カテゴリ:保存食( 46 )

茄子とクスクスのサラダとジューンベリーサワードリンク

梅雨に入った途端に、爽やかな気候です。

6月のお教室の準備で忙しいなか、雨降りではないのが嬉しい。

茄子とクスクスのサラダ。
f0032481_1510348.jpg

このサラダの隠し味に使ったのが、スイートチリジャム
1びん作るのに、トマトを1kg使い、作業としては簡単なのですが、2日がかりで作ります。
f0032481_1511015.jpg


ジューンベリーのサワードリンク
f0032481_1515964.jpg

綺麗な色に上がりました。あと3日ほどしたら試飲してみます。

f0032481_15162651.jpg

今年はジューンベリが豊作でした。
鍋いっぱいにジャムを作りました。
欠点は、小さな種がやたらと多いこと。

お教室の準備で今、玉ねぎをキャラメル色まで炒める作業中です。

試行錯誤しているのもまた楽し、です。

   




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

  
by studiopinot | 2017-06-10 15:19 | 保存食 | Trackback | Comments(0)

夏の定番 ハニーピクルス  レシピ

毎年、毎年この時期から頻繁に作るのがピクルスです。
何かと使えるピクルスですが、これから暑くなる夏には朝食によく登場いたします。

今回は甘さを控え、ハーブ類も少なくシンプルな調味にいたしました。

ミックスピクルス

f0032481_1434412.jpg

手前は、きゅうり、人参、セロリ、かぶ、皮付きガーリック、鷹の爪、タイム。
中央は、トマト、ベイリーフ
奥は、和風な味にしてきゅうり、人参、大根、出し昆布、鷹の爪

f0032481_2059792.jpg

f0032481_20593436.jpg

f0032481_2059533.jpg


レシピ
アップルビネガー    250ml
水                         250ml
はちみつ                大さじ3
塩                         大さじ1/2
ガーリック             1片(皮付き)
黒粒胡椒
ベイリーフ             
タイム
和風ピクルスには出汁昆布と鷹の爪
ビネガー、水、はちみつ、塩を火にかけ冷ます。

きゅうり         塩で揉み、暫くおき洗い流す。
人参            固ゆでにする
蕪               8等分に切り塩をし、暫くおいて洗い流す。
トマト          ヘタを取り。楊枝で2箇所突く。
カリフラワー 固めに茹でる(生のままでも良い)

アップルビネガーは醸造酢、はちみつは砂糖に変えてもシンプルで美味しいです。

関東地方も、梅雨入りです。
ジメジメ、べとべととした苦手なシーズンですがそんな時の食卓を助けてくれます。

Small gardenの紫陽花が咲きました。
同じような色合いの名前がわからないお花も咲きました。
f0032481_2120646.jpg

なんていう名前でしょうか。  ハンギングバスケットの中で咲いてます。
  
   




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

  
by studiopinot | 2017-06-07 21:26 | 保存食 | Trackback | Comments(0)

梅ジュースとプラムジュース

すっきりしない日が続いております。

今年も、梅ジュースとプラムジュースを作りました。
毎年作っているといいましても、落ち着かない状況で作っていたり、材料が思うようなものでなかったり
もう取り出しましょうと思いながら、数日経ってしまったりと毎年色々と変わってます。

大石プラム
f0032481_15574322.jpg

今年のプラムは美味しいです。
f0032481_15592618.jpg


梅ジュース
f0032481_1603494.jpg

毎朝容器をゆらゆらと揺らしていたのですが今年は、お砂糖の溶け具合が悪い。
なぜでしょう。

f0032481_16133296.jpg


瓶に移して、取り出した梅はジャムにします。
これはパンと一緒にいただくのではなく、お料理のソースに使うことが多いのです

今日は早速海老を焼き、そのソースにします。
醤油とオイル、梅ジャムと海鮮ジャンを少し合わせます。

バーベキューにも良さそうですね。

蒸し蒸し、ベタベタとした毎日、体調管理に心がけましょう。


 




