<   2006年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

20年ものの梅酒

こんなに濃い色をしていますが、梅酒です。20年以上の年月を経ると色が濃くなり、お味は凝縮されて
体に良いって感じの飲み物になっています。
数日前たのしいな・うれしいなのrainydayhさんが10年以上たってる梅シロップをご紹介してらっしゃいましたが、
やはり黒っぽい色をしていましたね。

物知りな方がいらした時に、大切なアンテイークのグラスに、梅酒をそそいで自慢げに
お出ししましたら、一言「これは素晴らしい」「シェリー酒に似ている」ともおっしゃりお飲みになりました。
その後、その方の目は、梅酒が入っているウイスキーの瓶に釘ずけになりました。
しばらく縦から横から眺めてからおっしゃるには、
f0032481_18501751.gif

「最近のボトルは模様が省略され、つまらない物になっている、この40年前のボトルは大切にした方が良い」と。
気がつかなかったことでしたが、その後早速チェックをしてきましたら、確かに粗い模様でつまらないボトルになってました。

香水をコレクションしていた時期があって、古い香水瓶は手がかかっているのがよく分かっていたのですが、
ウイスキーのボトルもとビックリ致しました。それにこのボトルが40年前のとは驚きました。
どうやら夫がいただいてきたもののようです。
本当は、中身ごとその方に差し上げようかしらと思っていたのですが、急遽取りやめ、口に出さないでよかったです。
f0032481_1851271.gif

今年漬けた梅酒です。写真は漬けて10日後のものです。
同じ種類ですので、プラムを3個加えてみました。(NHK今日の料理参考)
何時もの梅酒とどのように違うのか楽しみです。
この梅酒を綺麗なボトルに少しいれて保存してみましょうか。皆様もこんな楽しみ方をいかがでしょう。
5年後、10年後皆さんでくらべっこをしたりして。
by studiopinot | 2006-07-31 17:16 | Drink | Trackback(1) | Comments(15)

やっと晴れました。土用干しです。

長かった雨のシーズンも、終わったようです。昨日の予報では梅雨明けは少し先のようなことを言ってましたが、
強い日差しがでてきました。さあ例年より遅い土用干しです。
f0032481_12374698.gif

昨年漬けた梅干が、おいしくしあがらなかったので、今年はお休みしようかしらと思ったりもしたのですが、
矢張り漬けました。毎年の行事って気になりますね。特にこの梅仕事は。
かめの中の赤梅酢にも、充分太陽を浴びさせてあげると、透明感のある綺麗な赤梅酢が出来上がります。
赤紫蘇は乾燥させて細かくし、ゆかりにします。

完熟してない梅も少しですが漬け込んだのが原因で、これらは赤紫蘇の色の染まり方が悪いようです。皮も固めです。
このように、毎年反省材料が出てきています。
f0032481_12503057.gif

太陽を浴び始めて一時間くらいすると、もう表面が白っぽくなってきます。
一日一回返してあげながら、三日三晩そのまま干すのが理想のようですが、夜、雨が降ったら何て考えてしまうと
出しておけないのです。でも一晩だけは出しておきます。これをすることにより皮が柔らかくなるそうです。

干し終わった梅干は、勿論直ぐいただけ、新鮮な風味を楽しめますが、私は塩なれするまで、一年間密閉容器に入れ保存します。
以前、NHKのきょうの料理でも梅干の漬け方をなさってらっしゃる,都築美佐子さんのお作りになった梅干を、
二粒頂いたときの感激は言葉では表せないものがありました。
梅と塩の関係が一体となりなんともまろやかなお味を出していたのです。

それからは、15%の塩を18%に塩梅し、まだまだ程遠いお味ではありますが、気がついたらとってもいい塩梅に出来上がっていた。
なんて事になるように願いつつ、続けております。

さあ、今年の出来はどうなるでしょうか。

その他の梅仕事は、また後ほど。
by studiopinot | 2006-07-30 13:22 | 料理 | Trackback | Comments(8)

レクシーのお誕生日

7月27日はレクシーのお誕生日です。もう5歳になります。5歳ともなると、遊ぶより寝ている時間が長くて、いたずらな1歳、2歳の頃が懐かしくなります。
オランダスタイルで、わんこのお誕生日の日は、一日リボンをつけます。いやがってリボンの形が綺麗に整えません。
今日にそなえて、トリミングも行ってきましたよ。モヒカンカット風なのですが・・・見えますか。
これからもよろしく!
f0032481_1461187.gif

お豆腐を使ったバースデーケーキを作ることになっていたのですが、私が風邪を引き、しかも暑い中を飛び回っていたものですから、
長引き今回は鶏ささ身ジャーキーにかわってしまいました。
f0032481_14105811.gif

160度でゆっくりと乾燥させます。5本作ったのですが撮影の時には3本に?

