肌寒さを感じるくらい気温が下がってます。

台風の影響のようですね。

今年はいかに多くのお野菜や果物をとるか、その為にレシピを考え調理に工夫し
それを楽しんできたと思います。

桃   一葉
皮には細かなうぶ毛が他の桃より可成り密で、ずっしりとした重みがある一葉をいただきました。
冷やして頂くと今までの桃とは異なり歯ごたえがあります。
f0032481_20342825.jpg


このような歯ごたえのある濃いお味の桃はアメリカで頂いた記憶があります。
コンポートにしてデザートで楽しみ,ジャムも作りました。

残ったコンポートのシロップでゼリーを。
f0032481_2040983.jpg

窓辺において真逆行で撮ってみました。

f0032481_20423320.jpg

ぷるぷるのゼリーに、生クリームとヨーグルトを混ぜて添えてます。

桃の蜜煮
f0032481_20474151.jpg

出し汁  みりん  白醤油 砂糖で薄味に煮たもので、おろし生姜を添えて頂きます。
このレシピは、母と度々伺った 懐石 和幸 主人高椅一郎 著  「 季節の煮物 」から頂きました。

この本を見ていると、和食の原点とはが見え未だに参考にさせて頂いてる本なのです。
ここで修行された方が多く活躍されてますが、その中のお一人が 懐石温石さん
まだお若いのにしっかりとした華のあるお料理を提供され、将来が楽しみな方です。

果物も夏から秋へと移ってきてます。
お野菜とともに楽しみです。





にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

by studiopinot | 2015-08-26 21:04 | 料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/24405253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ひじきの煮物 一汁一菜   葉月  気になる... >>