<   2006年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

イースターの食卓

イースター(復活祭)はキリストが死後、3日目によみがえり復活した日を、祝う祝日です。
f0032481_1646204.gif

この日は、帽子にはリボンや花を飾り、衣服を整えて教会へと向うのです。
この帽子をイースターハットと言われてますが、現在は、ここまでする事は無くなってます。
4月の食卓は、この楽しげな帽子をアレンジしてみました。
帽子の上の部分は、鳥が巣を作り、卵を産んで喜びを表しました。
ピンク色の粒粒これ可愛いでしょ。お花屋さんでピンクペッパーといって売られていますが、
ペッパー(胡椒)ではなく、柳のような葉の大きな木になる実です。
秋になると、ピンク色に変わります。
f0032481_16563820.gif

卵は命の再生,復活を意味し綺麗に色をつけたり、飾りをつけたりしたものを作ります。
最近は、もっぱら一色だけを塗りますが、以前はこんなに手の込んだ絵をかいてました。
これ自作です。鳩がオリーブをくわえている絵は(見えますか)、9.11のテロの翌年、平和を願って書いたものです。未だニスが塗ってないので、未完成なのですが。
f0032481_1764670.gif

                            スープはさわやかに、ブロッコリーのスープです。
by studiopinot | 2006-03-31 17:19 | 食卓の彩り | Trackback | Comments(16)

白い豆とタラゴンのサラダ

サラダといえば、カラフルな色が連想されますが、このところ、白い料理が気にかかってます。
今日も、白い豆とタラゴンの酢漬けを使いましたが、想像以上に味がまろやかに溶け込んだと思ってます。マスタードの力も大きかったかもしれません。
トマトも入れたくなかったのですが、写真写りが今ひとつでしたので、入れてしまいました。
白い豆とタラゴンのサラダ
f0032481_22415655.gif

                         てぽいんげん豆、白あずき  茹でて各1/2cup
                         タラゴンの酢漬(瓶入り)    葉を刻みます
                         トマト、 紫玉ねぎ
                         オり-ブオイル4、酢1の割合のドレッシング
                         マスタード、タラゴンの葉を刻み混ぜる
                    
                         豆類は茹でて、冷凍保存しておきますと広い範囲に
                         利用できます。
                         シロップと混ぜ、アイスクリームをのせてミントの葉を
                         飾ると、おいしいデザートです。
                         上等なバルサミコがあるときは2~3滴たらしてあげる
                         と、一段と豪華になります。普通のものでも、煮詰めて
                         あげると、びっくりするくらいおいしくなりますよ 。
f0032481_22553319.gif 
コンフィ作り
色があめ色に近くなってきました。
後2日くらいでしょう。

by studiopinot | 2006-03-30 23:00 | 料理 | Trackback | Comments(10)

桜あそび

桜を眺めて楽しむだけでなく、暮らしに取り入れてゆく楽しみ方を、纏めた本が出版されてます。
書かれたのは、お教室の生徒さんで、遠くから熱心に通ってらしてくださっている、
岡村比都美さんです。
f0032481_10334378.gif
桜で、遊ぶ、食べる、作るこれをまとめたもので、素晴らしい色に染め上げた毛糸を、
時々拝見しておりましたが、
なんともいえない柔らかい色合いは必見です。
WAVE出版から発行されてます。
f0032481_10392622.gif
朝日新聞、夕刊のニッポン人・脈・記 桜の国で②で、
桜の木の命を救う庭師と、桜のために自分が出来る事を考えた、
岡村比都美さんの記事が掲載されてます。

by studiopinot | 2006-03-30 10:53 | お教室では | Trackback

ビール煮

昨日、人間は肉を食べないといけないと、新聞に掲載されていたそうです。数ヶ月前の新聞には、肉より魚を取る方が、体のために良い。
とか、さまざまな情報が繰り返されています。
不思議な事に、肉料理が続けば、魚がいただきたくなりますし、トマト・トマト・トマトって思い続けている日もあるし、
これでバランスとっているのかもしれません。
我が家では、肉の登場が圧倒的に多いのですが、どうなのでしょう。
今日のメニューも肉料理です。
牛肩肉のビール煮
f0032481_1247569.gif