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

by studiopinot | 2016-07-13 16:10 | 保存食 | Trackback | Comments(0)

トマト チリ ジャム

トマトを沢山使った、トマト チリ ジャムを作りました。

insta つながりの MさんのレシピをMaさん経由で教えていただきました。

二日がかりの作業でしたが、作ってみると材料さえ
揃えてあれば  あとは ぐつぐつ煮るだけです。

f0032481_20304454.jpg


トマトの酸味と、スパイス、調味料のバランスがよくて、まろやかでぴりりとしたお味が癖になります。

f0032481_20342915.jpg


トマト チリ ジャムにカテージチーズのカナッペ。
トマトチリ ジャムにきゅうり、とソルテイーなバターと2種類のカナッペです。

このソルテイーなバターはフランス土産に頂いたのですが、口に入れた途端
ふわーっととろけて行く美味しい美味しいバターです。
右側に少し見えているクリーム色のがバターです。

f0032481_20424423.jpg


今、冷蔵庫の中はフランスから届いた大きなチーズやバター、チョコレートなどで
開けるだけで心が躍ります。
                                                          ありがとう


そして再び断捨離を再開です。
渋い色合いの着物をほどいて一枚の布になってるのが出てきました。

父の着物か母の着物だったのでしょう。

f0032481_205034100.jpg


シルクの命は長いですね。

渋すぎるかなと思いつつも何故かソファーの一隅に
ピタリと収まってきました。


 




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

by studiopinot | 2016-06-07 20:54 | 保存食 | Trackback | Comments(2)

さくらんぼのコンポート 

フルーツはフレッシュでいただくのが一番美味しいと思いますが
フレッシュだからこそジュースにしたり、フリーザーで凍らせてシャーベットのようにしたりと
楽しみます。

5月のお教室では、さくらんぼをコンポートにしてみました。
寒天ゼリーとコリコリしたさくらんぼを合わせるのも美味しいと思いますが、
寒天ゼリーと食感を合わせた方がもっと美味しいのではないかということです。

さくらんぼのコンポート   レシピは下記
f0032481_21405725.jpg


コンポートにするには、アメリカンチェリーの方が合うような気がします。

ワインでさっと煮ますが、このワインにさくらんぼのお味が移り、とても美味しいのです。
例えば牛肉をさっと炙り焼きにして、コンポートのワインと醤油を混ぜて牛肉にさっと絡ませます。

美味しいですよ。

ありがとう

f0032481_2149196.jpg

kさんが、心を込めて可愛いがってらっしゃるお庭のバラを今年もいただきました。

綺麗ですね。お部屋にお花が常にあると幸せです。

さくらんぼのコンポート   レシピ
さくらんぼ   200g(洗っておきます)
ワイン(red) 200ml
砂糖           60g
水              50ml
さくらんぼのキルシュ    大さじ2(量はお好みで)
1。ワインを煮切りアルコールを飛ばします。
    砂糖と水を加え、砂糖が溶けたらさくらんぼを加えて弱火で煮ます。
   煮すぎないように注意です。
2。ボールに移し冷やします。手早く冷やしたいので氷水を用意。
    キルシュを加え、冷めたら瓶などに保存。 冷蔵庫保存です。


お楽しみくださいね       Pinot



 




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

by studiopinot | 2016-05-28 22:05 | 保存食 | Trackback | Comments(0)

茄子のオイル漬け

一ヶ月程前にみつけて、ずっと気にかかり作ってみたかった茄子のオイル漬けをやっと作りました。

時期的には大分ずれましたが、こちらのレシピを参考にさせて頂きました。

同じく時期外れのドライトマトを作ってありましたのでこれとズッキーニも加えてみました

f0032481_1516977.jpg


茄子は、塩をして一晩置き、翌日ワインビネガーと水同量を沸かし3分茹でます。
これを絞らずに外で干します。  ズッキーニも同じように作業します。
f0032481_15194188.jpg

