師走の桃色のはずが  !!!!!

毎年のように作るリンゴジャム
奇麗な桃色のジャムです。
寒い日に桃色は気持ちを温かくしてくれます。

作り方は色々ありますが、紅玉で皮と一緒に煮ると奇麗な桃色になります。
勿論皮は取り出しますが。

砂糖の量は、リンゴを一口かじり甘さの確認をして35%に決めます。
最近のジャムはお砂糖の量が可成り少なくなりました。
f0032481_21123523.jpg


リンゴのジャムと,カマンベールをたっぷりとのせて頂きます。
f0032481_21163142.jpg

この組み合わせは、私には絶品なのです。


ザクロ (Pomegranates)
丁度今頃は輸入のアメリカ産のざくろが手に入ります。
日本のザクロは酸っぱくて、観賞用の感じですがアメリカ産は種類が異なり
甘くて美味しいのです。
実はザクロも実を取り出し、シロップにするつもりです。
f0032481_21212967.jpg


桃色よりはちょっと濃い色になりますが、ジュースの色を見ているだけでも
嬉しくなるのです。
カクテルやゼリーを作るのに使うグレナデンシロップ(仏名 Granade)

ジンジャーシロップ   レシピはこちらを参考になさって下さい。

いつもは新生姜で夏に作ると香りが高くて優しいシロップができるのですが
今年は体を温める為に冬にも作る事にしました。
でも桃色にはなりませんでした
f0032481_21273952.jpg


今までグラニュー糖を使ってましたが、種子島産原糖を使いましたら
出来上がりが桃色にならず、黄土色のような色になってしまったのです
当たり前の事なのに、出来上がりまで気づかずにいたのでした。

f0032481_2134818.jpg

ホットで頂くと、優しい甘さになっていました。

残った生姜は
f0032481_21365493.jpg

1/3量は、醤油と合わせてさっと煮ます。  箸休めに。
2/3量はお茶請けにしたり、刻んでケーキに入れてみようと思ってます


ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
by studiopinot | 2014-12-19 21:40 | 料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/23453005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今年も後わずか 簡単あったかケーキ クラフテイ... >>