カテゴリ:お菓子( 156 )

甘夏ピールとシロップ漬け

毎年、ご近所友達からお庭で収穫した甘夏みかんをいただきます。

今年も、数日前に届きフレッシュな状態でまずは楽しみます。

そして3日かけてまず作るのが甘夏ピールです。
取り出した実はシロップ漬けにします。
漬けて3日目のシロップ漬けと白玉団子(ココナツミミルク入り)

f0032481_15273984.jpg


シロップ漬けレシピ
甘夏みかん    4個
はちみつ        50g
砂糖             50g
シナモンステイック  1/2本
カルダモン    1個
コアントロー   大さじ1
綺麗に剥いた実をガラスの保存容器に入れ、
はちみつ、砂糖、スパイス、コアントローを加えて一晩寝かせます。
翌日からいただけますが、3日目からが美味しくいただけます。

デザートのために、ココナツミルク入り白玉団子とクコの実とピスタチオを散らしました。

甘夏ピール
f0032481_15383513.jpg

3日がかりで作った甘夏ピールは、どんなお茶にもよく合います。
刻んで焼き菓子に入れたり、チョコレートともぴったりです。

f0032481_15414461.jpg

4〜5回茹でて一晩水にさらし、翌日お砂糖で煮込みます。
この後、軽く乾燥させ、グラニュー糖をまぶします。

シロップ漬け
f0032481_1623798.jpg

スパイスを入れることで、爽やかさが増します。

シロップ漬けはお教室のデザートでも使いますので、
もう一回作ります。

自然の恵みによって、毎年こうして季節の手仕事を楽しむことが出来るのは嬉しいことです。


   




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

  
by studiopinot | 2017-04-03 16:08 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

くるみ入りバナナブレッド  レシピ

ナッツ類は好きで、口寂しいとぽりぽりとよくいただいてますが、
私の中では、このところくるみなのです。

少し前まではカシューナッツだったのですが。

f0032481_22533787.jpg

くるみには、体に良いとされてる オメガ3 が多く含まれていて、
美肌効果  血液サラサラ アンチエイジングにも効果が期待されるようです。

くるみ入りバナナブレッド      レシピは最後に記します。
f0032481_23314983.jpg

[#IMAGE|f0032481_22572368.jpg|201611/06/81/|mid|550|367#
くるみをたくさん入れたバナナブレッドを焼きました。
砂糖は三温糖を使い量も控えめです。

さーTea timeです
f0032481_2312312.jpg

今日は温かなのどかな日、お気に入りの紅茶 アールグレイを入れてのんびりと楽しみます。

これから寒くなる前の、のどかな日差しです。

このアールグレイは10月のお教室のデザートにも使いましたが、
香りが高く、ふくよかなお味が口に広がります。


Art of Tea
f0032481_23203570.jpg

オーガニック栽培によって作られたアメリカの高品質の茶葉で、
驚くことに二煎、三煎も大変美味しくいただけます。
netでチェックしてみてください。

イチジクとアールグレイババロア
10月のお教室のものです。
f0032481_23244426.jpg

イチジクとアールグレーのハーモニーがぴったりで、好評でした。

コーヒをあまりいただかない我が家では、紅茶に対してはちょっとうるさいつもりです。

寒くなってくると、ホカホカのミルクテイーが朝からのお楽しみです。


くるみ入りバナナブレッド     レシピ
強力粉        150g
BP 小サジ1
砂糖            60g(三温糖を使用)
卵               一個半
菜種油        70ml  (サラダ油、オリーブオイルでも)
バナナ         1本半(できるだけ完熟したものを潰しておきます)
くるみ          50g(刻んでおきます)
シナモン     小さじ2
1。強力粉とBPを合わせてふるっておきます。
   卵は溶いておきます
2。ボールにふるった粉とシナモン、砂糖を入れ合わせておきます。
3。別のボールにバナナと卵をよく混ぜ、菜種油を加えよく混ぜます。
4。2。と3。を粉っぽさが無くなる程度に混ぜ、型に流し入れます。
5。180度のオーブンで40分焼きます。
6。焼きあがったブレッドを網に乗せ、敷き紙を外し冷まします。
    冷めたらラップで包み、ジップロックに入れ一日寝かせます。

 お試しくださいませ                                                Pinot


   




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

  
by studiopinot | 2016-11-06 23:29 | お菓子 | Trackback | Comments(2)

