お教室では  テーブルコーデイネートクラス2008.10.

昨日はコーデイネートのお教室。

先月から始まった新規基礎クラスの第2回です。

一回目は以前お会いし食べて飲んで笑ってと楽しい時間を過ごした方までも、皆様緊張して、その空気で私まで緊張してという雰囲気でしたが、今回は同じメンバーかしらと思うほどリラックスした空気にホット致しました。
f0032481_1112325.gif

「和のスタイルの基本」と「洋のスタイルの基本」 と最低守らなければいけない「約束事」を含めての講義です。
前半、数回はこのように座学が続きます。


るりまつり
f0032481_114495.gif

夏から咲き続け、綺麗な青い色で爽やかな空気を運んでくれていた「るりまつり」
も終わりです。
色も少しあせてきたようです。
   お疲れさま、来年も楽しませてくれるようにお礼肥えを忘れないように致します。


コーデイネイトクラスの皆様お疲れさまでした。


そして午後は。

このところPCが不調、メーカーやプロバイダーやらあちらこちらと電話を入れて、
ああでも無いこうでもないといじり、やっと直ったのが午後6時。
どうして電話がこうも繋がらないのでしょう。

でもこの電話が頼りなのですよね。

     とにかく直って一安心。

原因・・・・・あちら様がおっしゃるのには、私があれこれいじりすぎて狂ってしまったのだそうです
       簡単に説明しますと、このようなことをおっしゃられましたよ。

       これに対して私は憤慨しております。
by studiopinot | 2008-10-23 11:04 | お教室では | Trackback(4)
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/9463229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 今日は何にしよう? at 2008-10-23 20:26
タイトル : おべんきょう
あの緊張から1ヶ月。 ’尺、、、   寸、、、’ なるほど、、、 どうして、お茶碗は左に置くのでしょう。 子供の頃から、親から躾けられていたことに、なんの不思議も感じなかったのですが、 改めて、なぜって、言われると。。。 日本の様式の美。 私が幼かった頃、伯父宅でのハレの席を思い出しました。 末席の私の前にも、足付き膳が置いてあったこと。 ’そうなんだぁ。’ ’そうか’ ...... more
Tracked from +wabi at 2008-10-24 23:09
タイトル : 今月のお教室
昨日は2回目のテーブルコーディネイト教室でした。 先月のカチンコチンだった雰囲気とはガラッと変わって、とても和やかな時間でした。 洋・和、それぞれの基礎を学びましたが、どちらも深い! 以前、魚タロに「ご飯は左、お味噌汁は右だよ」と言いましたら、「どうして?」と反されたことがあります。 「ど、どうしてって、昔からそう決まってるよ。」これが精一杯(笑) しかし、これにはちゃんとした理由があるのですよ。 はい、昨日のレッスンで知りました^^; なんにでもちゃんと理由があるのですね。...... more
Tracked from naco's life at 2008-10-25 02:24
タイトル : テーブルコーディネート~10月
緊張の1回目から早くも1ヶ月。カチンコチンの前回からは、だいぶ リラックスムードになりました。 レッスンの間集中力が持つのか・・・という心配をよそに、先生のお話は とても興味深く(なにしろ知らないことばかり)あっという間に時間が過ぎます。 反面、レッスンが進むにつれて、皆さんの知識の豊富さに、ひとりシロウトが 紛れ込んだような感じは否めませんが、ごまかしが通用するわけでもなく、 自分は自分らしくを求めて頑張るのみ。 ごはんのお茶碗を左側に置くことに「五穀豊穣」「子孫繁...... more
Tracked from Le Perline ビ.. at 2008-10-28 00:42
タイトル : テーブルコーディネート*レッスン october
先週のテーブルコーディネートのお教室の復習です。 プレートとカトラリーの位置、二指三指。 英国、仏流のカトラリーやグラスの位置の違い、等々。 『ご飯は左お椀は右』。子供の頃母や祖母からしつこいように言われてきたことですが、それには意味があったのですね。五穀豊穣にまつわるお話は帰って家族にもきちんと語って伝承しました。 お教室の時間は目も耳も頭も(笑)フル回転させて集中。学ぶこと、楽しいですね。充実した時間です。 その後のお茶の時間では緊張も解け皆で楽しく談笑。 この日頂いたサツマイモと...... more
<< たかが楊枝  されど楊枝 さつまいもと豆乳のスープ >>