カテゴリ:料理( 451 )

セロリと海老のイタリアン

f0032481_2331262.gif
海老は冷凍庫に常に常備してはいても、回転よく消費していかないと、気になります。
そこで今日は、簡単にちょっとイタリアンです。ワインといかがでしょう。

作り方
えび(片栗粉と塩でもんで、あとよく洗い流します)
セロリ《筋をとり、らん切りにします)
ガーリック    1片(こまかく刻んでおきます)
粒マスタード   大さじ1
マヨネーズ    小さじ1
バルサミコ
塩  こしょう
フライパンにオリーブオイルとガーリックを入れ、火にかけ香りを出します。
海老をいれ、表面が赤くなったら取り出しておきます。
同じフライパンにセロリを入れ、さっと火をとうします。
海老をもどし、バルサミコ以外の調味料を加えさっと混ぜて出来上がり。
器に盛って、バルサミコを少しかけてあげて、お味を引き締めます。
セロリに火を通しすぎないでね。半生くらいが美味しいですよ。
f0032481_23343459.gif

by studiopinot | 2006-02-02 23:33 | 料理 | Trackback | Comments(4)

かぼちゃのロースト とグリーンサラダ

昨日スープに使ったかぼちゃが未だ残っています。
冷蔵庫には、必ずといって良いほどかぼちゃが入っています。
それは、わんこのレクシーもかぼちゃが大好きだからです。
でも、今日のメニユーはレクシーにはお味が強すぎるのであげられません。
イギリスのシェフ、ジェイミー・オリバーのレシピを参考にしたローストです。

このところ生野菜不足を感じてましたので、今一番美味しい水菜を使ったサラダも一緒に盛り付けました。
f0032481_13105685.gif

作り方
かぼちゃ
スパイス(コリアンダー、オレガノ、)
たかのつめ(種を除き、粗く刻んでおく)
ガーリック(つぶしておく)
塩 こしょう オリーブオイル
かぼちゃはⅠcm巾のくし型に切ります。
ボールに、スパイス、たかのつめ、ガーリック、塩、こしょう、オリーブオイルを入れ混ぜ合わせます。
このボールにかぼちゃを入れ、よく混ぜ合わせます。
オーブンで焼きます。180度 30分。

サラダは水菜を多くして、ロケット マーシュ ほうれんそうなどをバルサミコドレッシングで合えました。
f0032481_1323561.gif

by studiopinot | 2006-01-31 13:40 | 料理 | Trackback | Comments(4)

りんごとかぼちゃのスープ

お取り寄せのりんごが未だ残っています。早く使った方がと思い、先ずは大好きなスープを作りました。
f0032481_12341011.gif

かぼちゃ(皮を剥き、刻んで)300g
りんご       中2個(皮をむき、サイコロ状に切る)
たまねぎ     小1個(サイコロ状に切る)
チキンブイヨン  3cup
サワークリーム 大さじ4(無ければ生クリームとレモンの絞り汁)
スパイス(ナツメグ シナモン コリアンダー)各少々
1.サワークリーム以外の材料を鍋で柔らかくなるまで煮て、フードプロセッサーにかけピューレ  ー状にします。
2.鍋に戻し、塩、コショウで調味してサワークリームを加えます。
  器も温めて盛りましょう。
  シナモンでチョットおしゃれをしました。
りんごやかぼちゃの甘みで、お味が変化しますのでその辺は、加減しながら作っています。

サワークリームorレモンと生クリームを忘れないように。
by studiopinot | 2006-01-30 12:52 | 料理 | Trackback(1) | Comments(10)

豚の塩漬け  今日はお野菜との煮込み

海外で生活していた時に、保存食の豚肉の塩漬けを教えていただいた事があります。
その時は、現在は冷蔵庫も冷凍庫もあり、保存の問題はなくなっているのに、なぜ今も家庭で作られているのか、理解できず私には興味の無い料理だったのですが、2年前にレストランで塩漬けした肉の料理をいただいて、塩漬けすることにより、豚肉(特にばら肉)に旨みがまし、なるほどという事に気がつきました。
ここまでに何と時間が掛かったことでしょう。
1週間前に塩漬けした豚肉を、昨日水に浸し塩抜きをして約5時間、それをきゃべつ、じゃがいもと一緒に煮込みました。
f0032481_13313031.gif