りんごのパウンドケーキ

近くまで用事があるので、我が家に立ち寄ってくださるという友人からの知らせがありました。

四日前に焼いたりんごのパウンドケーキがちょうどいい具合になっているはず。

夏に、オーヴンを新しくして涼しくなってきたのでケーキを焼いて
新しいオーブンの調子を掴まなくてはと思いながら、ここへきて
やっと動き出しました。

アップルパウンドケーキ
f0032481_203336.jpg


りんごをシロップで煮詰め、刻んだものと、キャラメルソースを加えた
パウンドケーキです。
上には、残ったりんご、メープルシロップがけしたくるみ、ピスタチオをデコレーションしました。

f0032481_2012319.jpg


友人のために用意した器は、リーモージュのアンテイークのテイーセットです。
お紅茶の水色がきれいに写ります。

f0032481_20151260.jpg

長いお付き合いの友人ですが、彼女との会話は過去の思い出話だけでなく、
これからの楽しみを語れるのがとても嬉しいのです。

f0032481_20162144.jpg


以前のオーブンは、長い間酷使していたこともあるのでしょうが、熱周りにムラがありました。
が、さすが新品熱周りがとても良いようです。

パウンドケーキ(pound cake)は小麦粉、バター、砂糖、卵を
1ポンドずつ使って作ることからパウンドケーキと呼ばれているのですが、
今は、砂糖の量が少なめになり中に入れるフルーツなど材料によっても
量が変わってきてます。

パウンドケーキを作るといつも思い出すのが、娘が幼稚園に行きだしてから、
この日訪ねてくださった友人の家に先生をお招きし、ケーキの数々を教えていただいたのです。
最初に教えていただいたのがパウンドケーキでした。

今のケーキ作りは材料も上質になり、お道具も幅広くあります。
そしてテクニックもかなり違います。

その時のノートを開くことはありませんが、大事にしまってあります。

  




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

  
by studiopinot | 2016-10-15 20:43 | お菓子 | Trackback | Comments(2)

桃のコンポートで和菓子

暑いですね。

忙しかった日も終わり、これからが夏休み本番です。

しかしジリジリとした陽射しと、湿度には参りますね。
このところフルーツ三昧。

美味しそうなのを見つけて買って帰宅すると、頂き物があったりと嬉しい限りです。

桃のコンポートを作り、冷たく冷やしてアイスクリームや水切りヨーグルト
と頂いたりしますが、今回は和菓子に挑戦です。
コンポートのレシピは、下に記しましたのでご参考にされてください。


桃の吉野羮
f0032481_9401430.jpg


f0032481_944406.jpg

吉野羮は錦玉羮の材料に葛粉を加えたお菓子です。

和菓子職人さんから頂いた本を参考に作って見ました。

練り時間や、葛粉と寒天液の混ぜるタイミングなどまだまだ経験が必要ですが
お味は桃のコンポート液を入れてますのでなかなかいい感じです。

f0032481_9514115.jpg

桃のコンポートは冷蔵庫保存できますが、早めに頂いた方が良いようです。

レシピ    桃のコンポート
桃                    4個
砂糖                 200g
バニラビーンズ   1/2本
レモンの薄切り   3切れ
水                     桃が浸る量(1/3を白ワインでも)
1。桃の表面をやさしく丁寧に洗います。割れ目に沿って切れ目を入れ
    手でひねり半分に割ります。種を取り出します。
2。鍋に並べひたひたの水と砂糖、レモン、バニラビーンズ加え火にかけます。
3。沸騰したら15分にてそのまま冷まします。
4。冷めたら皮がつるりと剥けます。容器に入れ冷蔵庫保存します。

完熟桃ですと、
綺麗に割れず美味しいジュースだけが出てきてしまうことがありますので
気をつけてくださいね。


 




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

by studiopinot | 2016-08-05 10:04 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

桜便り

今日は、花冷え。

明日は気温が上がり、花吹雪となるそうです。

餡子が少し冷凍保存してありましたので和菓子を作ってみました。
ネットでいろいろなお花見の楽しい様子を見ていると心が躍ります。

f0032481_1634433.jpg


この時期毎年お取り寄せしている桜の葉の塩漬けと 桜花の塩気を少し抜いて。

白玉粉を蒸してひたすら練り上げます。
f0032481_1665850.jpg


アイデイアをいただいたこの方のように次回は桃色にしてみましょう。





にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

by studiopinot | 2016-04-05 16:10 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

ババロアでもなくムースでもなく

3月に入り、空気が温かくなってくると気になるのが桜の開花。

3月のお教室のためのデザート
ババロアでもなくムースでもない、でもふわふわのデザートができました

生クリームも卵も使ってません。

桜の葉の塩漬けの塩抜きをし、細かく細かく刻んだのを混ぜたのでほんのり
感じる香りと、塩気がいい感じです。
f0032481_20482520.jpg


ババロアと組み合わせてみようかと考えてます。

そして昨日、1日遅れひな祭りの後、立ち寄ったのが六本木の
大好きなお店のセールへ。

遅かったので、お気に入りは見つけられなかったのですが
オリーブの木で作られた板皿(と言うのでしょうか)を求めました。
f0032481_2113943.jpg


長さ55cm、厚さ4cmほど。
もう少し長いほうがよかったのですが、使い勝手はいろいろありそうです。

春になって、お道具が増え気持ちが高ぶります。

考えてみれば、単純ですね。







にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

by studiopinot | 2016-03-05 21:05 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

