いかと米粉すいとんのイタリアーノ

日本の食の自給率が40%とか。
しかしお米にかんしてはほぼ100%の自給率とか。

そして、お米の消費量は年々減っていくということになっている現実

先日、秋10月に売り出される米粒からパンを作る「ホームベーカリ」の試食に行ってまいりましたが
「もちっとしてふわ」という食感がなかなか美味しかったのです。
米粒から粉にしてパンになるまでを60cm高さくらいの、お台所におけるサイズで
出来ている製品に、ただただ驚いてきました。  玄米でも勿論玄米パンが出来上がるのです

確かに私自身も3食とも米粒を食してはいないのが現状

問題が大きすぎて・・・・
せめて少しでもと思い米粉のすいとんを考えました

いかと米粉すいとんのイタリアーノ  レシピーは下記
f0032481_1554926.jpg

いか、たこ、えびと好きな食材を使い、ガーリックとたかの爪でとココまではよくあるパターン。

米粉を水で練りとうもろこしを入れて夏の彩りにして、小さなスプーンでお鍋に落としてゆくという
いたって簡単な方法です。

f0032481_21163845.jpg


コツはガーリックのお味を丁寧に出すということだけ。
塩味をつけてますが、白玉団子にも似ているし中国料理にも似たのがあった記憶があります

すいとんは小麦粉の生地をお団子状にして煮込んだ郷土料理に加え、食材の旨みが
       すいとんに染み込んで行き美味しいもの
欧米にはダンプリングがありますが、小麦粉と卵、牛乳で練り団子状にしてスープに浮かします

イタリアにはニョッッキがありじゃがいもを潰して生地にしたもの

各国のこれらを参考にして、米粉の利用を増やすのも良いかもしれません

レシピ
いか   一パイ
たこ   足1本
えび   5本

ガーリック  1かけ(細かく刻みます)
たかのつめ 1本(種を取りだし2つに切ります)
オリーブオイル
白ワイン   50cc
水       100cc
塩・こしょう

パセリ    みじん切り 

米粉       70g
水         80cc
とうもろこし粒   大さじ2 

1.いかは足を抜き、綺麗にして1cm幅に輪切り
  たこは一口大に切る、海老は背腸と殻を取り除く
2.米粉を水で練りとうもろこしと塩を加えておきます。
3.フライパンにガーリックとたかのつめを入れ火にかけ、弱火で丁寧に香りを出します
  いか、たこ、海老をくわえ火を強めさっと火を入れたら、塩、胡椒、ワインと水を加え
  米粉すいとんの生地を小さなスプーンですくって落としてゆきます。
4.器に盛りパセリを散らします

  時間がたつとすいとんがイカや海老の旨みをしっかり吸い、これも美味しくいただけます。



 ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村  
by studiopinot | 2010-08-29 16:19 | 料理 | Trackback
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/14491480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< レクシーです small ga... 秋色 琥珀ゼリー  >>