作り方
豚ばら肉またはもも肉     600g
塩               肉の重さの3%
砂糖(三温糖)       塩の半量
黒こしょう
f0032481_13534544.gif

1.塩、砂糖、黒こしょうを混ぜておく。これを肉にすり込むようにまぶしつけます。
 ピチットシートでくるみ、ジップロックに入れ、冷蔵庫で1週間ねかせますが、
 その間、2日後にピチットシートを変えます。

2.1週間後、表面を洗い流して、ボールに水をいれ、肉をいれて塩抜きをします。
  約5時間塩抜きしたら、圧力鍋で30分煮ます。一晩置くとラードが上に張りますので取り
  除きます。圧力鍋でない時は1時間20分煮ます。
3.鍋に肉ときゃべつ、煮汁を入れコトコト煮ます。
  途中でじゃがいもも加えます。柔らかくなったら出来上がり。

教えていただいた作り方は、ラードを取り除かず野菜類を入れていましたが、健康志向の現在ラードは取り除いてます。
じゃがいもが煮崩れ、煮汁がにごるのが好みでないので、じゃがいもには別に火を通しておいて、スープ味が少ししみこむ程度にしてあります。

  
by studiopinot | 2006-01-26 14:05 | 料理 | Trackback | Comments(10)

いかと里芋の煮物

子供の頃、どうしても好きになれなかった里芋。
嗜好は数十年とともに変わり、現在は好物の一つになっております。

九州の友人が、ご自分で育てた野菜をいろいろ送ってくださるのですが、里芋がとにかく美味しいのです。
今日は、送っていただいた里芋と、相性の良いいかをあわせて煮てみました。
f0032481_21421666.gif

作り方
さといも
いか
さやいんげん
出し      600cc
酒       100cc
みりん      70cc
しょうゆ      70cc
砂糖    おおさじ1
里芋は米のとぎ汁で、固めにゆでて、お湯で洗います。
いかは、腸を抜き、洗い筒切りに切り、ざるに入れ熱湯をかけ、霜降りにします。
水にとり、表面のヌメリをとります。
調味料を合わせ、里芋といかをコトコトと煮ます。

お芋類を煮る時は、少し甘めなのが好きですが、砂糖やみりんはお好みで少なくしても良いと思います。
食卓に、七味など用意なさってみたらいかがでしょうか。
by studiopinot | 2006-01-25 22:11 | 料理 | Trackback | Comments(10)

鶏肉のワインビネガー煮込み

1月はどうしても和食が多くなってしまいます。
まだお餅も残っていて、このところ朝食はお餅が続いています。
体が要求するのでしょうか、何か洋のものを食べたくなってきました。
f0032481_22315215.gif

鶏もも肉(骨付き)
ガーリック
ワインビネガー(白)
トマト
オリーブオイル
チキンブイヨン
バルサミコ
塩 こしょう
1.鶏もも肉は間接のところで切り分けておきます。できない方は買うときお願いすると切り分け てくれます。
 塩をよくすりこんでおきます。
2.トマトは湯剥きして、種も取り出します。ガーリックは薄皮をつけたまま房を分けておきます。
 薄皮をつけたまま調理すると、ガーリックの香りと甘みがとてもやさしいのです
3.もも肉をフライパンで両面きつね色に焼き、ガーリックを加えて、蓋をし蒸し焼きにします。
 ワインビネガーを加え酸味を強火でとばしてから、トマトを加え少し煮込みます。
 チキンブイヨンも加えもも肉に火が通るまで煮込んだら取り出します。
4.この煮汁を漉して鍋に戻しトロミがつくまで煮詰めます。
今日の付け合せは、キドニービーンズとひよこ豆の水煮をオリーブオイルでさっと炒めたものです。  他にマッシュドポテト  温野菜などが合うと思います。
by studiopinot | 2006-01-21 22:59 | 料理 | Trackback | Comments(6)

鶏もも肉の五香風味

鶏肉は家族の食卓によく登場します。和、洋、中といろいろな調理に応用がきき、便利な食材です。最近はどこそこの鶏、何とか式飼育などさまざまな種類があり、用途に合わせて選ぶ事もあります。
中華の調味料で五香粉というのがあります。桂皮、丁香(クローブ)、八角、なつめ、甘草を粉末にして合わせたものです。
この五香粉の香りと味を鶏肉とあわせました。
f0032481_21525990.gif