生後 1週間。どれがレクシーかわかりますか。一番奥です。
f0032481_1429332.gif



        Lexi and KoaのHPはこちら。
by studiopinot | 2006-07-28 14:19 | 気になったこと | Trackback(1) | Comments(29)

さつま揚げとトマトの無国籍丼

やっと、長雨も終わりそうです。暑くなればなったで、暑い暑いと連呼してしまうのですが。
今日の夕食は一人ご飯です。冷蔵庫を見ると何か色々半端な物が残ってます。サラダにして、
頂くには少し・・・のミニトマトがあります。さつま揚げもありました。でまかない丼を作ることにしました。
f0032481_1843397.gif

トマトは半分に切りオリーブオイルで焼きます。塩コショウして取り出し、薄切りにしたさつま揚げを両面焼き、
そばつゆをからめます。
黒米をくわえたご飯にトマトをさっくり混ぜ、器に盛りさつま揚げとそばつゆを上にかけます。
葱をちらして出来上がりです。無国籍丼ですが、もちっとした黒コメ入りご飯とよくあいました。
f0032481_18523568.gif

トマトはこんな感じになるまで、フライパンで両面を焼きます。
by studiopinot | 2006-07-25 18:55 | 料理 | Trackback | Comments(24)

旬の魚、鱸のハーブ焼とレンズ豆のサラダ

鱸は今が旬。といっても天候のせいか例年より少しお値段が高めです。一尾はとても無理なので切り身を使いました。
鱸のハーブソース焼
f0032481_1646279.gif

鱸に塩胡椒をして、皮めに切り目をいれるのを忘れずに。
パセリ、バジル、ローズマリー、ガーリック、ケイパーを微塵にして、オリーブオイル、塩コショウで調味します。
鱸を皮面から、フライパンの中のオリーブオイルをかけながら焼きます。取り出して皮面にハーブソースをたっぷりのせて、
身のほうを焼きます。同じようにオリーブオイルをハーブにかけてあげながら、火が通るまで焼きます。
沢山焼く時はオーブンを使うと良いでしょう。
レンズ豆のサラダ
f0032481_16591057.gif

レンズマメを茹でておきます。たまねぎの薄切りをオリーブオイルで気長に丁寧に炒めます。
コリアンダーシードをつぶし(とてもよい香りがします)、ミニトマト、レンズマメをくわえ炒め、塩、胡椒で調味します。
今回は鱸にそえましたが、単品でも良いですし、パンにのせてもおいしくいただけます。
f0032481_1771077.gif

レンズマメ(Lentil)
別名ヒラ豆と言われており、スープやサラダなど幅広く使えます。
インド、トルコ、シリアなどアジアで生産されてます。
短時間で火が通りますので、便利な食材です。

by studiopinot | 2006-07-24 17:00 | 料理 | Trackback | Comments(11)

今月のお教室では・・・嬉しい事が

例年にないような、蒸し暑い日が続く中、皆様汗をかきながらいらしてくださいました。
そしてお教室では嬉しい事で、話題集中です。それは、Mさんから、おめでたのご報告があったのです。
ご夫婦の、長い間の願いであっただけに、お喜びも大きく、治療のつらさも伺っておりましたので、
私にとっても大変嬉しい出来事になりました。背が高いMさんには、高いところの物をとって
いただいたり、フットワークがよい方ですので、色々お願いしたりしてきたのが急に「どうぞ座ってらして」なんて
皆でいたわりだして、本人はつわりもなくケロッとしていたり、とても嬉しいお教室になりました。

そして病院で診察のたびに下さる、胎児の写真にまた感動したのです。まだ5cmくらいの胎児の手も足も指までわかります。
病院で見るときは、動いてる手足や、指をしゃぶっているような動きまで見せてくださるそうです。
?十年前の私には考えられない事で、医学の進歩の驚きと、命の尊さをかみしめるように拝見しました。

Mさん、おめでとう。  乾杯
ブラッドオレンジジュースとスパークリングワインを半々に。
f0032481_21225298.gif

今月のメニューは、夏野菜中心のメニューです。
そら豆スープ(冷製)、夏野菜のグラタン、トマトとレンズ豆のサラダ、鱸のバジル焼、いちごのホットシャーベット。
f0032481_101255.gif

ぎぼうしをアクセントに。
f0032481_105206.gif

by studiopinot | 2006-07-18 10:30 | お教室では | Trackback | Comments(18)

