<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

お花の日 コーデイネートクラス

1月から新規スタートしたコーデイネートクラスは先月までは、
華やかに見えるコーデイネートの裏側にある基本をご説明してまいりました。
f0032481_12131076.gif

今月はフラワーデザイナーの平澤先生をお招きしてのレッスンです。
食卓に飾る花、お部屋に飾る花、お玄関に飾る花楽しみは沢山有ります。
私はお花は各自の感性で、好きなようにいければ良いと思います。
そのためには基本を押さえておくと、大変楽になります。
今回はラウンド型の基本で食卓の中央へ置くフレンチスタイルです。
f0032481_0253884.gif

このようなスタイルで、ご自宅で食卓を飾る事は少ないでしょう。
でも今日のレッスンで、お花と会話しながら、一輪ずつのお花を一番美しく見せてあげる事など
感じていただけたと思います。
f0032481_1214462.gif

最近私が活けるお花は、基本とは大分かけ離れているのですが、自分の気持ちに有っていれば美しいと考えてます。
オアシスも剣山も使う活け方はあまりしません。

大分前の事になりますが、大きなイベントが有り、これにスタイリストとして係らせていただきましたが、その時お花を活けられた川瀬敏郎先生のお仕事振り,お花への情熱、少しも手を抜かない厳しさを目の当たりにし、感銘を受けました。

1週間毎日、早朝に会場に入り、ご自分の活けたお花をご自分で手を入れてらっしゃいました。
それを拝見する為に私も早起きして、会場へ駆けつけてました。

イベントにかかわったと言うより、大きなお勉強をさせていただいた場であったと思います。

お庭の春のお花が、最後とばかりに咲き乱れてます。
そろそろ夏のお花と植え替えの時期です。
                少し摘んで、食卓へ。
f0032481_12251220.gif

    コーデイネートはお花一輪、葉っぱ一枚からスタートです。
by studiopinot | 2007-04-27 00:44 | お教室では | Trackback | Comments(54)

泥パック体験

先日泥パックをしていただきました。
と言ってもこれはレクシーのことです。
f0032481_22503054.gif

青葉台の「Beauty Plus]さんへトリミングに行ったところ、泥パックが半額キャンペーンとやら。

ミネラルをたっぷり含んだ死海の泥で体中をパックし、蒸しタオルで体を包み温め、暫くジーットしているうちに体がぽかぽかしてとってもいい気持ち。毛艶は良くなるのは勿論の事毛穴まで綺麗になると言う。    この言葉につられて。
      というより半額キャンペーンと言う言葉にどーも弱くて。
f0032481_22555056.gif

いかがでしょうか、この美しさ。

でも3時間半じっと我慢して、家に着いたら眠くて眠くて、でもカメラがジーットこちらを見ています。
   またがまんがまん。
f0032481_22565661.gif

早く終わらせて。
f0032481_22571195.gif

もうだめです。失礼して寝ます。
f0032481_22572871.gif

このあと、コンコンと眠り。
目が覚めたら,お腹がすいておりました。
     早くお食事にしてください。
f0032481_22575480.gif

by studiopinot | 2007-04-25 23:07 | わんこ | Trackback | Comments(30)

4月のお教室

4月はイースターの月。ヨーロッパで生活していた時、イースターの頃になると何処のお家も、テラスやお庭にパラソルを取り付け、カーテンを変えたり、壁にかけている絵を変えたりして、
春を迎え、夏を心待ちにするかのように楽しんでいる光景を見てきました。
f0032481_0355114.gif

お教室も春は、ご家族が新しい船出を迎えたり、ご自分のこれからを考えてみたりと、
スタートの時でもあります。
お教室にいらしてくださってから「?年目です」なんて会話もこの時期に良く出てきます。
     私も皆様に支えられて、ここまで続けてこられたと思うと、感謝でいっぱいです。

わさび         バラ        アイビー         オレガノ       スノートップス
f0032481_2145489.gif

人参のスープ
新人参の美味しい季節。沢山作って冷凍しておくと便利です。
f0032481_2236638.gif

レモンとハーブ風味のチキン
ソースはオリーブの実を焼き汁と煮詰めたものです。季節のお野菜筍を素揚げして添えました。
f0032481_22172428.gif

玄米サラダ
煮豆、コーン、胡麻、れんこん、アスパラを混ぜました。
f0032481_23281397.gif

オレンジゼリー
絞った果汁を、温める事を出来るだけ避けて風味を損なわないようにしました。
f0032481_23264639.gif

ププレウルム     クリスマスローズ  ミント          タイム        クローバー
f0032481_21462723.gif

キャンベルの缶に、優しいお花たちを入れてあげました。
by studiopinot | 2007-04-20 22:36 | お教室では | Trackback(2) | Comments(56)

