なドライフラワーになる素材ばかりですので、クリスマスの後も楽しめるように考えました。
f0032481_22581316.gif

クリスマスといえば、赤と緑、ゴールドやシルバーが加わるのが普通ですが、折角作るのでしたら一味違うデザインをと毎年考え、お世話になるラ フオレ ノアールさんに色々注文をします。
こちらの勝手を受けてくださるのには大変感謝しております。

あじさいの色も赤系、青系、おリボン、ワイヤー、最後につけるガラスのオーナメントは数種類の中から自分で選びますので、皆様夫々が違ったリースに出来上がります。
これは後で比べて見ますと、あじさいの色が同じなのに違った雰囲気になったりで楽しいものです。
ラ フォーレ ノアールさんはこちらです

今まで作ってきたリースの写真が、操作ミスで消えてしまったりして保存されてない年が多いのですが、写真のあるのをUPいたしました。
f0032481_21281796.gif

昨年のこのリースは、ドライになって今もかけられてます。
f0032481_2144547.gif
f0032481_2153737.gif

f0032481_2110944.gif

f0032481_2115245.gif

f0032481_212636100.gif

1997年以前は写真はないのですが、よくある赤、緑、を多く使ったリースでした。
by studiopinot | 2007-12-06 20:34 | christmas wreath | Trackback(3) | Comments(18)