カテゴリ:Drink( 37 )

ドライイチゴの続き

今年はドライイチゴを何回も作りました。
昨日、もまた作りました。
それが大変な事に、お昼頃から降り始めた雨にきずかず、あっと思ったのはお夕食を済ませて窓のブラインドを閉めようとしたときです。
雨てびしょぬれのいちごたち、取り入れてももうだめでしょうし、そのままと言うわけにも行かず、
キッチンに運び、水気だけはふきましたがこれどうしましょう。

気を取り直して、いちごのシロップでさわやかな飲み物を作りました。
f0032481_2220463.gif

ほんの少しだけ、苺のリキュールが瓶に残ってます。
これは風味ずけに丁度良いと,ここへドライイチゴのシロップを加えてみました。
f0032481_22201975.gif

これをグラスに注ぎ、グランマニエもほんの少し加え炭酸で割りました。
すっきりとしたさわやかな飲み物です。
f0032481_22203524.gif

懐かしい西麻布のル スフレ(Le Souffle)のチョコレートをいただきましたので、これをお口にポイポイ入れて、懐かしさのあるチョコレートでした。  Yさんありがとう。

Le Souffleの熱々で、ふわふわのスフレがとっても懐かしい。
by studiopinot | 2007-04-18 22:32 | Drink | Trackback | Comments(54)

鏡開きの日に

f0032481_12282.gif
昨年末に,姉からお酒が届きました。
最近夫が好んで飲んでいる蕎麦焼酎です。

2本は「雲海」で、後一本が、この美しい色をしたボトルの「マヤンの呟き」という宮崎県のそば焼酎です。
どちらかというと、中身よりこの美しい色のボトルが気になってましたが、今日は鏡開き、
新年の新たな出発、行事はじめの日に開けました。

ボトルに室内のごちゃごちゃが写ってます。yonech先生これはどうしたらよいのでしょう。

アルコール度が38度と高めが気にはなったものの、お湯割でほのぼのといただきました。


f0032481_1283061.gif

酒の肴は蕎麦がきです。そば粉を湯で練って、それを湯の中に落として引き上げわさび醤油で頂きました。  今日の蕎麦がきは練った後、手で丸めてます。

f0032481_12352033.gif

鏡開きの日には、鏡餅を下げて割ってお汁粉やお雑煮にしていただくのですが、今年はもう少し乾燥させてあられにしてみるつもりです。
お汁粉には、やはり蕎麦がきを花形にして入れてみました。
蕎麦がきのふわふわもちもち感が、これは美味しい!
by studiopinot | 2007-01-14 12:31 | Drink | Trackback | Comments(24)

ボジョレーヌーボー

11月第3木曜日は、ボジョレーヌーボーの解禁日です。
ここ数年、毎年最高の出来といわれてきておりますが、今年はどのようなお味でしょうか。
f0032481_2024623.gif

グラスに注ぐと、いつもの透き通るようなルビー色ではなく深みのあるルビー色です。

そして口にすると、酸味が感じられ重厚さも有り、昨年一昨年の軽やかなワインとは異なるお味です。
f0032481_20294799.gif

日が落ちて、お部屋がうす暗くなってきました。
電気をつける前に、キャンドルの灯りのもとで今年のお味をもう一度ゆっくりと楽しんで。

記 ボジョレーヌーボーのお味に関しましては、あくまでも私が感じたものを記しました。
   今年のボージョレー皆様はどのようにお楽しみになりましたでしょうか。
   
by studiopinot | 2006-11-16 20:45 | Drink | Trackback(3) | Comments(54)

20年ものの梅酒

こんなに濃い色をしていますが、梅酒です。20年以上の年月を経ると色が濃くなり、お味は凝縮されて
体に良いって感じの飲み物になっています。
数日前たのしいな・うれしいなのrainydayhさんが10年以上たってる梅シロップをご紹介してらっしゃいましたが、
やはり黒っぽい色をしていましたね。

物知りな方がいらした時に、大切なアンテイークのグラスに、梅酒をそそいで自慢げに
お出ししましたら、一言「これは素晴らしい」「シェリー酒に似ている」ともおっしゃりお飲みになりました。
その後、その方の目は、梅酒が入っているウイスキーの瓶に釘ずけになりました。
しばらく縦から横から眺めてからおっしゃるには、
f0032481_18501751.gif

「最近のボトルは模様が省略され、つまらない物になっている、この40年前のボトルは大切にした方が良い」と。
気がつかなかったことでしたが、その後早速チェックをしてきましたら、確かに粗い模様でつまらないボトルになってました。

香水をコレクションしていた時期があって、古い香水瓶は手がかかっているのがよく分かっていたのですが、
ウイスキーのボトルもとビックリ致しました。それにこのボトルが40年前のとは驚きました。
どうやら夫がいただいてきたもののようです。
本当は、中身ごとその方に差し上げようかしらと思っていたのですが、急遽取りやめ、口に出さないでよかったです。
f0032481_1851271.gif

