<   2006年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

これ、蒸篭です。

これ、枡のように見えますが、蒸篭です。
1合もない、可愛い蒸篭で、ご飯はもちろん、お菓子を入れたり、酒の肴を入れたりとしています。
今日は吹き寄せを入れて、友人とお茶の時間です。
f0032481_11461341.gif

お米から炊くのには,ちょっと手間がかかりすぎるため、炊き上がったご飯を入れて、
蒸します。蒸篭まで熱々になり楽しめます。
f0032481_1151354.gif

8cm×6cm程のサイズですので、男性のお客様の時はご飯は無理。
こんな小さいのに入れないでと言われてしまいます。専ら珍味を入れてます。
by studiopinot | 2006-04-30 11:50 | 器の棚 | Trackback | Comments(14)

筍ざんまい

旬の食材、筍は既に何回も食卓に登場してきましたが、そのうちでも良く作る筍料理。
先ず茹でるのと、そしてオーブンで蒸し焼きにするのと、二つの方法で火を入れました。
オーブンで蒸し焼きにした筍を、熱々のうちにお醤油でいただきます。
f0032481_2142734.gif

小ぶりで柔らかそうなのを選び、ホイルで包んで新聞紙をぬらしたものを下に敷いて、焼きます。
焼きあがってから、二つに切ったところ。湯気が写りませんでした。
f0032481_2153371.gif

大根の卸し汁を使って茹でたものを、サラダにしました。まぐろ、アボガドとあえて。
まぐろは、湯引きして氷水にとった後、お醤油に30分漬け込みます。
オリーブオイル、レモン汁、ワインビネガー、醤油(少し)のドレッシング。
f0032481_221769.gif

いつもの筍ごはん。 筍が柔らかく香りもよかったのでお味は、薄口しょうゆを少しだけにして、筍の味を大事にしました。
油揚げは油抜きして、こまかく刻んで入れてます。
f0032481_2253696.gif

写真を取れませんでしたが、固いところは卸して、お味噌汁に入れました。
by studiopinot | 2006-04-28 22:00 | 料理 | Trackback(1) | Comments(24)

お教室では・・・分けとく山でお食事

今日のお教室は、場所を移して南麻布の「分けとく山」での1日です。
f0032481_21292241.gif

入り口正面にも、お部屋が用意されています。左側が分けとく山になります(ガラスが少し写っています)今日は、外にテーブルを出してお食事の予定でしたが、肌寒い日でしたので、室内でお食事をいただくことになりました。
f0032481_0202969.gif
昼の営業はなさってなく、又野崎さんは大変お忙しくてらっしゃるのですが、無理をお願いして、お昼のお食事を楽しみながらのお勉強の日にさせていただきました。
お料理は、毎回季節のものをふんだんに使ってくださり、素晴らしいの一言に尽きます。

皆様の色々な質問にも、丁寧に教えてくださり、煮魚についての質問では鍋と材料を急遽そろえて実習までしてくださいました。

筍の茹で方にも目からうろことはこの事、というこつを教えていただきました。

毎回思うことは、野崎さんのにこやかな笑顔に迎えられ、料理人を目指す若い方たちの接客が、きびきびととても気持ちよく、お食事が楽しめるように動いてくださるのに感心し、野崎さんのご指導が行き渡っている事を感じさせてくれます。

そして、最後に「皆さんは、お家で家族のために、もっとお料理を作って下さい」とのお言葉で、当たり前のようで、当たり前になってない現実に、大切な言葉として受け止めました。く

                   お献立のうちの、ほんの一部の写真です。
f0032481_2274898.gif

おいしいお食事をいただきながら、そしてお話を聞き漏らすまいとしながらの撮影は、
不器用な自分には、無理だったようで、良い写真が撮れませんでした。
野崎さん、分けとく山の皆様ありがとうございました。
by studiopinot | 2006-04-26 22:28 | お教室では | Trackback | Comments(28)

再度 オレンジパウンドケーキ

先日の、膨らまないパウンドケーキがこのままでは気になって、で又焼きました。
アーモンドプードルの分量を少なくし、バターの扱いに気をつけて、できました。
膨らんだ、おいしいケーキが焼きあがりました。
アドバイスくださったhiroさん、soleilさんありがとうございました。
f0032481_21533811.gif

上にピールのコンフィを細く切って飾りました。
f0032481_21564452.gif

あんなに沢山作ったマーマレードもそろそろなくなりそうです。
もう1回、焼く予定です。それで自家製マーマレードを使ったオレンジケーキのレシピも出来上がることでしょう。
by studiopinot | 2006-04-25 22:01 | お菓子 | Trackback | Comments(12)

お教室では

毎年、重症の花粉症で悩んでる方も、今年は大変楽だったようで、お迎えするこちらも、ほっとしております。
IL DIVOという男性グループが出しているCD(これなかなかですよ)の話から、年金の話まで話題豊富に楽しいお教室になりました。
でも調理中は、きちんと集中してます。でないと想定外のお料理になったりしますからね。
f0032481_21341679.gif

メニューは旬の素材、これから活躍する素材など取り合わせて。
パプリカのマリネ、パステイツイオ、クレープ、たけのこの卵黄ドレッシング和え。   
f0032481_12241542.gif

この時期は、食卓のお花も庭で咲いてるお花を利用でき、とても嬉しいシーズンです。
f0032481_21375084.gif

by studiopinot | 2006-04-24 21:48 | お教室では | Trackback | Comments(16)

