<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

出かけてきます。

大好物のチョコレートを片手に、旅に出ます。ありがとうA さん、Mさん、もうひとりのMさん
一人でゆっくりと頂く事に致します。
f0032481_16553834.gif

ここ数日、トランクを出したりして忙しくしているためレクシーと遊んであげる時間が有りません。
私がお台所にいる時も、ジーットジーット見ています。何かを感じているのでしょう。

f0032481_16583799.gif

Blogの更新も試みてみますが、mityさんやrainyさんのように遠隔操作は
理解不能、きっと出来ないと思います。
        その時は帰国してからにいたしますね。
f0032481_1723094.gif

by studiopinot | 2007-01-24 17:08 | | Trackback | Comments(44)

100万円  わんこです

100万円。
何の値段か分かりますか。
f0032481_2162498.gif

そうです。このわんこのお値段です。

犬とものKさんから、青葉台のペットショップに100万円のトイプードルがいるとmailが入りました。
100万円のワンコってどういうのでしょう。
青葉台に今日は用事もあるので、勿論カメラ片手に(コンパクトデジ)飛んでいきました。
f0032481_218582.gif

958,000円に値段が下がってました。
パパが日本チャンピオンとか。そしてこれだけ小さなトイプードルは珍しいそうです。
3ヶ月半で700gだそうです。ポケットに入ってしまいますね。
f0032481_2191134.gif

自分につけられた値段も知らず、こっくりこっくりと。
早くいい飼い主さんに引き取られて、ゲージから出してもらいなさいね。
f0032481_2111840.gif

手のひらに乗ってしまいそうに、小さな小さな子。
シルクのベッドで寝るようになるのでしょうか。
f0032481_21114872.gif

隣のゲージではダックス君がお昼寝中。何かほっとしました。

オランダに住んでいたとき、大きなスパニエルを飼いました。
ワールドチャンピオンの子供でした。
店頭で売ることを禁止されていて、しかも生き物に高い値段をつけてはいけないという決まりが有り、10万円もしませんでした。
 日本の事情は良く分かっておりませんが、
              とても考えさせられた今日でした。
by studiopinot | 2007-01-23 21:09 | わんこ | Trackback | Comments(39)

おから料理

一時期は見向きもされなくなっていたおからが、健康志向ブームで数年前から息を吹き返しています。
f0032481_18444882.gif

脳の老化防止(私には一番必要)、食物繊維が多いので便秘予防、搾り出した後とはいえ蛋白質も含まれています。
今月のお教室で作りました雪花菜(きらず)和えです。卯の花和えが春に使われる季語ですが、雪花菜(きらず)和えは同じおからを利用した和え物でも冬に使われる季語です。

日本料理は同じ素材の料理でも、季節によって呼び名が変わってくるものがいくつか有ります。

四季の移り変わりと、食を結びつけて楽しむ日本人の心なのでしょう。
f0032481_19332472.gif

少し手間がかかりますが、おからを漉してそれを、鍋で丁寧に炒ります。そのとき酢、砂糖、塩、で調味します。さらさらになるまで炒ったおからを、しめ鯖、人参、大根、しめじと和えました。
f0032481_1913913.gif

おから入りちじみ
hiroさんの人参と干し海老のを拝見してから,気になっていたちじみ。同じように人参と干し海老、そこにおからを混ぜて作ってみました。
f0032481_1859527.gif

そうですね、複雑。入れないほうが美味しかったかもしれません。

おからの炒り煮
f0032481_1905429.gif

定番の炒り煮です。各ご家庭で入れる具もいろいろな事でしょう。
今日は、干し海老と戻し汁、人参、しいたけ、ながねぎ、冷蔵庫に残っていた豚挽肉を入れました。
おから    300g
砂糖     大さじ1.5
薄口しょうゆ 大さじ4
海老戻し汁 600cc
醤油と長ねぎは最後に加えます。
by studiopinot | 2007-01-21 19:27 | 料理 | Trackback(1) | Comments(25)

新年のお教室では

あけましておめでとうございます。
今年初のお教室です。

皆様それぞれが、ご家族そろって向かえたお正月、旅行先で迎えたお正月、ご主人のご実家で迎えたお正月などさまざまな形で祝った様子が、ほのぼのと伝わってきまして、
今年初のお教室がとても和やかでした。
食卓は、新春をイメージして、クロスはブールーグレーの優しい色を選び、花器は竹屋さんで太目の竹を切っていただき、2個並べました。