牛肩肉に塩コショウしておきます。
薄切りにした玉ねぎを色ずくまでいため、煮込み鍋に入れ肉、トマト、
三温糖、ローリエ、ブイヨン、ビールを加えて、コトコト煮込みます。
これだけなのですが、ビールの酵母が肉をおいしくしているようです。
f0032481_12483595.gif

f0032481_12584319.gif
コンフィ作り6日目
砂糖と、オレンジがなじんできました。
まだまだ、気の長~い作業が続きます。

f0032481_137647.gif
昨日仕上げた、マーマレード2種。
奥は、丸ごと茹でて細かくして、煮込むタイプ。
初めての作り方でしたが、大人の味です。4日かかりました。
手前は、毎年作っている皮を刻み、実を取り出し煮込むタイプ。2日かかりました。
f0032481_13192832.gif


by studiopinot | 2006-03-29 13:25 | 料理 | Trackback | Comments(11)

イースターてなあに

春になりました。食卓の風も軽くさわやかに変更です。よろしくお願い致します。

そして、お教室はイースターの食卓です。
                アレンジメントに使っている花器は、なんとダチョウの卵の殻です。
                厚くて、焼き物のような感じです。座りが悪いのが難点ですが。
f0032481_1545342.gif

日本ではイースターはクリスマスほど馴染みがありませんが、
キリスト教徒にとって、クリスマスと同じように大切な祝日なのです。
ヨーロッパではこの頃になると、お菓子屋さんには卵や兎をかたどったお菓子が並び、一段と華やかになります。
そして、春の訪れを喜びテラスにはパラソルを出し、カーテンを替えたり壁の絵を変えたりして喜びます。
f0032481_1632595.gif
卵の殻を器にして、元気に咲いているパンジーを入れました。
座りをよくするため、パールをグルーガンでつけて。

イースターの日は、毎年変わります。
春分の後の最初の満月の、次に来る日曜日が、お祝いの日になります。
と言う事で、今年は4月16日です。

               可愛いマシュマロを卵に見立てて。
               この薄いピンクとクリーム色のマシュマロは、
               無印に買い物に行きましたら目に留まり求めたものです
f0032481_1654183.gif

f0032481_1642049.gif
コンフィ5日目
作りたかった、厚切りのコンフィ作りが始まりました。
これから、7日かかります。
by studiopinot | 2006-03-28 16:45 | 季節の彩り | Trackback | Comments(18)

新じゃがいもとごぼうのサラダ

新じゃがが、おいしくなってきました。5月頃が一番おいしいのですが、新じゃがを見ると、
作りたくなるサラダがあります。
f0032481_22132810.gif

じゃがいも(皮つきのまま茹でて、大きめな輪切りにします)
ごぼう  (大きめな笹がきにして、水に放しておきます)
くるみ   (大きめに刻んでおきます)アーモンドでも。
紫たまねぎ(薄く、くし切りにします)
ドレッシング(ワインビネガ(赤)なければ、酢でよい)1. オリーブオイル4.
塩、こしょう、マスタード(粒マスタードが良い)
 
オリーブオイルでくるみを炒めます。焦げやすいので注意して。
取り出して、ごぼうを炒め塩をしておきます。
材料を、ボールに入れドレッシングで合えます。
写真ではわからないのですが、お好みの塩をぱらっと振ってあげてください。
紫色のじゃがいもで作ると、新じゃがと又違った、コクのあるサラダになります。

f0032481_21475496.gif
コンフィ4日目
ここまで出来たコンフィ、今日仕上げるつもりが、
なんと2日も寝かせなければいけない事が分かり、今日はこのまま。
そして丸ごとぷかぷか浮んでいた清見オレンジも、明日までプカプカです。
このくらい時間をかけないと、保存食にはならないと言う事ですね。
by studiopinot | 2006-03-27 21:55 | 料理 | Trackback | Comments(10)

さあ。 コンフィ作りです。Ⅱ

コンフィ作りも、今日で3日目。
チョット気分を変えて、やさしいお花の写真などを。
f0032481_14421419.gif

以前、雑誌の仕事でアレンジしたものです。やさしくて大好きな写真の1枚です。

f0032481_14444954.gif
昨日、ぷかぷか浮んでいた八朔は。
1日水の中で休んで。

f0032481_14455788.gif
こまかく刻んで、マーマレードになりました。又1日休ませて、明日仕上げです。

f0032481_14485113.gif
またまた、ぷかぷか浮いてます。可愛いでしょ。
これは、清見オレンジです。
これこそ、今年どうしても作りたかったコンフィのだい一日目です。
このあと、水に取り1日おきます
清見オレンジを使うことが、吉と出るか凶とでるか。
本当は、10個くらい纏めて作りたいのですが、
これを作るのはなにぶん初めてなので、まずは5個からです。
これとは、明日に。


by studiopinot | 2006-03-26 14:57 | Trackback(1) | Comments(8)