ホットキッチンのhalinaさん・Barca a Velaのippopotamooさん

mityさんの「人生はダイヤモンドゲーム」なんて言葉に魅せられて、ついついバトンを受け取ってしまいました。
初めての事なので、何かとても大変そう。少しアルコールなど入れるとエンジンがかかるのではと、
作ったのがブラッドオレンジジュースとスパークリングワイン同量をミックスさせたものです。
名ずけて[バトン ドリンク」、口当たりよく何故かとてもいい気分に。勿論きりりと冷やして。
f0032481_14481345.gif



受け取ったバトンは、何方かへきちんとお送りしなければいけませんね。
では、海外組のホットキッチンのhalinaさん、Barca a Velaのippopotamooさんにお渡ししたく、
お受け取り下さいませね。
この「バトンドリンク」もいっしょにお渡したいのですが、
途中でこぼれるといけませんので、気持ちを受け取って下さいね


エンジンガかかってきました。
では、バトンを。
1.・・・・回してくれた人の印象
    麦畑のむこうのmityさん。何気なく書いてらっしゃる記事にウイットとしなやかさを感じます。

2.・・・・周りから見た自分は?   
   おとなしげで優しげに見えるらしい(本当は牙を研いでいるのですよ)
    小さなことにこだわらない。

3.・・・・自分の好きな人のタイプ
     前向きな人
     温かい人
     適切な助言が出来る人

4.・・・・嫌いなタイプの人は  
     陰口が好きな人
     相手の心を、必要以上に覗ききたがる人
     前向きでない人

5.・・・・自分が」こうなりたいと思う理想像     
     自然体で生きてゆける人(強くないと出来ないと思いますので)
     容姿・・・沢山あって書ききれません。

6.・・・・自分のことを慕ってくれる人に叫んで
     わんこのレクシーに
     [まー、なんていい子」

7.・・・・大好きな人にバトンタッチ      
     海外から楽しいお話と、お料理を届けてくださってるhalinaさん、
     ippopotamooさん、バトンを受け取って下さいませね。

8.・・・・タイトルに回す人の名前を書いて、びっくりさせてください
     了解   ビックリしたお顔をみてみたいです。

 
by studiopinot | 2006-07-16 15:35 | Trackback(1) | Comments(8)

梅シロップとアイステイー

昨年作った梅シロップ、味が練れて大変おいしくなってます。
そして、大分少なくなってきました。今年仕込んだ梅シロップが、おいしくなるまで大切に使います。
f0032481_15201862.gif

ここ数日の暑さにどうしても冷たい飲み物が多くなりますが、梅のエキスが暑さで疲れた体を助けてくれるような気がして、
アイステイーに梅シロップを入れてます。紅茶と梅シロップ、相性が良いようです。
アイステイ-のお供は、大好きな開新堂のクッキーです。
この小さなメレンゲは,1cmほどの可愛いメレンゲです。
f0032481_15145490.gif
丁寧に作られた小さなクッキー、このお味はいつもほっとさせてくれるお味です。
by studiopinot | 2006-07-15 15:24 | Drink | Trackback | Comments(22)

英国紅茶のおいしい誘惑

知人のお嬢様が、紅茶のご本を出されました。
日本紅茶協会で勉強なさり、インストラクターの資格を取られた後、渡英し更に勉強を重ね
[紅茶の愉しみを広めたい]と現在ロンドン近郊で紅茶教室を開校、レストランなどの紅茶業務にかかわっておられます。
著者   スチュワード 麻子
出版   河出書房新社
f0032481_15265182.gif


アフタヌーンテイーが楽しめるテイープレイスや、
良い茶葉が買えるお店など、
其処で生活しているからこその情報を紹介してらっしゃいます。
勿論紅茶の入れ方やスイーツのこと、
テイータイムのためのセッテイングなどなど・・・・

紅茶にご興味のある方、これからロンドンへと考えてらっしゃる方如何でしょうか。

by studiopinot | 2006-07-15 14:44 | 気になったこと

今年は天候異変といわれておりますが、梅雨だというのに雨があまり降らず、ただ毎日蒸し暑いのです。
異常なくらい蒸し暑いのです。

日本では涼を求めるのを、例えば風鈴、すだれ、うちわ、打ち水などで日々知恵を働かせ生活してきました。
これってとっても風情があり、美しささえ感じます。でもこの数日の暑さをこれでは凌げないでしょう。
だからといって、1日中クーラーをきかせその中で生活するのも、一見快適そうですが体調を崩す事になりそうです。

時には、目で涼しさを感じるように、涼しげな色のお花を集めてみました。
この時期のお花の管理には、気持ちを入れてあげないとかわいそうなのです。
f0032481_228174.gif

食卓のお花も、色のないお花で涼しさをを表現し、高さも押さえて目の邪魔にならないように入れてあります。
f0032481_22122551.gif

by studiopinot | 2006-07-13 22:28 | 季節の彩り | Trackback | Comments(25)