刻んだガーリックと鷹の爪、バジルを用意し、
瓶に茄子,ズッキーニ,セミドライトマトをを詰め、ガーリック,鷹の爪、バジルをのせ
この作業を交互に行い、最後にオリーブオイルをしっかり流し込みます。

この辺の作業につきましては、こちらで細かく説明して下さってます。

セミドライトマト
毎年作っているのですが,今年は可成り時期外れのセミドライトマトトマトになってしまいました。
f0032481_15221927.jpg

f0032481_15223774.jpg

オーブンで2時間、翌日一日天日干し甘さが倍層し美味しく出来ました

この茄子のオイル漬けは一週間程おいて、使うつもりです
オリーブオイルもいいお味になって使い勝手がありそうで楽しみです。


こちらの方も同じように作られてます。お写真もとっても奇麗ですのでご参考にされて下さいね。



ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2014-11-16 15:34 | 保存食 | Trackback | Comments(2)

プラムシロップ

今日は涼しくて湿度もそれほどではありませんでしたね。

昨日まで熱さと湿度で思うように動けず、ぐずぐずとしておりましたが
涼しいこういうときに動かないといけません、お掃除を丁寧にし

 今夏2度目の大石プラムのシロップの仕上げをして保存便に詰めました。
 9月のお教室まで残っているでしょうか。

プラムのシロップ
f0032481_2363461.jpg

忙しくて仕上げが数日遅れてしまった為でしょうか、少し濁ってますが
香りも高くお味も良い状態で仕上がってます。


f0032481_23103257.jpg


果物の色ってとっても幸せにしてくれますね。

ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2013-08-02 23:20 | 保存食 | Trackback | Comments(4)

グラノーラ(Granola)    レシピ oishii

オートミールをベースに、ナッツ類をかりかりに焼き
蜂蜜で味付けをして、ドライフルーツを混ぜたのがグラノーラ。

アメリカには沢山の種類があるのですが、私にとっては甘味が強く感じてしまう。

勿論日本にもありますし、何回か作ってみた事はありますが
どうも今ひとつなのでした

f0032481_15401097.jpg


お教室の生徒さんの T さんからレシピを参考にと頂きました
こちらをベースに作ってみました。
f0032481_15481425.jpg


オートミール、小麦全粒粉を良くまぜナッツ類を更に混ぜ菜種油をまわしかけ
低温で焼きます。
小麦全粒粉は素材同士をつなぐ役割のため。

f0032481_15425595.jpg

きつね色になったグラノーラにドライフルーツを混ぜ込みます
冷めたら保存瓶に保存します

牛乳やヨーグルトと一緒に頂きますが、プルーンのような酸味のある
フルーツと一緒でもとてもおいしい。
f0032481_15511376.jpg


ピンクの飲み物は、先日作ったプラムのジュースです

グラノーラを使ったクッキーや、お料理にも活用してみようかなと思ってます

T さんありがとうございました。

レシピ
グラノーラ
オートミール   300g
小麦全粒粉    2/3cup
アーモンド(生) 1cup(生で皮付きのスライスされたもの)
         ホールの場合はナイフで刻んで下さい
ヒマワリの種   1cup(カシューナッツやかぼちゃの種でも美味しい)
ごま       大さじ3
菜種油      1/2cup
蜂蜜       120g(黒砂糖、メープルシロップでもおいしい)
レーズン     70g
ドライパイナップル 適量
1。天板にオーブンシートをしく。オーブンは150度に設定
2。ボールにオートミールと小麦全粒粉を良くまぜナッツ類を更に加え混ぜます。
  菜種油をまわしかけ良くまぜ天板に移し平にします。
3。オーブンに入れ150度で25分焼きますが、途中で取り出し良く混ぜます
4。オーブンから取り出し、蜂蜜を良くまぜ再度オーブンで焼きます。25分
  途中でかき混ぜて下さい
5。オーブンから取り出し熱いうちにドライフルーツを混ぜます。
  そのまま冷まし冷めたら、保存瓶にいれて保存します