ガーデナーのつもり

まず、草取りからはじめて、葉や枝のチェックをして、肥料を上げて、よいお花を咲かせてね、とお願いをし、最後は消毒です。
この消毒が問題で、大きな木は植木屋さんにお願いするのですが、バラは回数が必要です。
でもレクシーが居るので、1週間に1回は体によくないと考え木酢液を主にしてできるだけ、消毒薬の回数を少なくしています。特にこれから夏にかけては、病気、虫退治との戦いです。
日本の気候がどうしてもこのようなことになってしまうようです。   皆様はどのようにしてらっしゃるのでしょうか。
               エリカとローズマリー                   
f0032481_13232286.gif

        そばのスプラウト(そろそろ収穫できそうです)、 タイム、 山椒の花の蕾。                  
f0032481_13591419.gif

f0032481_1454095.gif

         色ずいたバラの蕾、 クリスマスローズの種(もう少し膨らんだら袋をかけます)
f0032481_1463540.gif

          テイータイムも忘れずに。先日焼いた膨らみそこねたオレンジケーキと紅茶。
f0032481_14141642.gif

by studiopinot | 2006-04-23 13:09 | 季節の彩り | Trackback | Comments(12)

お花からもらうもの

小さなお庭ですが、ここで草木と接していると、ふっと力が抜けて、気分転換がはかれます。
沢山の癒しを、草木からもらっているのでしょう。

kazさんの、力強いガーデナーぶりに刺激を受け、
週末はお天気も良さそうですし、冬、手入れをしてあげなかったバラが気にかかってますので、
2日間お庭の手入れの日にしました。
f0032481_90149.gif

沢山咲いている、クリスマスローズの種のとり方を,
mshin11さんから教えていただきましたので、これもやらなければ。
今まで、種が出来ている事さえ知らなかったのです。

もう、後戻りできないお肌のために、日焼け止めクリームをしっかり塗って。
by studiopinot | 2006-04-22 09:06 | 季節の彩り | Trackback | Comments(20)

オレンジパウンドケーキ

久し振りにパウンドケーキを焼きました。
中にはマーマレード入れて。
f0032481_21312912.gif

いつもとは分量を変えて、アーモンドプードルを多くしました。
が、どういうわけか、膨らみが悪いのです。何が悪かったのか、
きっと、分量のバランスが悪かったのかもしれません。
それとも、火加減を間違えたとか。

でも、お味は今まで作ったオレンジケーキとくらべて、ずっとおいしいのですが。なぜでしょう。
オレンジのシロップを塗って、香りとつやを出して。
f0032481_2136574.gif

f0032481_21423224.gif
レクシーは、うっかり落としてしまった生地のお掃除係りです。
いつも下で、待ち受けてます。
by studiopinot | 2006-04-20 21:45 | お菓子 | Trackback | Comments(19)

クレープ・・・貴婦人のレースのハンカチのように

コンフィを沢山作り、何に利用していくか考えるのはとても楽しいことです。
今月のお教室で、デザートにクレープを焼きますが、
このソースにマーマレードを使うことにしました。ジュースを煮詰めたのとは異なる、
コクのあるおいしい、おいしいソースができました。
アイスクリームを中にはさんで、オレンジといちごのキャラメリゼをそえました。
f0032481_16345066.gif

?十年前、ロシア貴族の血を引く、というおばあちゃま先生(お亡くなりになってます)からクレープを教えていただいた時、
先生が「クレープは貴婦人のレースのハンカチのように焼くのよ」とおっしゃられました。
木綿レースなら少しは分かるけど、などと友人と話して、笑ったりしていた不真面目な生徒だったのですが。
クレープの意味は縮緬のこと、そう考えてこの言葉を思い出しながら、
娘が幼い時はよく焼きました。お弁当に入れたり、バザーではもう見たくないというほど焼いたり。
f0032481_16363128.gif

その頃から使っている、胴のフライパン。クレープ用ではないのですが熱周りがとても良く、クレープ専用にしています。
鉄製のこれもかなり使い込んだクレープ用のパンがあったのですが、
もう二つ並べて焼くような事は無いと、友人に差し上げました。
f0032481_15564638.gif

少しは、レースのハンカチの様に見えるでしょうか。いつまで経っても腕が上がりません。
クレープの作り方  18cmで12枚
全卵 1個、 卵黄2個、塩、砂糖大さじ2、牛乳290cc、
小麦粉120g、バター(無塩)50g
卵、塩、砂糖、牛乳を混ぜ,ここに2度振るった小麦粉を加え半日室温で休ませます。
溶かしバターを混ぜ焼きます。中火の弱火。
by studiopinot | 2006-04-18 16:25 | お菓子 | Trackback(2) | Comments(36)

秘伝・ちりめんじゃこの佃煮

おじゃこが沢山店先に並ぶ時期です。
冷蔵庫には必ずといってよいほど、常備しているものなのですが、用途はそのまま使うほかに、素揚げして、
煮きった酒と醤油の中につけたもの、これはご飯に混ぜたりサラダやあえ物によく使ってます。
佃煮は何回か作ってみたものの、今ひとつ次回も作りたいと思うようなものに出来ずにおりました。

それが、mintotoさんがお母様が作られてる手元を見ながら、完成させたレシピーをUPしてくださいました。
これは作らなければと、早速作りました。
f0032481_220925.gif

お醤油が、mintotoさんがおっしゃるタラーリ、これが難しくて少し多かったような気がします。
見た目も違うし。
なのですが。
白いご飯にのせて、大変おいしゅうございました。
あっという間になくなりましたので、又作ります。
mintotoさんありがとうございます。
by studiopinot | 2006-04-17 22:09 | 料理 | Trackback | Comments(2)