花びら餅

朝の寒さが厳しいですね。

空気が乾燥しているため喉は気になるし、肌はカサカサ。
小さな用事のための外出が続き、準備も中途半端だった花びら餅がやっとできました。

宮中の正月の行事食が、後年茶の湯用のお菓子として作られるようになったのです。
一月(睦月)の前半にいただきます。

というわけで今日なんとか作らねばと。
f0032481_22540100.jpg


やわらかいお餅に白みそ餡とごぼうを包んだお菓子で、ごぼうは
鮎を見立てたとか。

f0032481_2256260.jpg


白玉粉が足りなかったり、バタバタしながらでも、レンジを使わずまず白玉粉を蒸して、
鍋に移してお砂糖を加えながら練るのですがこれが力が必要で大変な作業なのです。
コシのある求肥ができました。

f0032481_22584866.jpg


ごぼうは、米のとぎ汁で湯がいてからシロップで甘く煮ますが
反り返ってしまいますので糸で縛って煮るようにしてます。

f0032481_2351134.jpg

ごぼうはこんな感じです。

来週は大寒、一番寒い時期になります。

昨年は風邪ばかりひいてましたが、先月ちょっとお腹にくる風邪をひきましたが
体を温める努力をしながら元気に過ごすことができてることに感謝です。







にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

by studiopinot | 2016-01-14 23:10 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

桃のカスタードソース添え

出口の見えない暑さからいつ解放されるのでしょうか。

常になのですが、このような状態が続くと習慣のように
家の模様替えをしたくなってしまいます。

大好きなデザイナーの ウイリアム  モリス 展に行った時求めた本に
『美しいものか  役に立つものしか暮らしの中に置いてはいけない』
と書かれていました。
難しい事です。

f0032481_14524546.jpg

頂いた伊達の桃で昨日のデザート

桃のカスタード添え
f0032481_14552498.jpg

カスタードソースは甘さを控えめにし、冷たく冷やしておきます。

f0032481_14573327.jpg

アイスクリームを添えようと思いましたが,いちごアイスしかフリーザーにありませんでしたので
止めて、ブルーベリーを添えました。

これはとろんとした桃のお味を感じますので、アイスクリームは必要ありませんでした。
何でも加えれば良いというものではありませんね。

未だ暫く暑い日が続くようです。
                                       ご自愛ください。




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

by studiopinot | 2015-08-03 15:09 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

錦玉羹

一日何回口にするのでしょう、
    知人とお会いすると 『暑いですね』  『暑いわね』 『暑い,暑い,暑い。。。』

口にしたからといって涼しくなるわけではないのですが。。。。

何かしてるほうが楽なので、作りました。錦玉羹 

なでしこ錦玉
f0032481_20465297.jpg


糸寒天で作りましたので,粉末寒天よりはこしが出ます。
少量の寒天液に紫蘇ジュースでほんのりと紅色にしました。
小豆を二粒加え  アクセントです。

型は鶴丸という陶器で出来た古くから使われている型、寒天には取り出しが楽なのですが
ゼラチンでは取り出しに手間がかかりますので使いません。

f0032481_20584085.jpg



f0032481_20591692.jpg

そろそろ使い切らないといけないお抹茶がありましたので
   水出しにしてみましたがこれが香りも高く暑い日にぴったりの冷茶になりました。

ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2015-07-27 21:01 | お菓子 | Trackback | Comments(3)

水無月

6月30日は 水無月 を頂く日。
1年の折り返しに当たるこの日に
この半年の穢れを祓い、残り半年の無病息災を願う『夏越祓』
の日に頂くのが 「水無月」
外郎生地に小豆をのせた三角形のお菓子です。
f0032481_21561266.jpg


三角形は氷室の氷を表してます。

いつもは、甘納豆をのせるのですが、
  小豆を煮たのが冷凍してありましたのでこれを使ったのですが
     少し水っぽさを感じました。
見た感じも甘納豆の方が奇麗に出来たと思います。

3時のお茶時間に頂き、夜はアイスクリームを添えて頂きました。

さあこれからの半年間を元気に過ごしましょう。


ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2015-06-30 22:01 | お菓子 | Trackback | Comments(0)