<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

じゃがいもと里芋のパンケーキ

じゃがいものパンケーキは今までは男爵でしか作ってなかったのですが、里芋を混ぜて作ってみました。
じゃがいもと里芋のパンケーキ
f0032481_21391938.gif

じゃがいもと里芋の割合は3:1位にして、 
     FPで材料を混ぜるだけですのでとっても簡単です。

          気をつける事は卵が入ってますので、
FPを回しすぎるとふわふわの生地になりすぎてしまいます。 レシピは下記に
何時ものパンケーキより、里芋を入れたことでねっとり感が出て、じゃがいもだけとはまた違った美味しさです。
f0032481_21304462.gif

焦げ目をつけると美味しそうですので、バターとサラダ油で焼きます。
りんごを煮詰めた、アップルソースとサワークリームをのせていただきます。
アップルソースとサワークリームの組み合わせは最高だと思うのですが。
f0032481_2131110.gif

家族が、これはしょうゆ味が合いそうだとのことでしたので、醤油に玉味噌と葱を混ぜて
辛味を加えたもので頂いて見ました。
          これはお味がきつすぎましたね。
タレを工夫すると酒の肴にも良さそうです。

レシピー
じゃがいもと里芋 あわせて600g  (3:1)
玉ねぎ        1/4個
卵           2個
小麦粉        大さじ2
サラダ油・バター
1.じゃがいもと里芋は皮をむいて、1cm角に切ります。
  たまねぎも粗く切ります。
2.FPに玉ねぎと卵をいれ、滑らかにします。
  じゃがいもと里芋を加え、おおよそ滑らかになったら塩、こしょう(黒)を加え人混ぜしボール   にあけます。  15分程休ませます。
3.ノンステイックのフライパンにバターとサラダ油を入れて温め、生地を流します。
  きつね色になったら、返して更に焼きます。
4.アップルソース(りんごを刻み、砂糖を少し加え煮詰め、レモンを落とします)
 とサワークリームを上にのせます。

 
by studiopinot | 2007-11-29 21:34 | お菓子 | Trackback(1) | Comments(32)

今年のクリスマスのトレンドは・・・茶色

街はいよいよクリスマスカラーがあふれ出し始めました。
毎年、クリスマス用品の展示が6月から7月頃に行われます。
そして必ず、今年の傾向が現れてきます。
昨年については,記事に致しましたがモノトーンにゴールドやシルバーの組み合わせがトレンドでした。
今年は、昨年の傾向に茶系が加わりました。

こちらのスノーマンのお洋服がいつもと違うでしょ、茶色のニットを着ています。
濃淡のおそろいを着ていますよ。
f0032481_2133770.gif

毎年見られるこのサンタクロースのお洋服もモカ茶です。
コンパクトデジでそーっと撮ってきましたので、
あまり綺麗ではありませんが分かりますでしょうか。
f0032481_23122894.gif



今までのクリスマスのイメージとは大分違うと思います。
一寸おしゃれなデイスプレーをしているお店がありましたら気をつけてご覧になって下さいね。
少しトレンドを取り入れたりしているのに気がつきますよ。
f0032481_2141923.gif

赤に近い茶色にゴールドや緑色を装飾して
f0032481_2143551.gif

毎年トレンドだからといって買い換える必要はありません。
これらのものの殆どが、トレンドを意識してデイスプレイするホテルやレストラン、億ションの盛大なるパーテイーなどに飾り付けられます。
箱根の某クリスタルミュージアムに飾られている今年のサンタクロースは、茶色いお洋服を着ていました。
f0032481_2144931.gif

これらの写真は、11月初旬に六本木で撮ったものです。
12月にはいると、クリスマスカラーの赤と緑に変り、私共にもおなじみのクリスマススタイルに
なるのです。

我家のクリスマスツリーは、娘が幼いときに飾り付けたオーナメントや旅先で求めたものなどで
かなりばらばらな印象のツリーなのですが、家族の歴史が込められてますのでこのスタイルで楽しんでます。
でも必ず、新しいオーナメントを一つ買い求めます。
昨年は黒いオーナメント、今年は茶色いオーナメントという具合に一つ求め飾ることに致します。

といいながら未だ出してません。明日にでも出さないと。
by studiopinot | 2007-11-26 21:34 | 季節の彩り | Trackback | Comments(32)

11月のお教室では

季節が変る頃のお教室は、今月のように3週間にわたると前半の暖かな11月から後半の冷え込んだ気温と変化が激しいのです。
ですから扱うお花も自然と変ってこざるを得ません。
この辺が苦労するところです
f0032481_235414100.gif

