甘夏のピール

今年も作りました。
昨年作ったのを、2月のお教室でオランジェットにしてデザートに利用してます。

今年もご近所のお友達がお庭で実った甘夏をくださいました。
皮が少し薄めなのですが、酸味と甘味がしっかりしていて濃くて大変おいしい甘夏です。

フレッシュなうちに実はお腹の中へ、そして皮を煮ました。
甘夏のピール
f0032481_16175256.jpg

昨年まではコトコトと煮ていたのですが、今年は圧力鍋を使ってみました。
初めから圧力鍋で煮ると好みの苦味が調整できませんので、20分は普通に煮て
アクとりと好みの苦味に調整をします。
砂糖と一緒に圧力鍋で煮、一晩置いて翌日残りの砂糖をくわえてもう一度煮れば出来上がりです。
f0032481_16181461.jpg

今年はシロップごと瓶に保存し、必要な量だけ取り出し3日ほど室温におき
やや乾燥したところでグラニュー糖をまぶす事にしました。
f0032481_1619350.jpg

甘夏の皮についてる綿状の部分が少ないので、少々薄いピールになりましたが
なかなか美味しくできてます。

コトコト煮て作るのは、プロセスを楽しめるし豊かな気持ちになれるのですが
  圧力鍋で作る方法はかなりの手間と時間を短縮できいい方法ですよ。
  今、残りの甘夏でマーマレードを煮ています。こちらはコトコトと煮て作っております。


ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村  
by studiopinot | 2011-03-31 16:32 | 保存食 | Trackback
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/15740047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< レクシーです small ga... ピーマンと沢庵のとろとろ丼 >>