春野菜 野ふき 

春野菜といえば、季節を告げる野生の植物で食用にされるのを山菜と呼びますが
今の状況でどのくらい店先に並ぶのかしらと心配しておりましたが、
春ですね。  山独活、ふきのとう、たらのめ、ぜんまい、うるい、行者にんにく、ふき。
綺麗に並んでおりました。

といっても今は年間を通して求める事ができるのもありますね。

そのなかでも、今だからこそというのを発見。   野ふき
茎が細くて短く、香りがとっても強いのです。
茹でる前に筋を取りますが、指先にしっかり茶色いアクがつき、
作業している間も懐かしい強い香りがお台所に広がるのです。
茹でて水に取り、色を落ち着かせます。
茹でてから冷蔵庫で保存もできますが直ぐ調理してしまいます。

f0032481_2202399.jpg


子供の頃はこの強い香りと苦さがとってもいやでしたが、いつの頃からか大好きなお野菜になってます
こういう物ってどなたにもあると思います。   さといもも苦手でしたね。

定番の煮物
f0032481_2231468.jpg

甘さと辛さをしっかり出して煮上げます。

野ふきとベーコンの炒め物
f0032481_2244345.jpg

昨年、叉焼で炒めてみたのですが今年はベーコンをfふきと同じサイズに切り
オリーブオイルで炒め塩、こしょうするだけ。

f0032481_2211125.jpg

山菜とオリーブオイルの組み合わせがとっても美味しいので是非お試しを



ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村 
by studiopinot | 2011-04-06 22:11 | 料理 | Trackback
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/15772648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 桜  城さくら 素揚げ大豆と野菜たち >>