ドライイチゴの続き

今年はドライイチゴを何回も作りました。
昨日、もまた作りました。
それが大変な事に、お昼頃から降り始めた雨にきずかず、あっと思ったのはお夕食を済ませて窓のブラインドを閉めようとしたときです。
雨てびしょぬれのいちごたち、取り入れてももうだめでしょうし、そのままと言うわけにも行かず、
キッチンに運び、水気だけはふきましたがこれどうしましょう。

気を取り直して、いちごのシロップでさわやかな飲み物を作りました。
f0032481_2220463.gif

ほんの少しだけ、苺のリキュールが瓶に残ってます。
これは風味ずけに丁度良いと,ここへドライイチゴのシロップを加えてみました。
f0032481_22201975.gif

これをグラスに注ぎ、グランマニエもほんの少し加え炭酸で割りました。
すっきりとしたさわやかな飲み物です。
f0032481_22203524.gif

懐かしい西麻布のル スフレ(Le Souffle)のチョコレートをいただきましたので、これをお口にポイポイ入れて、懐かしさのあるチョコレートでした。  Yさんありがとう。

Le Souffleの熱々で、ふわふわのスフレがとっても懐かしい。
by studiopinot | 2007-04-18 22:32 | Drink | Trackback | Comments(54)

多肉植物でリース

ここはお玄関の横です。
f0032481_22311243.gif

旅行に出ると、必ずそっと持ち帰るのが石です。
今まではお庭の鉢に置いたりしていたのですが、お花の植え替えをしたりしているうちに
何処の石なのか、もしするとお庭にもともと転がっていたのでは、と言う具合にわからなくなってしまっていました。
そこで、平たくて重い石(名前を忘れました)を園芸店で求め、そこを石の場所に決めました。
   サンタバーバラで買い求めたトンボやてんとう虫、かえるも置いて。
そして、このコーナーを彩っているのが、多肉植物で作られたリースです。
   昨年のクリスマスに我が家に来て、寒さが増すごとに見事に赤くなってきました。
寒くなると赤みを増す種類を集めて作られてます。
   春にベースになるリースに,葉を一枚ずつ植え込んで、成長させるのだそうです。

この多肉植物の自生地はアメリカ大陸です。
これはアメリカでの写真です。ナチュラルな色で纏めましたが、日本で見るより生き生きしていたように思います。     空気が合うのでしょうね。
f0032481_214884.gif

3月のお教室のテーマが、
お弁当を持って野に出て、お弁当を頂くと言う設定でした。
   そのために作ったのがこの寄せ植えです。
終わってから、お庭に出してあげましたら次々とお花が咲き、生き生きとしています。
f0032481_21482149.gif

室内より、外の空気と太陽を浴びて嬉しいのでしょう。
by studiopinot | 2007-04-16 22:06 | 季節の彩り | Trackback(1) | Comments(46)

楽しい花瓶になりました

この缶をご存じない方は少ない事でしょう。
ポップアートの旗手、アンデイー ウオーホール(Andy Warhol)もラベルを描いた
キャンベルスープ缶です。
f0032481_1745567.gif

なんてカラフルで綺麗なラベルなのでしょう。
今までのとは大分違っているラベルを見たときから、食卓に飾ってみたいと思ってました。
4月のお教室でコーデイネートしてみることに。

お花を、ハーブ、アスチルベ、レセダなど小柄なお花で優しい雰囲気に。
f0032481_17461680.gif

こちらは、小さなバラを缶いっぱいに入れたり、4月はイースターの月ですので、鳥と卵も加えて、楽しい雰囲気にしてみました。
ハワイの絵が書かれている缶がとっても面白いのですが、キャンペーンがあったのでしょうか。
f0032481_17463552.gif

