おせち

お正月のおせち料理も年々品数が少なくなりました。

家族は「お雑煮があればよい」と言いますし、でも少しお節らしいのも欲しい。

元旦はお祝いの食卓。

f0032481_22104681.jpg


重箱も従来の大きさではつめ切れないし、お節はびっしりと詰めなければならないため
今年は小さな2段の重箱にしました。
f0032481_22122276.jpg


お雑煮
f0032481_22171551.jpg

お雑煮も大根、人参、さといも、鶏肉、小松菜、なるとのごく普通のお雑煮ですが
我家の三が日頂くお雑煮です。
なるとを入れるのは何故なのか良く分からないのですが、
               子供の頃からお雑煮には必ずはいっていたのです。

お節
一の重 (紅白かまぼこ、黒豆、数の子、田作り、錦玉子)
ニの重 (鴨の焼き物。鰆の西京漬け、ごぼうの胡麻和え)

ごく普通のおせち料理ばかりですが、
おせち料理を作っていると、手順の中にお料理の基本が沢山はいってますので
FPを使わず裏ごしたり、半紙をしいてごまめを炒ったりと手間はかかりますが
なるほどなるほどと基本を思い出しながら手がけます。
f0032481_22301432.jpg

伝統を崩したお鏡です。
f0032481_22322037.jpg

欅で作られた鏡餅と、三宝も塗り物を使いました。



ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村 
by studiopinot | 2011-01-02 22:42 | 料理 | Trackback
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/15266315
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今年も、丸の内界隈へ 明けましておめでとうございます >>