: ドライフルーツは一緒に焼くと焦げて苦みが出てしまいますので焼き上がってから
 混ぜ込みます。

       お試し下さい     Pinot



ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2013-07-25 16:17 | 保存食 | Trackback | Comments(0)

新生姜の甘酢漬け と生姜味噌  レシピ

暑いですね、こんなに急に来られると体がついてゆけません。
酷暑はいつまで続くのでしょう。
    兎に角ばてないように乗り切らないと。

新生姜で今年も作りました
2週間ほど前なのですが。


七夕そうめんで添えた味噌(新生姜味噌)
f0032481_13225755.jpg


甘酢漬けを作るときに、気になる部分の皮をむいたり
薄切りが出来ないくらいになった端っこ等を刻み豆味噌をベースに
好みの味噌を加えて作ります

沢山は出来ませんが、これがご飯にも麺にも合い


新生姜の甘酢漬け(薄切り)
f0032481_1325418.jpg


新生姜の甘酢漬け(角切り)
f0032481_13312144.jpg



この漬け方ですと、年内はお味が変わらず
肉や魚料理の添えから刻んでサラダに入れたりと幅広く使えます。

レシピ(おいしいから、何度でも 掲載)
新生姜   500g
酢     300cc
水     100cc
砂糖    130g
塩     小さじ1
1。酢、水、砂糖、塩、を合わせて火にかけ、冷まします
2。生姜の皮は気になる部分をこそげるようにむき、
  薄くスライスします
3。生姜を沸騰した湯でさっとゆがき、ザルに広げ水気を切る
4。保存容器に入れ、上からマリネ液を注ぎ完全に冷めたら蓋をして保存します

角切りも同じ作り方です
 
新生姜味噌
生姜    50g
酒     大さじ2
砂糖    20g
豆味噌   30g
麦味噌   10g
みりん   小さじ2
1。生姜は細かく刻み、ごま油(サラダ油で良い)で軽く炒める
2。酒、砂糖、豆味噌、麦味噌を全て加え火にかけ練る
3。最後にみりんを加える
好みで、胡麻や刻んだナッツを加えるのも良い。

味噌はお好みの種類でかまいませんが、白みそ等甘味が強い味噌を使う時は
砂糖の量を調整して下さい。

お試し下さい        pinot


ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2013-07-10 14:55 | 保存食 | Trackback

梅仕事 2013. 梅ジュース

毎年、季節の物の収穫時期になると、梅仕事やジャムを煮たり
と保存食を作る事って、現在は別に作らなくてもシーズンになると
美味しく作られた物がお店に並びますし、ネットをチェックすると
美味しいと言われている物が、すぐ手元に届きます。

しかし何故か気になって、これは私のなかの約束事のように作り出してしまいます。
f0032481_14194487.jpg


その一つが梅ジュース
f0032481_13474754.jpg

南高梅より一回り小粒で,樹上で色づいた紅南高梅をお願いして手に入れます。

洗ってヘタをとり冷凍庫で1日~2日入れ凍らせます。
お砂糖をまぶし瓶に入れてゆきます
お砂糖は今回は上白糖とザラメ半々で。2kg梅にたいし1.8kgの砂糖です。
f0032481_14135845.jpg

凍った梅が解け、お砂糖が溶けてゆきます。

f0032481_14165512.jpg

2週間経つと梅エキスが出てしわしわです。
この状態は毎年異なり、昨年はココまでしわしわになりませんでした

今から梅を取り出し、ジュースを保存瓶にいれ保存しますが、
1ヶ月ほど寝かしてからの方が美味しいような気がいたします。

取り出した梅は、甘味を含んだおいしい梅になってますので、保存し
お茶請けにしたり、刻んでお料理に使ったりとしますので梅のすべてを使い切ります。

作り方の詳細はこちらをご覧下さい

ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2013-06-26 14:25 | 保存食 | Trackback | Comments(0)