鶏もも肉   
A・・・・水 しょう油 砂糖 塩 五香粉 ねぎ しょうが(皮付き)
セロリ  塩 ごま油
チャンサイ
鍋に鶏もも肉とAを全て入れ火にかけます。沸騰直前に弱火にして20分煮ます。
鶏肉を取り出し、煮汁を1cupになるまで煮つめ、火からおろし肉を戻して味をしみこませます。
時々上下を返します。
セロリは筋をとり棒状に切ります。塩少々とごま油を混ぜておき、さっと茹でたセロリを合えます。
チャンサイをそえます。
お弁当のおかずや、パンにはさんでいただいたり、鶏肉丼など色々使えますよ。
by studiopinot | 2006-01-18 22:45 | 料理 | Trackback | Comments(4)

ごぼうとこんにゃくの炒り煮

ごぼうとこんにゃく、この地味な食材を使った何気ない一品です。作る時は多めに作ります。
なんといっても、たくさん作ると食材のお味がよく出て、じみーなお料理も、えっと言う美味しさに変わります。
f0032481_22365024.gif

ごぼう、 こんにゃく、ながねぎ、 ブロッコリー、 炒りごま、 七味
サラダ油、酒、 しょう油、 ごま油
ごぼうとこんにゃくは乱切りにしてから、さっと茹でておきます。
サラダ油で炒め、半分くらい火が通ったら、酒、しょう油で絡めるように炒め煮をする。
ねぎと茹でたブロッコリーを加え、ごま油をまわしかけ、炒りごま、七味をふる。

ごぼうをさっと茹でる事と、こんにゃくを下茹でして味がよく含むようにしてあげるのがコツです。
by studiopinot | 2006-01-17 22:50 | 料理 | Trackback | Comments(4)

帆立ごはんXOじゃん味

香港へ行ったとき、レストランで小皿にXOじゃんが盛られて出てきました。これがおいしいのです。日本で買っているのとは別物のようなお味で、しかもお店で作られていて、買い求める事もできます。お願いすると瓶に詰めてくれます。
飛行機で持ち帰るときは、必ず手荷物にすることです。
中身がにじみ出てきて、大変な事になる事がよく有るようです。
先月友人が香港に遊びに行きましたので、早速おねがいしました。
手荷物で大変だった事と思います。ありがとう。
XOじゃんを使ったご飯にしてみました。
f0032481_1950169.gif

帆立缶(小)
XOじゃん   大さじ1
米        3cup
帆立と酒、薄口しょうゆで薄味のご飯を炊きます。XOじゃんを混ぜ込みます。
上に刻み海苔を添えて。
f0032481_1957226.gif

このように、小皿に盛られて出てきます。
これをいただきながら、紹興酒を。とまらなくなりますよ。
刻みねぎをたっぷり入れた炒飯、これまたおいしいです。
by studiopinot | 2006-01-15 20:00 | 料理 | Trackback | Comments(5)

七草粥

1月7日、5節句のひとつ「人日の節句」は七草粥をいただきます。
無病息災と神への感謝、新年を無事に迎えられたことへの感謝をあらわしていると言われています。
それは、年末からお正月と、疲れ気味の胃腸を休ませて上げるのに丁度良いわけです。
本当は、朝作っていただくのですが、我が家では夜いただいてます。
米の5倍の水が家族の好みですので、土鍋でことことと炊き上げます。
味付けは、炊き上がったところに梅塩をパラパラと。

今日は、七草粥と根菜たっぷりのけんちん汁で、きっと胃腸も休まったことでしょう。
f0032481_20424857.gif

               
f0032481_20452354.gif
おじゃこを油で揚げ、酒、しょうゆ、みりんを一煮たちさせた調味料をまぶし、保存瓶で保存する常備菜。
秋に作った、もってのほか《紫菊)の甘酢漬け。
すりごまを添えます。

f0032481_2052074.gif
根菜をたくさん使った、けんちん汁。
f0032481_20575494.gif
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。
今は、スーパーマーケットで小家族用に7種そろえて売られてますので、それを求めています。

家のわんこレクシーにも、七草粥をつくってあげました。
BLOG、Lexi and Koaわんこのごはんと日々のお話ノートをごらんください。
by studiopinot | 2006-01-07 21:16 | 料理 | Trackback | Comments(6)