カテゴリ:料理( 451 )

ブルーベリーサラダ

今年はブルーベリーがおいしいようですね。

半月程前の事ですが、ブルーベリーが送られてきました。
甘味,酸味のバランスが良くて、
f0032481_13114699.jpg

写真集を見ながらどんどん口の中へ。
そして、先ずはジャム作り。

ブルーベリーとバルサミコソースを合わせたソースは肉料理にぴったりで、
特に鴨肉とは相性が良いようす。
これは昨年作りましたので、今年はサラダに。

インゲンと赤玉ねぎ、ブルーベリーのサラダ
f0032481_13934100.jpg

f0032481_13105939.jpg


オリーブオイルとワインビネガー(白)のドレッシングにブルーベリーと赤玉ねぎを加え
30分程置きお味を馴染ませます。
別にいんげんと赤玉ねぎとブルーベリーを合わせ冷やし、頂く直前に和えて食卓へ。

梅ジュースのムース、ブルーベリーソース添え
f0032481_13221675.jpg


梅ジュースと牛乳を合わせると、梅風味のカルピスのお味になります。
これはお教室で昨年お出ししたのですが、今年はムースにしてみました。
f0032481_13265115.jpg

ソースは梅ジュースを薄めたシロップと、ジャムを裏ごしてヨーグルトと合わせとろみをつけてます。
彩りにブルーベリー,マンゴー、ミントを添えて。

美味しく出来ました。
f0032481_13305410.jpg






にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

by studiopinot | 2015-08-15 13:31 | 料理 | Trackback | Comments(0)

そうめんとドライトマトのサラダ oishii

暑い日が続いてます。
しかも異常なくらい湿度が高く、思考能力が止まってしまったようで
力なくダラダラと過ごしてます。

昼食に作ったのが

そうめんとドライトマトのサラダ
f0032481_16152458.jpg


昨日のサラダの為に作ったドレッシングが残ってましたので
これにドライトマトの戻し汁を加え、そばつゆ少し、黒こしょうとオリーブオイル
オレンジの皮で新しいドレッシングにしてかけて頂きます。

f0032481_16164095.jpg


f0032481_1621095.jpg

ドライトマト、レタス、ミデイートマト、薬味(細ねぎ、大葉、生姜、茗荷、かいわれ)
ドレッシングを工夫すると楽しめます。


f0032481_16264291.jpg

お庭のジャガランタの葉がグリーンシェイドになってくれて陽射しを遮ってくれてます。
これで紫色のお花が咲くと嬉しいのですが、冬の低温の為になかなか馴染んでくれないようです。


ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2015-07-22 16:31 | 料理 | Trackback | Comments(0)

何回作ったでしょう  野菜の揚げ浸し

暑い暑い!

叫んでいても涼しくはなりません。

お野菜を沢山とる為に夏になって何回作った事でしょう。
お野菜と肉や魚も一緒に浸したり厚揚げや練り物を加える事もあります。

昨日作ったのは、お野菜のみ。
f0032481_16534845.jpg


夏になると藍の器やガラスの器を使う事が多いのですが、この大鉢は今年はお初だと思います。

揚げ浸しのお野菜は、茄子、パプリカ(赤,黄)ズッキーニ、たまねぎ、
浸し汁は、薄味にし日ごとにお味がしっかりしてくるようにします。

f0032481_1702699.jpg


お玄関に植えてあるアメリカンブルーが見事に咲いてます
f0032481_16594543.jpg

このお花は大好きで、暑さにも強いので毎年植えて楽しんでます。

猛暑の後は台風が近づいています。
             今までの感覚とは可成り異なる自然現象ですが
                        上手に受け入れてゆくしか無いのでしょうね。

ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2015-07-15 17:06 | 料理 | Trackback | Comments(0)

冷たい飲み物とスープ

暑いですね。
梅雨の中休みにしては、かなりの高温。

今年の梅仕事は、梅ジュースと紫蘇ジュースだけでした。
青梅が手に入れば梅の砂糖漬けも作りたかったのですが

良い青梅が手に入らず今年はあきらめました。

梅ジュースは未だ漬け込みちゅう、毎朝がしゃがしゃと瓶を振っています。

紫蘇ジュース
f0032481_21273567.jpg


今日のような暑い日にはぴったりな甘味と酸味、紫蘇の香りがすーっと汗を引いてくれるような。
材料は紫蘇、砂糖、レモンだけ。
れもんの代わりにお酢を使ったりした事がありますが、
レモンの方が酸味がさっぱりとしてますのでこのところはレモンにしてます。
f0032481_21331625.jpg


