春の炊き込みご飯 鯛めし

春になると必ず炊くのが 鯛めし。

勿論、鯛が美味しい時期でしかも養殖が盛んになってお値段が手ごろになってます。
養殖の場合は、買い求めた日に調理するのが一番です。

鯛めし   レシピは下記
土鍋で炊くと、そのまま食卓へ出して身をほぐしながら目でも充分楽しみます。
f0032481_23512060.jpg



いつもの炊き込みご飯より少し濃い目に味付けをし,
鯛は前もって軽く焼いておき、沸騰したところへ加えます。

そら豆が美味しいので、薄皮から出し鯛をくわえる時一緒に加えてみましたら蓋を取ったときの美しさが
思わず「大成功」と叫びたくなります。

お庭の山椒の芽を摘んで添えました。
f0032481_22453968.jpg

おかずは、春の豆グリンピースとそら豆をたっぷり入れた切干大根の煮物です。

春の豆と切干大根の煮物
f0032481_046833.jpg


拍子木に切って干された切干大根のボリュームに合わせて豆を多めに入れてます。
煮含めてもバリバリとした歯ざわりがとっても美味しい切干大根です。
パプリカで彩をつけました。

ジューンベリーの花
f0032481_22462036.jpg

お庭のジューンベリーのお花が満開です。
きっと今年も赤い実を収穫できるでしょう。
   昨年より沢山実をつけそうな予感がします。  とっても楽しみ。

グラスは草野啓利(くさのひろとし)作

こちらから個展の情報が入り、これは逃がせないとばかりに行って参りました。
今回は冷酒用を求めましたが他にも気になる物が。
夏に向けて未だチャンスはありそうです。

いつも情報をありがとう。

二つのランキングに参加しております。  
ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村




米      3合
鯛切り身  2切れ(一切れ100gで骨付き)

調味料
   薄口しょうゆ   大さじ3
   塩         小さじ1/2
   酒         大さじ2

そら豆         適量(薄皮をむいて生のまま使用)
山椒の芽       適量

1.鯛の切り身に塩をして30分おき、表面の水分をふき取ります。
  この作業は必ず致します。
2.鯛の皮面を焼き、返してさっと焼きます。中まで火が通る必要はありません
3.調味料をくわえて米をたき、沸騰したら鯛とそら豆を加え弱火で8分。
  火を止めて7分蒸らします。
4.鯛のみを取り出し身をほぐしご飯にさっと混ぜ器に盛ります。
by studiopinot | 2010-04-13 23:11 | 料理 | Trackback(1) | Comments(17)
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/13410180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 器日々 at 2010-04-14 08:25
タイトル : ポカポカ陽気♪
4月7日、個展初日に出かけてきました[E:run] 寺家ふるさと村で開催された<... more
Commented by iikayo at 2010-04-14 00:01
Pinot先生、箱根下田にいらしてたのですねぇ。
私、それほど遠くない場所に住んでいるのに、下田に行ったことがなくて
箱根の富士屋も訪れたことがないのです・・・
お写真の雰囲気を見ていると凄く素敵。ホテルのコーヒーも飲んでみたいです。
以外と近くて遠い伊豆半島なんです^^
切干大根の煮物、お豆とパプリカと一緒になってイメージが違って見えますね!
Commented by ミミット at 2010-04-14 08:53 x
おはようございます!

春真っ盛り、満喫していらっしゃいますね~♪
下田~箱根とはかなりのドライブ距離ですね?
今度お話聞かせてください。

文中リンク、ありがとうございます。
私もTBいただきました。

今日からせいさん(備前・星先生)の個展はじまります。
私は久間先生が撮影した案内状にグッときちゃいました~^^
Commented by kiki-246 at 2010-04-14 12:38
箱根は私も大好きです。

鯛めし・・・も美味しそう!
神戸で香りが飛んで来そうです。
Commented by kei-kana38 at 2010-04-14 14:26
こんにちは~。

土鍋で炊く、鯛めし。最高ですね~。
木の芽にそら豆がまた彩りを添えて、季節感たっぷりで。
切干大根というと美味しいけど地味なイメージでしたが、
パプリカ、そら豆を入れると華やかになりますね。
箸置き代わりの枝つきの葉が素敵~。
こんな使い方もあるのですね。

Commented by studiopinot at 2010-04-14 18:50
iikayoさん
箱根富士屋ホテルのシチューとカレーはお奨めですよ。
近いとなかなか足が向かないところってありますよね。
Commented by studiopinot at 2010-04-14 18:52
ミミットさん
今年は寒暖が交互に続いているせいか
桜が咲き続けているようですね。
とっても綺麗でしたが残念な事に桜の写真は
殆ど失敗でした
ちっとも学んでいないですね。
Commented by studiopinot at 2010-04-14 18:53
ミミットさん
せいさんの個展は週末に参ります
Commented by studiopinot at 2010-04-14 18:55
kiki-246さん
箱根がお好きでらっしゃるのですね。
私も子供のときから、出かけるところは箱根伊豆方面でしたので
今でも引きづっております。
鯛めしの香りが神戸まで届くと嬉しいのですが。
Commented by studiopinot at 2010-04-14 18:56
kei-kana38さん
箸おきの枝は先月からいけてある桜です
お花は散っても新緑の葉がとっても綺麗です
Commented at 2010-04-14 20:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by studiopinot at 2010-04-14 21:57
04-14 20:38 鍵さん

横浜にお住まいですか。
ありがとうございます。
感激です。これからもどうぞよろしくお願い致します。
Commented at 2010-04-15 00:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by suzunari33r at 2010-04-15 11:59
初めまして!suzunariと申します。ずっと前からpinot先生のブログを楽しく拝見しておりました。私は東洋占術を使った鑑定師で五行の食の研究もしています。昨日から私もブログを始めました。初心者なので写真が大きくなってしまい恥ずかしい限りですが今後ともよろしくお願い致します。
Commented at 2010-04-23 20:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by studiopinot at 2010-04-25 21:33
04-15 00:06 鍵さん
はじめまして。いらしてくださりありがとうございます
器にお詳しいようですね。
私も角偉三郎先生の合鹿椀を持っておりますが
これは若手の方で蜂谷隆之さんの作品です
使っていて温かみが伝わり気にいってます。
Commented by studiopinot at 2010-04-25 21:38
suzunari33rさん
はじめまして。
以前からいらしてくださってらしたのですね。
ありがとうございます。
blogを始められたとのこと
うかがわせて頂きますね
Commented by studiopinot at 2010-04-25 21:39
04-23 20:51 鍵さん
いつもお世話になっております
今回もありがとうございます。
大変嬉しく思います
<< もう春なのに 伊豆の旅 Ⅱ 下田 箱根 >>