おから料理

一時期は見向きもされなくなっていたおからが、健康志向ブームで数年前から息を吹き返しています。
f0032481_18444882.gif

脳の老化防止(私には一番必要)、食物繊維が多いので便秘予防、搾り出した後とはいえ蛋白質も含まれています。
今月のお教室で作りました雪花菜(きらず)和えです。卯の花和えが春に使われる季語ですが、雪花菜(きらず)和えは同じおからを利用した和え物でも冬に使われる季語です。

日本料理は同じ素材の料理でも、季節によって呼び名が変わってくるものがいくつか有ります。

四季の移り変わりと、食を結びつけて楽しむ日本人の心なのでしょう。
f0032481_19332472.gif

少し手間がかかりますが、おからを漉してそれを、鍋で丁寧に炒ります。そのとき酢、砂糖、塩、で調味します。さらさらになるまで炒ったおからを、しめ鯖、人参、大根、しめじと和えました。
f0032481_1913913.gif

おから入りちじみ
hiroさんの人参と干し海老のを拝見してから,気になっていたちじみ。同じように人参と干し海老、そこにおからを混ぜて作ってみました。
f0032481_1859527.gif

そうですね、複雑。入れないほうが美味しかったかもしれません。

おからの炒り煮
f0032481_1905429.gif

定番の炒り煮です。各ご家庭で入れる具もいろいろな事でしょう。
今日は、干し海老と戻し汁、人参、しいたけ、ながねぎ、冷蔵庫に残っていた豚挽肉を入れました。
おから    300g
砂糖     大さじ1.5
薄口しょうゆ 大さじ4
海老戻し汁 600cc
醤油と長ねぎは最後に加えます。
by studiopinot | 2007-01-21 19:27 | 料理 | Trackback(1) | Comments(25)
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/4399587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 海の青と空の青 -ush.. at 2007-01-22 18:43
タイトル : にんじんと干しエビのチヂミ
これはおとついのお昼ごはんにひとりで食べたものなんですけど・・・「にんじんのチヂミ」、材料があるときには、けっこう頻繁に食卓にのぼります。 いつもは、にんじんだけで作ります。これはちょっと豪華版(?)で、先日実家に帰ったときに、お土産にと持たせてくれた干しエビ入り。 (エビの種類はよくわからないんですけど)からからに乾いてなくて、そのままでも食べれないことはないです。揚げて食べてもイケル感じ♪ だしの素、塩、薄力粉を水で溶いて(天ぷらの衣よりも少し固めくらい?)、千切りにしたにんじん2/...... more
Commented by rise_1246 at 2007-01-22 18:12
こんばんわ~♪
とっても美味しそうな和え物ですねぇ~!
私も今日「白和え」を載せたのですが、「おから」の料理とか
「白和え」って手間がかかるけれど家族があまり喜ばずメインに
ならないですよねぇ~。でもこんな和え物作ってみたいので是非
挑戦してみます♪
相変わらずpinotさんのお料理って繊細で素敵!
Commented by hiro235 at 2007-01-22 18:42
こうしてみると、おからって、ほんとにいろんな使いかたができるんですね。
pinotさんの手にかかると、上品に仕上がって、うっとりです(*'-'*)
私のざざっとしたチヂミとは大違いだわー(笑)
文中リンク、TBありがとうございます。
私もTBいただいてかえりますm(_ _)m
Commented by soba884 at 2007-01-23 00:38
こんばんわ~♪
PINOさん、さすがですネ 私の作るおから料理とは違って、いかにも美味しそうです。
おからって食べてあげないと、産業廃棄物として処理されてしまう可哀想な食べ物なんですョ!!
私のお店のおからは、奈良県御所市の梅本とうふ店(0745-66-0007)から頂いています。此処の豆乳を飲むと、他で売っている豆乳は、飲めなくなります。
おからを希望する時は、少しと言うと、家庭用鍋に一杯分、多めにと言うと、バケツに一杯分届きます。
作る量が違いますので、鍋で炒ると言う事はしません。電子レンジで温めてはかき混ぜ、又温め、かき混ぜを繰り返して、作ります。
それと、中身は精進で作ります。
一番の中身は、出汁取りに使った日高昆布をみじん切りにしたものと薄揚げを是も細かく切ったものです。後の材料は、ニンジン、蒟蒻、牛蒡の微塵切りしたもので、甘汁用に作った出汁に、白醤油、塩、味醂です。
作ったおからに、山芋をすったものを混ぜて、揚げに詰めて炊いたものを蕎麦の具に使ったりしています。不思議な食感が、お客さんから好評です。
Commented by さんまるいち(けいこ) at 2007-01-23 02:43 x
おから良いですね。
年をとったのかこういうのが恋しくなります。
私のはもう少し色が濃いかな?
Commented by 出MAX at 2007-01-23 04:44 x
studiopinot さん、おから料理ですか。
おからというのは何だかボソボソしているところが
子供の頃は嫌でしたが、
大人になってからというか修業時代に
ただで分けて貰えるということからよく食べましたね。
いろいろな料理にしましたね。