届きました。さあコンフィ作りです。Ⅰ

毎年この時期は、コンフィ作りに1週間かけ、取り組みます。
お願いしていた八朔、甘夏、清美オレンジが届きました。
さあ~、初めま~す。こうやって自分に気合を入れて。
f0032481_1624035.gif

f0032481_1632475.gif
果物を煮る時、いつも使うのがDansk の大きなお鍋です。
このお鍋とも、長~いおつきあいです。
これだけでは足りないので、いつものルクルも働いてくれます。
熱の入り方が違うので、そこは注意して。

f0032481_1662552.gif
いつものように、甘夏のピール作りからです。
昨晩,皮を切り、2回茹でこぼして、水に晒すところまでしました。

f0032481_16104787.gif
これ、可愛いでしょ。
本をめくっていたら、全く違うマーマレードの作り方が出てました。
洋書なので、自信ないのですが、試作にと2個で作ってみることにしました。
八朔に目打ちでポツポツと刺してゆきます。
このまま、茹でるのですが、見ていてとっても楽しい光景でした。
これを水に2日間さらします。この後は、明日に。

f0032481_16202375.gif
ピールにもどって、水を切りシロップの中で1時間半コトコト煮て、グラニュー糖をまぶします。
5日ほど乾燥させて出来上がりです。

これで一つ出来上がりました。この、トレー3枚分出来ました。
レクシーは、柑橘類は全くダメなのに何か興味ありげです。

f0032481_16315810.gif
恐ろしいほどの量の砂糖を買いに行ったところ、「湘南いちご」を見つけました。
このいちごについては、聞いた事はあるのですが見かけたのは初めてです。
中も外も、完熟の色をしており、つまむと甘さと酸味が丁度良い感じ。
これを求め、2日かけていちごのコンフィを作りました。
出来上がりの色も、完熟の色でお味もバランスが取れて、今年はこれでと思ったのですが、
どうも、傷みも早く来そうないちごですので、タイミングよく買えるかどうかが問題。
今度は大量に買わなければ。
明日に続きます。
f0032481_1653770.gif

by studiopinot | 2006-03-25 16:50 | お菓子 | Trackback | Comments(12)

ブラッドオレンジマーマレード

現在一番気に入っているマーマレードです。
f0032481_15181267.gif

ニューヨークにある、「サラベス キッチン」予約がとりにくい、人気のレストランです。
ここで売られている商品が、日本で、買えるようになり、又通販でも手に入れられるようになりました。
扱っているのは糖度の低い「フルーツスプレッド」です。
今までは、オレンジアプリコットマーマレードを買っておりましたが、
最近[ブラッドオレンジ]が作られているのを知り,買ってみました。
ブラッドオレンジのこくがなくならないよう、そしてギリギリ糖度を落としてまろやかに仕上がっているマーマレードです。
f0032481_15304976.gif

by studiopinot | 2006-03-25 15:31 | 気になったこと | Trackback

また桜海老、今日は炊き込みご飯

桜海老が残っています。どうしても使ってしまいたいと思い、今日は・・・
桜海老の炊き込みご飯
f0032481_17233080.gif

桜海老、しょうゆ、酒、で炊き込み、多めに白ごまを混ぜ込みました。
大葉があったらもっとよかったのかもしれません。
f0032481_17264965.gif

このごはん茶碗は、気に入っていて長い間毎日使っていたのですが、ごはんが沢山入りすぎるため、現在戸棚の奥におこもりさせています。かけた部分は金継ぎまでして使ってました。
時には使ってあげないと、と思い撮影用に・・・

ブロッコリーは固めに茹で、水にとらないで冷まします。
ごま油大さじⅠ、しょうゆ小さじ2、けずり鰹を混ぜておき、
ブロッコリーと合えます。 器に盛って飾りのけずり鰹をほんの少しだけのせてあげます。
f0032481_17554916.gif

けずり鰹も、桜海老と同じように、軽く炒って細かくして、瓶に保存しておくと重宝します。
by studiopinot | 2006-03-23 17:42 | 料理 | Trackback | Comments(20)