真っ赤に紅葉した葉ではなく、お庭の隅やお散歩の途中で見かける空き地で、寒さで自然に葉が朽ちてくる前ってこんなかしらとイメージしてみました。
この写真は、11月前半のクラスです。
f0032481_23543263.gif

11月はボジョレーヌーボー解禁の月です。車以外の方は今年のお味を楽しみます。
毎年「美味しい年」といわれながら昨年はそれほどでもなかったような気がしてましたが、
    今年は美味しい年のようです。  皆さん揃って「おいしい」でした。
f0032481_23544574.gif

今月は和食です。レッスンの始めに、
     「今日は一手間かけるお料理ばかりですよ」と宣言しおきます。
f0032481_23545719.gif

お料理の手のかけ方って人さまざまですね。
さっと全部一緒に煮てしまってもそれは美味しいし、でも下茹でしたり、熱湯をかけてあくを抜いたりしてからさっと煮ると、美味しさが一味違ってきます。  
忙しいときはそこまで出来ませんが、
             一手間かけたお料理のお味を知る事って大切だと思うのです。
             後は、本人の手加減さじ加減です。
此処がお料理の楽しいところかもしれませんね
f0032481_23551642.gif

キャンドルも秋色です。
by studiopinot | 2007-11-22 23:59 | お教室では | Trackback | Comments(52)

里芋のグラタンと^コールラビー(Kohlrabi)

今月から毎週1回、お野菜の宅配が「まんまる農園」から届きます。

「体にも地球にもまんまる、味もまんまるな野菜作り」を目指してお若いご夫婦が頑張ってます。
f0032481_21181517.gif

新鮮な葉野菜が多い事が、不足しがちな我家では、常に取れることになり助かってます。
今週は里芋が入ってました。小粒ですがお味が凝縮されてます。
さといものグラタン
f0032481_21233519.gif

さといもと人参は茹でて、輪切りにし耐熱容器に並べます」。
舞茸、ほうれん草、ガーリックを炒め上に盛ります。パンチェッタを散らします。
上にたっぷりとペシャメルソースをかけ、パルメザンチーズをふってオーブンで焼きます。
f0032481_2123525.gif

狐色にこんがりと、クツクツしてきたら出来上がりです。
熱々をいただきましょう。
コールラビー
まだまだ店先では見かけないお野菜コールラビー。
f0032481_21372134.gif

オランダに住み始めて、最初に行ったスーパーマーケットで山のように積まれ、
綺麗な色に目が行きました。
使い方を聞き、早速調理したのがこのサラダでした。
f0032481_21471446.gif


薄切りにして粒マスタードを効かせたドレッシングをかけていただいたものです。
サラダ鉢に山のように作り、2日間頂き続けたのを覚えています。

今回は、薄切りにしてさっと茹でてます。
そのほうがシャリシャリとして美味しいような気がしました。
スープにしたり、炒めて肉料理に添えたりと楽しんだ野菜です。

ビーズさんありがとう。
懐かしい思い出がよみがえりました。
by studiopinot | 2007-11-21 19:22 | 料理 | Trackback(2) | Comments(30)

柿 を使って

f0032481_1539067.gif
秋の果物といえば、柿とぶどうを直ぐに思い浮かべます。
店頭ではそろそろ柿から柑橘類にメインが変ってきてますね。
以前から柿の使い方に何かあるのではと考えてノートに書いていたのですが、柿がなくならないうちに4種類を作ってみました。

柿のムース 和のお菓子です。
f0032481_16331961.gif

黒豆は柿の種に見立てています。
ムースというとメレンゲを混ぜ込んでふわふわにさせますが、柿のトロミを利用してFPを使いふわふわのムースにしてみました。
f0032481_16334073.gif

これを作るのに何が大変かというと、柿をくりぬき器を作ることです。
後はくりぬいた身、水、ゼラチン、砂糖でゼリーを作りFPにかけるだけです。
柿の千切りサラダ
これは知人に教えていただいた物をアレンジしてみました。
f0032481_1550448.gif

箸休めや、後一品というときさっと作れて、食卓を華やかにしてくれます。
パーテイーメニューにぴったりです。
f0032481_1550535.gif
2杯酢を作っておき、頂く前にかけます。
二杯酢・・・ 薄口醤油 大さじ2、 酢 大さじ2を一煮立ちさせたもの。

