定番のお節句ご飯

5月5日は五節句のひとつである 端午の節句です。

子供の成長を願う行事ですが、今年は特に震災により両親をなくした子供、
兄弟をなくした子供、子供をなくした親   あまりにも悲しいお節句になりました。

高校生のお兄さんが津波に流された弟の供養の為にと、青いこいのぼりを沢山青空に舞わせてました。
自分の気持ちをNetで伝えたところ、全国から青いこいのぼりが沢山送られてきたそうです。
お兄さんは毎年弟の為に青い鯉のぼりを青空に舞わせたいとのこと。

我家のお節句は例年と何も変わらず筍ごはんと鰹。

筍ごはん
f0032481_1052371.jpg

油揚と筍、昨年作った山椒の有馬煮、やっと新芽が出た山椒の葉。
昨年から元気がなくなったきた山椒の木にもやっと芽が出て、葉が使えるくらいまでになり
小さな蕾も今朝見つけました。

f0032481_10565721.gif

吸い物は若布と筍。前日茹で豚を作りその茹で汁を利用しています。

鰹のサラダ
f0032481_10592841.jpg

和風にいただくときと同じように、生姜やガーリックを使いとろみをつけ鰹に良く絡まるような
ドレッシングを作ったところこれがなかなかでした。
他のお魚料理にも使えそうです。
f0032481_114932.jpg

4月中旬に入ると和菓子屋さんで見かける柏餅ですがそれはそれ、
5月5日には頂かないと気がすみません。

子供の頃、母が前日から餡を煮て、5日の日は朝早くから蒸し始め
家族全員で当たり前のように頂いてました。
こんな光景を思い出した今年の端午の節句でした。

九州から送られてきた新茶とともにいただきました。   ありがとう。
by studiopinot | 2011-05-06 11:13 | 料理 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/15924738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lymphe-beauty at 2011-05-07 01:20
ご無沙汰しています。

今回の震災を受けて「変わらない事」「日常生活」がどれだけ幸せな事なのか、改めて考えました。
「新茶で柏餅(粽)」も私にもごく当たり前だし、菖蒲湯につかるのも、この時期に春の息吹を身体に取り入れるのも「普通の年中行事」なのですが、それが叶わない方々への想い、いつまでも持ち続けていきたいと思っています。

Commented by nao-lee at 2011-05-09 14:06
こんにちは。
今年はこどもの日や母の日。いろんな行事が特別にかんじます。
pinot先生の作られるお料理からはおいしさだけでなく、見た目からも新緑の清々しさが伝わってきます。
山椒のいい香りがしてきそうです。
旬のものを取り入れることの大切さも改めて実感しました。


Commented by STUDIOPINOT at 2011-05-14 16:39
lymphe-beautyさん
こちらこそご無沙汰いたしております。
当たり前だった事が当たり前で無くなることを今回は
学びましたね。
忘れないようにと思っております。
Commented by STUDIOPINOT at 2011-05-14 16:40
nao-leeさん
いつもお元気そうですね。
伺っては楽しんでおります。
旬のものは身体にも良いので多くとりたい物です
<< 新じゃがいもと牛肉の煮物 パンケーキと桃色カルピス >>