トマトスープ缶はまろやかで、スープとしてだけでなく、煮込み物やトマトソースが無い時の代用など、これは使えそうでした。

何故か、日本語ラベルがお値段がお高いのです。

花瓶代わりに良く使うのが、空き瓶、醤油さし、貝など周りにあるものに一手間かけてあげて
花入れに使います。

追記
ドライイチゴの作り方のお問い合わせを沢山頂きました。
ありがとうございます。
お一人づつお届けしたかったのですが、こちらに追記いたしました。
どうぞご参考になさってくださいませ。
また、ご感想などもいただけると大変嬉しく思います


More疲れたときは
by studiopinot | 2007-04-13 17:47 | お教室では | Trackback | Comments(34)

今年も作りました 

無農薬の美味しい甘夏を頂いて、時間が掛かりましたができました~
2種類のマーマレードとピールです。
f0032481_1671889.gif

最初に作ったのが、甘夏ピールです。
f0032481_1614347.gif

乾燥したピールを細く切って、いつでもつまめるように瓶に入れておきます。

次に写真は無いのですが、従来の作り方皮を細く切り実、汁と煮詰めるタイプを作り。

次に作ったのが、甘夏と清見オレンジを丸ごと、茹でて作るタイプ。
プカプカと可愛くて、見ていてとっても楽しいのです。2回茹でこぼし2日間水にさらします。
f0032481_16223522.gif

乱切りにし、フードプロセッサーにかけて砂糖と煮ます。
当然、苦味も強く大人の味・・・と言う感じなのですが、これが美味しいのです。
そして2ヶ月くらいすると、苦味が薄くなり甘さと一体になって、何ともいえない美味しいマーマレードになります。
見た目も、従来のマーマレードとは可なりちがいます。
f0032481_1741152.gif



来年からはこれ一本にとも考えてます。
時間と手間がかかる作業、毎年あきずに作りますが、きっとこのオレンジ色がそうさせてるのかもしれませんね。
砂糖の量は、年々少なくしてきて現在は55%になりました。
お料理に使うとき良くするのが、しょうがの千切りとあわせ一と煮立ちさせて香りを出し、
スペアリブを焼くとき塗ったり、勿論デザートに使ったりと利用します。

              

ドライいちご
昨年も作りましたが、今年既に2回目です。
2パックのいちごもドライにするとわずかなもの。
f0032481_175322.gif


乾燥させている間、お部屋いっぱいに苺の甘い香りが漂い、一つまた一つとつまんでしまうのです。
焼き菓子に入れたり、先日はメレンゲにも入れてみました。
そして美味しい苺のシロップがお土産に残ります。これはゼリーや、炭酸で割ってさわやかな飲み物にします。勿論お酒を少し入れても美味しいですよ。

追記
ドライイチゴ
いちご
砂糖      いちごの重量の40%
1.いちごと砂糖を混ぜ、一日置いておきます。
  底にシロップが出てきます。
2.ホーロー鍋で強火で煮ます。灰汁は丁寧に取って下さい。(弱火でコトコト煮ないこと)
3.いちごの表面の色が、白っぽくなったら火を止め、ペーパーの上に取り出し水分を切って下  さい。
4.耐熱皿、又はオーブントレにーオーブンペーパーを敷き、いちごを並べます。
  100度~120度(オーブンにより最低温度の設定が違います)で30分乾燥させます。
5.天日で乾燥させます。
  状況によりますが4~5日。勿論夜は取り込んでください。
手でつまんで色が手につかなければ出来上がりです。
6.お鍋に残ったシロップは、炭酸で割っって、リキュールをたらしてどうぞ。
  ゼリーにしても美味しいです。

お作りになりましたら、ご感想などコメントくださると嬉しいです。
きっと改良点も出てくることと思います。
by studiopinot | 2007-04-10 16:08 | 料理 | Trackback(4) | Comments(90)

遅いお花見

近くの公園に、やっとお花見に行く事が出来ました。
用事があったり、お天気が悪かったりで、いかれなかったのです。

もう散ってしまい、鮮やかな桜ではない事もわかっていながら、
       大切な行事のように行ってきました。
どうして桜と言うと心が躍るのでしょう。

もう葉がでてます。それでも美しいですね。
f0032481_1831030.gif

紅枝垂れ桜。これはまだ蕾も持ってました。 色がとっても可愛いピンクです。
f0032481_022686.gif


大きな池がありますが、こんなに亀がいるとは。
    亀の甲羅干しです。
どうして皆首を持ち上げて、ヌーっと延ばしているのでしょう。
亀のコーラス隊のように並んでいるのが可愛かった。
でも、正面からじーっと見ていると、飛びつかれそうでなにやら怖ーい。
    亀大好きさんごめんなさいね。
f0032481_0537100.gif