柿のキャラメリゼ、キャラメルクリームかけ洋のお菓子
f0032481_1634875.gif


フライパンにグラニュー糖を入れ火にかけて焦がし、柿をソテーします。
器に移し、フライパンの中の、キャラメルにまたまたキャラメルクリームをまぜ、
柿にかけてあげます。
チョコレートの削ったものもぱらぱらと。
アイスクリームがあれば、添えるとより美味しくなりそうです。
柿の白和え
秋の定番の和え物です。
f0032481_15525075.gif

f0032481_1553941.gif

よもぎ麩を焼いて焦げ目をつけ、秋のイメージを作ります。
白和え衣・・・水切りした豆腐1/2、薄くちしょう油小さじ1、砂糖大さじⅠ、練りごま大さじ1/2        の合え衣を作りまぜます。
三つ葉を散らしてます。
白和えを作るときは、材料に火を通すことにより、混ぜてから水っぽくならないようになり、おいしくできますよ。


しつこく柿でしたが、最後まで見てくださりありがとうございました。
by studiopinot | 2007-11-18 16:29 | 料理 | Trackback(1) | Comments(58)

秋晴れ 

この数日間、晩秋とは思えないような暖かで素晴らしい秋晴れが続いてます。
体を動かすのに、絶好の日和です。
お庭も気になるし、一寸ミシンをかけたいものもあるし、それより水回りのお掃除もしなければ。

朝起きて、ブラインドを上げると朝日がキャビネットのうえの雪柳にきらきらと。
この雪柳の紅葉が大好きなのです。華やかさはなく、燃えるような赤でもなく黄色でもなく色付き、はらはらと落ちてゆきます。
       あまりの美しさに写真をパチリと。
                いつまでも飽きない美しさでした。
f0032481_23183986.gif


ゆっくりとミルクテイーなどいただいて、何て訳には行かずばたばたと朝食の準備です。
今週はお教室が続いてます。
               楽しい一日になるように頑張りましょう。

レクシーは、日なたでもうお昼寝です。いえ朝寝ですね。
早朝から起きているレクシーにとっては、お散歩を済ませ、
            お食事が終わるとこの時間はうとうとタイムです。
猫や犬はどうして太陽の恵みであるぽかぽかな日なたを直ぐ見つけるのでしょうね。
太陽の動きにあわせて、移動してます。
f0032481_23214547.gif


いい気持ちそう・・・・
by studiopinot | 2007-11-15 23:25 | 季節の彩り | Trackback | Comments(30)

はじめまして ああでもないこうでもないと

あるお店で、3人でああでもない、こうでもない、うろうろと店内をうろつく事2時間ほど、
此処は  器のながお megさんのお店です。
f0032481_22231565.gif


ああでもない、こうでもないの訳は、あるイベントに 器のながお のmegさんが出店される事になり、ほんの少しの口先だけのお手伝いをさせていただいたのです。
もう一人はazumiさん。

店内には有田焼の器が、日常食卓で楽しめる器から、おもてなしまで使える器と
体育会系美人マダムの手でセンス良く並べられています。
              欲しいものがあちらこちらにありましたよ。
店内の様子は、こちらでお楽しみくださいね。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12月1日(土)     10:00~17:00
ハウスクエア横浜   三栄ハウスモデルルーム
   市営地下鉄中川駅徒歩2分 駐車場あり
お時間がありましたら是非お出かけくださいね。
和モダンdeクリスマスをテーマにmegさんが素敵な食卓を作って下さいますよ。



        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰りにはお土産までいただいて。
秋晴れの今日、ガーデニングの本を広げながら、一つまた一つと。
f0032481_22251598.gif

なぜ私の大好きなゼリーが分かってしまったのでしょう。
バレーボールで鍛えた体と頭脳が冴えているのでしょうね。
f0032481_22265697.gif

             ごちそうさま。
by studiopinot | 2007-11-14 22:27 | ありがとう | Trackback(2) | Comments(22)

冬の定番 豚ばら肉の煮物

寒くなってくる今頃からよく作るのが、豚ばら肉の煮物です。
沢山煮て、汁ごと冷凍保存します。
これが常備されてると、忙しい日、寒くてお台所に立つのを短くしたい日など重宝な常備食です。
豚ばら肉の煮物
f0032481_22513817.gif

2kg煮て、1kgは冷凍庫へ、お大根と人参、を一緒に煮ます。
すり鉢状のこの器は、花岡さんので気に入っておりますが、どうも盛り付けが難しいのです。
少ないと見えないし、多いと形がつかないしで盛り付けのとき悩む器なのです。
f0032481_2251574.gif

お大根は、下茹でしてから肉の煮汁で味を含ませます。
煮汁のお味が濃い目ですので、このようなときはお大根の表面にしっかりお味をつけ中はお大根のお味と色が残っているように煮ました。もう少し煮込んでもよかったですね。
中までトローリとお味がしみこんだのも大好きなのですが、今回は変えてみました。
酒粕風味の味噌汁
f0032481_22521193.gif

