炭火焼とはゆきませんが

食材にあった調理が出来たらこれほど素晴らしい事は有りません。

必要以上に調味して失敗したり、逆に薄味薄味と思っているうちに
折角の食材が死んでしまい間の抜けたお料理になったりと。

この方が最高の調理をされており,コツを教えて頂きました。
それこそなんでもない手間のかからない調理なのですが

残念ながら炭火は無理でしたが、グリルでokという事で
美味しそうな春蕪と出会いましたので作ってみました。
と言っても、ホイルで包んで焼くだけです。
f0032481_2212461.jpg



あるお野菜も添えて
f0032481_2231551.jpg

蕪、人参、山芋、さつま芋
食材別にホイルで包み、弱火でじっくりなかまで火を入れます
ほぼ火が入ったところでホイルをゆるめ、強火にして焦がします

美味しいお塩とオリーブオイルで頂きました。
これと牛たたき 等と併せてみたいですね。

我家の床の間であるキャビネットの上には色つき始めたジューンベリーを。
f0032481_2222657.jpg


ヘンリー蔦
玄関口においてあるのですが、手前の明るい緑色とまだら模様,となりの
紫色がかった深い緑色共にヘンリー蔦です。
f0032481_22144156.jpg

明るい緑色の種類は、夏に気温が30度くらいになると元気がなくなります。
冬の間は枯れ木のようになってしまい、春に芽が出てくるまで枯れてしまった
のではないかと毎年ハラハラさせられるのです。


ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2015-05-18 22:25 | 料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/24022865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今朝のジュース Small garden の薔薇 >>