今年漬けた梅酒です。写真は漬けて10日後のものです。
同じ種類ですので、プラムを3個加えてみました。(NHK今日の料理参考)
何時もの梅酒とどのように違うのか楽しみです。
この梅酒を綺麗なボトルに少しいれて保存してみましょうか。皆様もこんな楽しみ方をいかがでしょう。
5年後、10年後皆さんでくらべっこをしたりして。
by studiopinot | 2006-07-31 17:16 | Drink | Trackback(1) | Comments(15)

梅シロップとアイステイー

昨年作った梅シロップ、味が練れて大変おいしくなってます。
そして、大分少なくなってきました。今年仕込んだ梅シロップが、おいしくなるまで大切に使います。
f0032481_15201862.gif

ここ数日の暑さにどうしても冷たい飲み物が多くなりますが、梅のエキスが暑さで疲れた体を助けてくれるような気がして、
アイステイーに梅シロップを入れてます。紅茶と梅シロップ、相性が良いようです。
アイステイ-のお供は、大好きな開新堂のクッキーです。
この小さなメレンゲは,1cmほどの可愛いメレンゲです。
f0032481_15145490.gif
丁寧に作られた小さなクッキー、このお味はいつもほっとさせてくれるお味です。
by studiopinot | 2006-07-15 15:24 | Drink | Trackback | Comments(22)

夏の定番 アイステイーいろいろ

アイステイーは、日本の蒸し暑い夏にぴったりな飲み物だと思います。

何でも始まりは、1900年初めにアメリカの博覧会で出された紅茶が、真夏の暑さで誰も飲まず、
困ってイギリス人の責任者が、氷を入れたグラスに紅茶を注いでお出ししたところ喜ばれ、
暑い日の飲み物として広まったのだそうです。
以前は、ヨーロッパでは見かけなかったアイステイーも、出すところが多くなりました。

気温と湿度が、夏を思わせる今日、こんなアイステイーを作ってみました。
いただくときは、よく混ぜて下さい。
フルーツセパレートテイー(Fruits separate tea)
甘みのついたアイステイーを,グラスの半分までいれグレープフルーツジュースを静かに注ぎます。
甘いテイーと、さっぱりとしたグレープフルーツジュースが混ざり合って、さわやかな飲みものになります。
暑い日、家に戻ってセパレートテイーを頂くとホット致します。但し自分で作らないといけないのが残念。
f0032481_20491359.gif

トリプルテイー(Triple tea)
名前のように3層に分かれます。
グレナデンシロップをグラスの一番下に注ぎ、オレンジジュース、またはパイナップルジュースを注ぎます。
上にお砂糖が入ってないアイステイーを注ぎます。このおいしさは、疲れを吹き飛ばしてくれます。
f0032481_20564100.gif

お分かりになった事と思いますが、層になるのは比重の違いです。
お砂糖を入れたアイステイーは、グレープフルーツジュースより重いので下に沈みます。
この考え方で、沢山のバリエーションができるはず、お試し下さい。
グレナデンシロップはざくろのシロップ(と言われているだけのようでカクテルに良く使われてます)ですが、
清涼飲料水として濃縮されたものを求める事が出来ます。他のシロップでも勿論出来ます。
by STUDIOPINOT | 2006-05-30 21:24 | Drink | Trackback(1) | Comments(23)

テイータイム

月曜日は私にとって大事な曜日です。やりたかった事,気にかかっていて取り組めなかった事などに
向き合うことが多い曜日です。
ですから外出のスケジュールもできるだけ入れないようにして自分の日にしております。
このような日にゆっくりと頂く紅茶があります。それもダージリンのキャッスルトン茶園のものが手に入ったからです。
ダージリンはインドのヒマラヤ連峰の山麓で、昼夜の寒暖の差が激しい事によって発生する、
霧と空気が味と香りを作り出しているといわれております。
紅茶の仕事にかかわっていた次期もありますので、こだわりを持っているつもりです。

テイータイムの為のセットです。
テイーカップは、色の違いを楽しむためにも白が良いのですが、今日は色のかかったカップも使いました。
このポットはコーヒー用です。紅茶には丸いポットの方がおいしく入りますので、
丸いポットで入れた紅茶を移し変えました。
f0032481_14281122.gif

平たいお皿に、一人用にセットしました。気軽に友人との時は、このようなセットでいただきます。
f0032481_18302993.gif


ダージリンテイーのセカンド・フラッシュです。ファースト・フラッシュ(日本で言う新茶に当たります)より茶色が濃くなります。
f0032481_15144356.gif

昨日焼いたケーキをダージリンと一緒にいただきました。バターを少なくして生クリームを入れたケーキです。
一つは友人へ。
f0032481_15331636.gif

f0032481_15103899.gif
グット我慢のレクシーは、これ以上近ずきません。目は一点に釘づけ。
大きな雷が落ちることが分かっているのです。

by studiopinot | 2006-05-29 15:17 | Drink | Trackback | Comments(23)