おからのチヂミか~美味しそうですね。

聴かれていませんがちなみに僕のオススメは
沖縄サンダギーでしたっけお菓子、
あれをおからで作るとボソボソ感がなおさらグーです。
ではでは。
Commented by apricot_peach at 2007-01-23 07:00
おからは普段ほとんどいただきませんが、体にやさしい、そして満腹感も得られる優秀な食材ですよね。
お豆腐やさんで目にする度に気になっていましたが、手に取ることはありませんでした。
pinot先生のおいしそうなおから料理を眺めていたら、私も作ってみたくなりました!
次回お豆腐やさんに行った時は^^おからちゃんを連れて帰りますね(^_=)=☆
Commented by yasurako at 2007-01-23 10:48
おから、とてもおいしそう。。。
冬だと雪花菜(きらず)和えというなんて知りませんでした。
日本人って四季を大切にするんだなぁと思いました。
定番の炒り煮、いいですね。食物繊維もあって、おいしくて、栄養たっぷり!いう事なしのおからですよね。
週末お豆腐屋さんにいってみようかなと思いました。
Commented by ryuji_s1 at 2007-01-23 13:52 x
おからは体に優しいですね。とても美味しそうです。
Commented by 林檎 at 2007-01-23 15:39 x
私もおからは体にいいので、おからの炒り煮やサラダやコロッケなど作っていましたが、手がかかるので億劫になっていました。でも、こんさんのブログでお味噌汁に入れるという記事を読んでから、そっかそれなら楽で続けられるし体にもいいと続けている次第です。結構いけますよ~。おからによっては球になったり、さら~っと溶け込んだりと色々ですが、美味しいおからならなおさら美味しい。私のお勧めのおからは、耶馬溪のへ屋傳六です。
Commented by matoi1177 at 2007-01-23 16:54
こんにちは!
以前は近くに美味しいお豆腐屋さんがあったんですけど、そのお店も
いつの間にか閉店してしまって・・母が困っています。(笑)
おからは母の18番で、時々作ると持たせてくれるんです。
栄養があって食物繊維も豊富なおから、pinoさんのおからを見たら
作りたくなりました♪もらうばっかりではね^^
Commented by mshin11 at 2007-01-23 19:53
上品なおから料理ですね。
私は最後のおからは作りますが・・・
ちぢみは興味がありますが、小麦粉は入れないのですか?
Commented by studiopinot at 2007-01-24 17:13
rise_1246さん
白和えを作られたのですね。
白和えやなどこのようなお料理は、手間がかかる割りに地味で売れ行きが悪かったりしますね。
でも時々作りたくなってしまうのです。
Commented by studiopinot at 2007-01-24 17:15
hiro235さん
hiroさんのちじみの方がずっとおいしいですよ。
おからを入れすぎたせいか、おいしくなかったのです。
一工夫必要でした。
Commented by studiopinot at 2007-01-24 17:17
soba884さん
電子レンジで作られるのはいいですね。
それと、山芋を混ぜて御揚げに詰めるこれいただきますね。
よろしいでしょうか。
Commented by studiopinot at 2007-01-24 18:36
さんまるいち(けいこさん
たまにいただきたくなりますね。
薄口しょうゆと半々にしてますので、色が薄いと思います。
Commented by studiopinot at 2007-01-24 18:40
出MAX さん
おからは同じく子供のときは嫌でしたよ。
サンダギは秋に沖縄に行ってきたのですが、知りませんでした。
有名なようですね。おからで作るのですね。
今度ためしてみますね。
Commented by studiopinot at 2007-01-24 18:43
apricot_peachさん
おから料理は年に何回かしらというくらいですが、体に良い事からもっと利用してみるつもりです。
今回は成城石井のおからを使いました。とってもきれいでした。
Commented by studiopinot at 2007-01-24 18:45
yasurakoさん
四季の移り変わりとお料理を考えるというのはとても素敵なことですね。
時にはおから料理もいいものです。
Commented by studiopinot at 2007-01-24 18:46
ryuji_s1 さん
本当に体に優しいですよね。
お好きですか。
Commented by studiopinot at 2007-01-24 18:47
林檎さん
毎日とりたくてもなかなかとりにくいものですね。
お味噌汁に入れるのですね。
ぼそぼそ感などはいかがですか。
Commented by studiopinot at 2007-01-24 22:38
matoi1177さん
おから料理がお得意なお母様がそばにいらして、うらやましい。
お母様も嬉しいのでしょうね。
Commented by studiopinot at 2007-01-24 22:40
mshin11さん
炒り煮はお作りになられるのですね。
チジミに入れたおからは、小麦粉と半々にしたのですが多すぎたような気がします。
Commented by 林檎 at 2007-01-27 15:28 x
>ぼそぼそ感などはいかがですか。
おからの量にもよりますが、サラッーとしてマイルドな味噌汁になって美味しいですよ。
Commented by riccalicnaol at 2007-10-24 13:52 x
zelcnaouze
Commented by riccalicnaol at 2007-10-24 13:53 x
zelcnaouze
<< 100万円  わんこです 新年のお教室では >>