カテゴリ:アジアの風( 2 )

細密な彫り

純和風のコーデイネートも素敵で大好きですし、
西洋の特にフランスでよく見られる、壁紙が4面とも異なり
模様と模様まで重ねて、それでいて居心地の良いインテリアを作り上げているセンスも
大好きです。

生活は洋のスタイルがベースになっておりますが、調度品は和洋取り混ぜ
     アジアのものもなぜかしっくりときているのです。
f0032481_2049031.jpg

数年前娘夫婦がタイへ行き、そのときのお土産です。
    和の器ともしっくりとあいますね。
f0032481_20523952.jpg

何かを入れる為の筒型の容器で、蓋の部分は木製で
  筒の部分は竹製です。
     細密な模様が彫り込まれ、きとこの模様にも意味があるのだと思います。

f0032481_2052721.jpg

インテリアに大事なアクセントになっている東南アジアの物たち。

しかしあまりにも知識がない事も思い知らされます。

ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

by studiopinot | 2011-09-17 21:00 | アジアの風 | Trackback

藍胎漆器 ラオス

日本もアジアの一国ではありますが、
文化の違いに驚かされます。

旅行先で求めた物、夫が出張先で買ってきたもの
娘夫婦が此処をを中継地点かのようにして出かけて
買ってきてくれたものなど小さな物ですがアジアの物がいろいろあり
時々入れ替えたりして楽しんでいるのです。

生活様式も洋でありながら、インテリアは和、洋が混ざり合い
それが好みでもあり、西と東の風が此処で交差している
と自己満足の世界を作っております。

藍胎漆器(らんたいしっき)  ラオス
f0032481_0364611.jpg

タバコや薬草を入れる容器だとのこと。

ミャンマー、ラオス、タイには同じような形の漆器があり、
用途も薬草やタバコ入れに使われてます
タイは描かれてる模様が違うので直ぐ分かるのですが、
ミャンマーとラオスは非常によく似ています。

f0032481_0392064.gif

入れ子のようになっていて、家ではお菓子を入れたり時には花器になったりしております。

藍胎漆器は九州にもあって、竹を編んでお盆や菓子器が作られてます。

追記 この器の底に書いてある文字が夫がこれはラオス文字だと言いますので
    これはラオス産になりますので訂正いたします。



二つのランキングに参加しております。  
ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
by studiopinot | 2010-02-10 00:41 | アジアの風 | Trackback