新年、お祝いの食卓ですので、器も磁器ものを多く使ってます。
f0032481_23124054.gif

お献立は、手まり麩雪見仕立て、みぞれ煮、雪花菜(きらず)和え、
大豆とおじゃこのあえ物、漬物、   うなぎのちらし寿司  百合根紅白梅
f0032481_23131062.gif

江戸元禄時代の大鉢に盛ってみました。
f0032481_2314129.gif

f0032481_23144196.gif

いつもながら、和食は手間がかかりますので口数もいつもより少なくなり、受け持ったお料理を
レシピーと にらめっこしながら作られてる姿はベテラン主婦さんも、若手主婦さんも同じで、差は何も有りません。
今年も楽しいお教室に致しましょう。 
by studiopinot | 2007-01-19 23:48 | お教室では | Trackback | Comments(31)

手まり麩

手まり、と聞くだけであの綺麗な糸で作られた、あざやかな手まりが目に浮びます。
今日届いたのが、本物の手まりのように色鮮やかで、大きさも5cm近くあります。
いつもお願いしております「ふ吉」さんのお品です。
もう○十年のお付き合いになります。

六本木の大通りから少し入ったところに、昔ながらのたたずまいで営業されてます。
殆どが料亭など専門店をお客様にしておりますが、お取り寄せも出来ますし六本木へ出たときは立ち寄ってみたりもしております。
f0032481_2381699.gif

お吸い物にしてみました。菜の花が春を、そして長ねぎを小さな角に切り雪に見立てました。
季節を取り入れながら、見立てていくのは日本料理の楽しく美しいところ、こういうことを考えるのがとても楽しいのです。
f0032481_239127.gif

5cm近くもあるこの手まり麩の中には、薄くお味付けされた鶏挽肉が入ってます。
ですから、ボリュームもあります。
f0032481_23121572.gif

うなぎのちらし寿司。
すし飯にはみじん切のしょうがを混ぜ、菜の花、うなぎ、炒った松の実と浅草海苔の細切りを上に盛りましたが、???
錦糸卵を忘れてることに写真を見て気が付きました。。
f0032481_2394155.gif

錦糸卵がないと寂しいですね。  何か物足りないと思っていたのでしたがこういう事でした。
by studiopinot | 2007-01-16 23:27 | 料理 | Trackback | Comments(37)

鏡開きの日に

f0032481_12282.gif
昨年末に,姉からお酒が届きました。
最近夫が好んで飲んでいる蕎麦焼酎です。

2本は「雲海」で、後一本が、この美しい色をしたボトルの「マヤンの呟き」という宮崎県のそば焼酎です。
どちらかというと、中身よりこの美しい色のボトルが気になってましたが、今日は鏡開き、
新年の新たな出発、行事はじめの日に開けました。

ボトルに室内のごちゃごちゃが写ってます。yonech先生これはどうしたらよいのでしょう。

アルコール度が38度と高めが気にはなったものの、お湯割でほのぼのといただきました。


f0032481_1283061.gif

酒の肴は蕎麦がきです。そば粉を湯で練って、それを湯の中に落として引き上げわさび醤油で頂きました。  今日の蕎麦がきは練った後、手で丸めてます。

f0032481_12352033.gif

鏡開きの日には、鏡餅を下げて割ってお汁粉やお雑煮にしていただくのですが、今年はもう少し乾燥させてあられにしてみるつもりです。
お汁粉には、やはり蕎麦がきを花形にして入れてみました。
蕎麦がきのふわふわもちもち感が、これは美味しい!
by studiopinot | 2007-01-14 12:31 | Drink | Trackback | Comments(24)

幸せな朝食

朝食に おいしいおいしい パンをいただくと、今日一日がとっても楽しく幸せに過ごせそうな気がしてしまうのは私だけでしょうか。

この方が、幸せになる おいしいおいしい パンを焼いてくださいました。
このまま飾っておきたくなるように、綺麗に焼けたクグロフブレッドです。
f0032481_1191298.gif