毎日飲んでますので,紫蘇が未だあるうちにもう一回作る予定。

コーンスープ 冷製
今年はどういうわけか、とうもろこしが気になります。
ペースト状にして冷凍するか、粒粒状で冷凍などなど。。。。
暑い日には冷たいスープが嬉しいですね。
f0032481_21403384.jpg

一番美味しいのは焼いてお醤油をさっと塗った焼きとうもろこしだと私は思うのですが。

ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2015-07-13 21:44 | 料理 | Trackback | Comments(0)

夏野菜で2種

夏野菜が出そろいました。
一年中あるトマトもキュウリも、一番美味しい季節の夏が一番美味いし、
元気をもらえます。

厚揚げと夏野菜の揚げ浸し
f0032481_23273349.jpg



材料は 厚揚げ、茄子,新玉ねぎ,しし唐、ピーマン、人参、しいたけ、マッシュルーム
きのこは秋ですが、マッシュルームがこの時期美味しいですよ。
浸し汁は、出し、淡口醬油、みりん、酢(少々)を煮立てボールに入れておきます。

野菜は、揚げすぎないようにし余熱を利用し、浸し汁に入れてゆきます。
頂く時、山椒をかけて頂くと風味が立ちます。

f0032481_22475472.jpg



キュウリと干しえびの和え物
f0032481_2251820.jpg

海老は干しえびと桜えび、調味料は煎り酒  ごま油。
キュウリは大きめに切り、軽く塩をしておきます。
干しえびは水で戻して、刻んでおきます。
キュウリの水気を切り、干しえびと桜えび(刻んでおく)煎り酒を混ぜます。

簡単な調理ですが、暑い日に冷たくして頂くのは如何でしょうか。

ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2015-06-29 23:04 | 料理 | Trackback | Comments(0)

寄せ集めブランチ

蒸し暑くなってきました。
遅めの朝食は、冷蔵庫の中にある作り置きの整理と
今年も頂いた、フランスのナチュラルチーズのコンテ。
先月作ったジューンベリージャム。
色々あります。

f0032481_143339.jpg

茹でたじゃがいもに玉ねぎのスライス、フレンチドレッシングをまぶしてハムと一緒に
(皮付きで丸のまま茹で、皮をむいて密閉容器に保存します)
きゃべつのコールスロー風
カポナータ
クリームコロッケ
パンにジューンベリージャムとコンテ。

ドリンクはオレンジジュースに紅茶、リキュールを少し。

f0032481_14215943.jpg


こうやってみると冷蔵庫の中には色々入っているものですね。

ジューンベリージャム
先月作ったジャムです。
f0032481_14271858.jpg

 
f0032481_14282955.jpg

今年は豊作でしたが、5月に30度近い気温の日が続きましたので
実がしなびた状態になり,最後は鳥にも見放されてしまったのです。



ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2015-06-13 14:34 | 料理 | Trackback | Comments(0)

キヌアサラダ

スーパーフードとして注目を集めているキヌア。

アメリカでは可成り以前から体に良い穀物として取り入れられ種類も多く、
幅広く調理されてきてます。

お米の半分くらいの大きさの中に、必須アミノ酸,ビタミン、ミネラル、
食物繊維が豊富で、日本でも注目の食材になってます。

南米産が主ですが、最近日本でも生産されるようになり
通販で求める事も出来るようになりました。

味にクセがなくプチプチとした食感楽しいのです。

キヌアサラダ
f0032481_2052475.jpg


調理は簡単で、先ず茹でる事。
冷蔵、冷凍保存が出来ますので多めに茹でておくと重宝します。
お米の変わりのピラフ、サラダ、デザートと幅広く楽しめます。
f0032481_20574093.jpg


キュウリ、玉ねぎ、とまと、ゆで卵とキヌアをドレッシングと玉ねぎソースで和えただけの
簡単なサラダですが,キヌアのプチプチした食感がぴったり合い楽しいサラダになりました。

常備ソース
手作りのソースが何種類か、必ず冷蔵庫に入っています。

f0032481_216475.jpg

手前が 玉ねぎのソース、奥がマヨネーズ
作りすぎない程度の量にして手間ですが,いつも新鮮なソースが
使えるようにしております。
但し今回の玉ねぎソースは一ヶ月くらい寝かした方が美味しいので
回転よく使っていくようにしております。


ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2015-06-08 21:12 | 料理 | Trackback | Comments(0)

白たきのペペロンチーノ風

毎日暑いですね。
梅雨を通り過ぎて夏になってしまったような感じですね。

でもしっかりとあの蒸し暑いべとべととした梅雨はやってくるのでしょう。

TV情報で、イタリアではダイエットの為に乾燥白たきがブームとか。
パスタの代用にするとの事。

ダイエットの為という事でしたら確かに効果はあるのでしょうが、白たきにどのように
お味が絡み付くのか疑問。
という事で、作ってみました。
f0032481_13594522.jpg

ニンニク、鷹の爪、玉ねぎ、茄子、桜えび、ピーマン、ドライトマト、塩、こしょう。
手順はペペロンチーノと同じ。

いいお味には出来ているつもりですが、パスタのようにはお味が絡まないので、
しっかりめの調味にしないとどうもいけません。
f0032481_1464382.jpg


しかし、パスタではなくおかずの一品にするのであればOKでした。

あじさい
背丈が30cmくらいで周りに埋もれてしまいそうな存在ですが
きれいに咲いてます。
f0032481_14103735.jpg


昨日、夏の食材を沢山買い込みました。
   きょうはこれからこの食材の仕込みを開始です。


ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2015-06-01 14:13 | 料理 | Trackback | Comments(0)

しょうがご飯

毎年必ず炊くしょうがご飯ですが、
どうしてもこれが しょうがご飯 ですというしょうがの香りが立った
ご飯が思うように出来てないのです。

この時作ったしょうがシロップの作り方をヒントに 生姜ご飯を炊いてみました。
f0032481_2083038.jpg

3合の米にいつもの3倍の生姜を刻み、
こくを出したいので、油揚げの細切りを加えました。
油揚げは必ず油抜きをします。

f0032481_20101563.jpg

しょうがと油揚げを20分煮て、その煮汁でご飯を炊きます。

煮汁にしっかり香りが出ていてこの煮汁で炊きますので
調味料は薄味で充分です。
f0032481_20121365.jpg



蕪と飛龍頭の煮物
焼き蕪にこってから、蕪が続いてます。
今回は飛龍頭との炊き合わせです。
f0032481_20183683.jpg


柔らかな蕪でしたので、火が入りすぎないように気をつけて煮ますが
飛龍頭は油抜きを忘れないように。
お出汁に淡口醬油とみりんを少し加えただけでお味を含ませます。

f0032481_20275083.jpg

いつでも手に入れることができる食材で、一寸丁寧に作るだけで
食卓が引き締まります。



ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2015-05-26 20:30 | 料理 | Trackback | Comments(0)

炭火焼とはゆきませんが

食材にあった調理が出来たらこれほど素晴らしい事は有りません。

必要以上に調味して失敗したり、逆に薄味薄味と思っているうちに
折角の食材が死んでしまい間の抜けたお料理になったりと。

この方が最高の調理をされており,コツを教えて頂きました。
それこそなんでもない手間のかからない調理なのですが

残念ながら炭火は無理でしたが、グリルでokという事で
美味しそうな春蕪と出会いましたので作ってみました。
と言っても、ホイルで包んで焼くだけです。
f0032481_2212461.jpg



あるお野菜も添えて
f0032481_2231551.jpg

蕪、人参、山芋、さつま芋
食材別にホイルで包み、弱火でじっくりなかまで火を入れます
ほぼ火が入ったところでホイルをゆるめ、強火にして焦がします

美味しいお塩とオリーブオイルで頂きました。
これと牛たたき 等と併せてみたいですね。

我家の床の間であるキャビネットの上には色つき始めたジューンベリーを。
f0032481_2222657.jpg


ヘンリー蔦
玄関口においてあるのですが、手前の明るい緑色とまだら模様,となりの
紫色がかった深い緑色共にヘンリー蔦です。
f0032481_22144156.jpg

明るい緑色の種類は、夏に気温が30度くらいになると元気がなくなります。
冬の間は枯れ木のようになってしまい、春に芽が出てくるまで枯れてしまった
のではないかと毎年ハラハラさせられるのです。


ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2015-05-18 22:25 | 料理 | Trackback | Comments(0)