先日の鯛の上総蒸しのおなかの中に入っていた、酒粕がとても美味しいので汁物に使ってみました。具は蕪、さといも、ながねぎ、大根、豚肉、残っていた鯛を少し。
七味を添えて。
ご飯は、おじゃこを油で炒めておしょう油を少し落とし、瓶に保存しておいたもの、紅生姜、青葱を炊き上がったご飯に混ぜ込んだものです。
紅生姜が効いてます。
蕪が美味しくなってきました。3時間ほど塩をした簡単な漬物です、
         上に針しょうがを添えてあります。
f0032481_22522639.gif

f0032481_2323728.gif
味噌と酒粕の分量は、酒粕の方が少し多いくらいにしました。

by studiopinot | 2007-11-12 23:19 | 料理 | Trackback | Comments(39)

コアの山登り

毎年秋に、レクシーを連れて山へ行きます。
しかし、レクシーは元気になったものの、未だ皮膚が元の状態に回復してなくて、
傷ついたりする事が怖く、山へ行く事を今年は中止しました。
でも弟のコアが元気に山登りをしてきた写真が送られてきました。
9月に行ったのですが、雪が降っていたそうです。
f0032481_2245875.gif



行先はシエラネバダ山脈、正確にはEastern Sierra mountains。
f0032481_21544276.gif

車にキャンプ用品や食料を詰め込んで、長い長い旅です。
さあー着きました。
コアはトレッキングシューズを履いて、今から山登りです。
f0032481_21542590.gif

靴をはかないと足の平や爪を傷めてしまいます。
f0032481_21554389.gif

雪道でも平気です。
f0032481_2159184.gif

コアは前になり後になり何時間でも、もくもくと歩きます。
f0032481_21595916.gif

此処には綺麗な湖が沢山あり、
今回行った湖は全部3000メートル以上のところにあります。
コアは釣りをしているとそばで、一緒になってじーっとまっています。
時々自分で捕まえようとして湖へ入って行ってしまうのですが、
             そう簡単には捕まえられません。
f0032481_22014100.gif

釣れました。これは鱒です。
             どうやら、この日のデイナーは鱒のようです。
f0032481_2247554.gif


天候が変ってきました。
             嵐の前触れです。
これは荒れそう。
10日の予定を7日で引き上げてきました。

この嵐が、山火事を引き起こした原因の一つだったのです。

お礼
先日のカリフォルニアの山火事の時には、多くの方からご心配のコメントやメールを頂戴いたしました。
幸いな事に、火事も風向きが変ってゆくと同時に納まってきまして、
娘の住む街は難を逃れました。
本当にありがとうございました。
皆様の温かいお心に感謝で一杯でございます。
                                  Pinot
by studiopinot | 2007-11-11 22:35 | カリフォルニアの風 | Trackback

紫芋のレーズンロール

紫芋が九州の知人から届きました。
すっかり浸透している紫芋には、アントシアニンが多く含まれ抗酸化作用があることで注目されているようですね。
紫芋と一口に言ってますが、種類が沢山あるようです。
f0032481_20472596.gif


思いついたのが、以前から作りたかった沖縄の紫芋饅頭。
昨年西表島でお世話になったガイドの大谷さんが、手作りで用意してくださったお饅頭が甘くて美味しかったのが記憶にありいつか作ってみようと思い続けていました。
配合も教えていただいた様にして、紫芋を蒸し.餅粉と砂糖を加えて練り月桃の葉で包むのですが、そこは笹の葉に包み蒸しましたが、違うッこれではないというものが出来上がりました。
f0032481_20545263.gif


そこで発想を変え、蒸した紫芋をFPでペーストにし、砂糖、餅粉を混ぜ平たく延ばしました。
クリスマス用に漬け込んであるレーズンをのせ海苔巻きのようにくるりと巻きます。
f0032481_20561124.gif

ラップに巻いて、蒸すこと30分、冷めるまでに黒蜜を作ります。
きな粉をまぶして、一口の大きさに切り口に運ぶと、
ふわっっとラム酒の香りがしレーズンの甘味と酸味が調和して、美味しい美味しい現代和菓子が出来上がりました。
f0032481_21513641.gif

笹の葉に包まれているのは失敗したお饅頭です。

秘密にしておきたいような美味しいお菓子が出来上がりました。
f0032481_20562589.gif

失敗した紫芋のお饅頭はまたそのうちです。
レシピをご存知の方がいらっしゃいましたら、お教えくださいませ。
by studiopinot | 2007-11-06 21:19 | お菓子 | Trackback(2) | Comments(70)