早速朝食に頂きました。 お野菜たっぷりスープと共に。
f0032481_1115378.gif

今日は、一日PCの前でレシピー作りです。
クグロフブレッドがさわやかな元気をくれました。

chakoさんごちそうさま。
by studiopinot | 2007-01-12 11:18 | 料理 | Trackback

Photo 教室

先日は、空間日記のyonechi先生のPhoto教室へ行ってきました。
お料理やコーデイネートの関係で、勉強の為に出かけることは良く有りますが、写真を学ぶ為にお教室へ行くなんて考えても見なかった事で、ドキドキしながら出かけてまいりました。でもyonechi先生の気さくなお人柄と、ご一緒した3人の方々も大変気持ちのよい方ばかりで、緊張しながらも楽しく、受講させていただきました。
f0032481_2275348.gif

f0032481_2281810.gif

ピント合わせががいかに大切かを,例を拝見しながらのレッスンは大変お勉強になりました。

とてもおもしろくて、写真の世界にのめりこみそうですよ。
宿題も出てました。忘れないようにしなければ。
by studiopinot | 2007-01-11 22:16 | Photo | Trackback(1) | Comments(26)

変わり七草粥

今日は1月7日は、5節句のひとつ「人日の節句」です。そして「七草粥の日」です。
神への感謝と新年を無事に迎えられた事への慶びをこめた行事です。

もともとは中国から来た行事ですが、無病息災を祈り、春の七草「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」を入れて炊いたお粥をいただきます。
現代に置き換えると〔ビタミン補給」なのでしょう。

我が家も毎年必ず作りますが、美味しいという言葉が聞こえません。で考えたのがれんこんまんじゅうを作るために摩り下ろしたれんこんを、1/3ほど取り分けお粥にまわすことにしてみました。  吸い地より少し濃い目にした汁に卸したれんこんを加え、溶き卵を回しいれて、炊き上がったお粥の上に流します。
変わり七草粥
f0032481_2104032.gif

見た目は、とろろご飯のような感じですがお粥に、メリハリがついておいしいものになりました。
最近は、鶏肉団子や白身のお魚を入れたりして楽しんでるお家も多いとか。
f0032481_2111219.gif

れんこん饅頭
f0032481_2115771.gif

摩り下ろしたれんこんに、海老ときくらげを入れて、ラップに包み蒸した物です。
かけ汁に海老の刻んだ物と、菜の花をそえて春のイメージにしてみました。

百合根の茶巾しぼり
f0032481_2123867.gif

水分をとばしすぎて、少し固めです。茶巾を作るとき、こりずに度々繰り返す失敗です。
  金塚晴子さんのレシピを参考にしてます。
by studiopinot | 2007-01-07 21:29 | 料理 | Trackback(3) | Comments(51)

レクシーより新年のご挨拶

皆様あけましておめでとうございます。
   今年も、時々登場させてもらえるようです。
         よろしくお願い致します。  
     頑張りすぎず、 さぼりすぎず。  わん!  
                                 Lexi
f0032481_1247508.gif

今年はレクシーは働く年よ!    と言われております。
          先ずは新聞の運びやです。

*************************************************
この3日間、私は実にのんびりと過ごしました。
何をやったかと言うと。
Kさんからいただいた、大好きな開新堂のクッキーをおともに、お紅茶をいただいていましたら冬の陽射しが食卓に差し込んできました。 あまりの美しさに。
f0032481_20131215.gif

小さなちいさな、抹茶メレンゲとチョコクッキーを並べて遊んでみました。
f0032481_20134182.gif

暮れに頂いたいちごを早く使ってあげないと、新鮮さが失われてきましたのでイチゴコンフィを作ってみました。
f0032481_20144091.gif

初焼きはヨーグルトケーキです。中にいちごコンフィを混ぜて。
このような素朴な焼き菓子が大好きです。昨年は思うようにレパートリーが広がらなかったのですが今年はレシピーを増やしていきたいと思ってます。
f0032481_2015528.gif

お正月ですのでお庭のお花を添えて、新年の雰囲気に飾ってあげてみました。
f0032481_20153630.gif

イチゴコンフィが少なすぎました。これではさみしいですよね。
ヨーグルトとレモンで甘すっぱくて、好みのお味です。

やらなければいけないことが山積みです。
遅くなってしまいご迷惑をかけている方々にも、明日から始動致しますのでよろしくお願い致します。
by studiopinot | 2007-01-03 12:48 | わんこ | Trackback | Comments(40)