春のお花たち。まだまだ沢山咲いてました。
f0032481_1841418.gif

レクシーも歩きつかれて、休憩。
f0032481_1844984.gif

by studiopinot | 2007-04-08 18:05 | 季節の彩り | Trackback | Comments(34)

イースター

        Happy Easter
f0032481_1628795.gif

8日(日)はキリスト教の、クリスマスと並ぶ大きな行事であるイースターです。
日にちは毎年変わります。
それは、春分後の最初の満月の後の、最初の日曜日と決まっているからです。

卵が必ず登場いたしますが「イースターエッグ」と言われ,生命の始まりと復活の象徴です。
それとうさぎも登場します「イースターバニー」と言われ、多産、生命力を象徴しています。

真面目な信者ではありませんが、クリスマスとイースターは感謝の心でお迎えいたします。

世界中の人々に、神様のお恵みがありますように。
                      Happy  Easter
by studiopinot | 2007-04-08 16:36 | 季節の彩り | Trackback(2) | Comments(8)

海老とグリンピース丼

昨日のひどいお天気の変わり様には驚きました。
午後青山通りを歩いていると、真っ黒な雲が一面を覆い大粒の雨に、幸い地下鉄駅構内に逃げて、一番ひどいときは電車の中、自宅につく頃は薄日が差してました。
一部には雪がちらついたところもあるようですね。
      どうしたのでしょう。最近の自然の変化は。

そして今日は寒いこと、温かくなった後の冷え込みは、また風邪を引くのではといやーな気分になり、買い物に行きたくないしで、冷蔵庫の中にあるものでお昼は丼物を作ることに。
海老とグリンピース丼
f0032481_2138192.gif

グリンピースを沢山入れたのですが、海老で見えなくなってますね。
下味をつけた海老と刻んだ生姜をたっぷり使って、自家製チリオイルで少し辛味もつけ無国籍風に出来上がりました。    レシピは下記に記します。
追記  自家製チリオイルの作り方レシピのご希望が多かったため、下記に追記いたしました。
   
チキンスープオクラ入りとレモン風味
f0032481_2138374.gif

チキンスープにオクラを刻んで入れ、レモンの皮のすり卸をちらしました。
心配しながら入れたレモンの皮の香りがさわやかなスープにしてくれてます。

我が家にとって大切な調味料の一つが左の「石垣島のラー油」と、
ごま油に鷹のつめを数本入れて弱火で数分火を入れ漉した右「自家製チリオイル」です。

「石垣島のラー油」は大瓶を取り寄せていますが、人気商品で届くのに1ヶ月ほどかかります。
複雑なお味にしたいときは、「石垣島のラー油」が一番です。

「自家製チリオイル」はきりっとした辛さで、ほんの少量で効果が出ます。
    今回はこれをほんの一滴つかいました。
f0032481_21385863.gif

レシピ
海老とグリンピース丼
海老(多いほうがおいしいです)   殻と背腸をとります。
    醤油小さじ1、ごま油小さじ1、生姜のみじん切、片栗粉大匙1、のなかで15分マリネしま         す。
グリンピースと姫さやは茹でておきます。
フライパンで海老を焼き、赤くなり始めたら一度取り出し、フライパンをきれいにします。

酒1/4cup、醤油大さじ2、砂糖小さじ2、1/4cupの水をフライパンに入れ温め海老、グリンピース、姫さや、生姜のみじん切を加え、さっと煮て〔自家製チリオイル」をほんの少し加えます。

温かいご飯に汁ごとのせて、葱を散らします。
辛いのが苦手な方は、入れなくても美味しくいただけます。
追記
自家製チリオイルの作り方。
ごま油白(オリーブオイル、グレープシードオイル)  1cup
たかのつめ       5本(種を取り除いてさやのまま)
ガーリック薄皮をつけたまま3個(お好みで入れなくてもけっこうです)

鍋に油とガーリックを入れ、弱火でクツクツ煮ます。香りが出てきたらたかのつめを入れクツクツ5分煮ます。
たかのつめを焦がすと、美味しくありませんので気をつけてください。
冷めたら,漉して瓶に入れて保存します。

今回使用しているのは、ガーリックを入れてません。
by studiopinot | 2007-04-05 22:33 | 料理 | Trackback(5) | Comments(60)