白花豆の甘煮

昨日 煮たのが白花豆。
紫花豆ほど皮が硬くなく、扱いやすいのです。
一晩水に浸してから煮ると20分ほどで柔らかくなりますが、
豆の状態でかなり差がありますのでご注意くださいね。

白花豆に含まれている成分は、炭水化物の消化吸収を妨げる働きがあるそうです。
と言う事は、ダイエットにぴったりです。

白花豆の甘煮
f0032481_1843570.jpg

柔らかくなった豆に砂糖を加え煮る方法もありますが、今回はシロップを作っておき
そこで味を含ませる煮かたです。
この方法ですと、皮がむけずらいのです。


飴釉輪花皿  7寸   作家 安斎新・厚子 
f0032481_1852863.jpg

飴釉の器は興味があったものの、扱いが難しそうで手を出さなかったのですが
洋と和の味わいを持ち合わせているこのお皿に惹かれました。
色から受けるイメージより薄手に出来上がってます。

先ずは煮えたばかりの白花豆を盛ってみましたら、「ウーンこれはいい」
使えそうです。
       こちらの器につきましてはStyle-hugさんへどうぞ。

二つのランキングに参加しております。  
ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村




白花豆(乾燥)     100g
砂糖            70g
水             140cc
煮汁             50cc
塩             少々
1.白花豆を一晩水に浸し、水を替えて煮ます。
  一回茹ででこぼし、更に柔らかくなるまで煮ます。
2.別鍋に砂糖と水を入れシロップを作ります
  煮上がった豆をシロップにいれて15分煮、塩をくわえて
  煮、そのまま冷まし味を含めます。

圧力鍋を使う場合は加圧5分、そのまま冷まし圧が抜けたらシロップを加えて
同じようにします。            
by studiopinot | 2010-02-05 18:29 | 料理 | Trackback(1) | Comments(7)
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/12789133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from きままなクラウディア at 2010-02-06 14:38
タイトル : 安斎新・厚子展1
昨日より安斎新・厚子展が始まりました。 初日はあいにく雨が降ってしまいましたが、足をお運びいただきありがとうございました。 今日は昨日とうってかわっての晴天。 表参道、青山お散歩ついでにお立ち寄りくださいませ。 上写真:ひさご掛花(アメ墨炭化) 約9cm  ¥10,500    お正月にこんな花掛けがあったら嬉しいですね。 白磁・青磁・アメ釉が並ぶ店内。 渕金と渕鉄の作品があります。 新作もたくさん。 青磁そば猪口 約φ7.3 H 7cm  ¥2,625 青磁カ...... more
Commented by wiwi2299 at 2010-02-06 14:15
お豆美味しそうです~~~。
煮豆は普通の鍋で作っていますが、圧力鍋で作る場合にはアクとりはどうしたらよろしいのでしょうか? 一回茹でこぼすので十分でしょうか。花豆はあくがかなりでるのでちょっと心配なのですが。短い時間で煮えることを思うと圧力鍋は便利ですよね~~。
Commented by claudia8 at 2010-02-06 14:42
こんにちは。
飴釉にチーズ、チョコなどが合うと想像していましたが、白花豆とは!
う〜ん勉強になりますっ。
こちらの飴釉の皿は個体差があり、作った時期や釜が違うと結構違いがでやすいものです。 手作りならではの違いなのですが、追加注文いただいた方から前回と違うというご指摘を受けやすいものでもあり。。。
ご理解いただき気に入ってもらいよかったです。

ダイエットによいとな?
明日は白花豆煮にしよっかな(笑)
Commented by studiopinot at 2010-02-07 13:17
wiwi2299さん
そちらはまだまだ寒いでしょ。
こちらもここ数日は冷え込んでます。
あくについてそちらへコメント致しましたので
参考までに。
Commented by studiopinot at 2010-02-07 13:19
02-06 14:42 鍵さん
使い出すと味わいが分ってくるお皿ですね。
予定では煮豆3種森を考えていたのですが、
今回はⅠ種になってしまいました。
Commented by oi-kaz at 2010-02-07 16:34
ロゼワインのかすかなピンク色が綺麗に撮れてますね
すごく微妙な綺麗な色です
それにしても炊き込みごはんにオリーブなんて、なんてセンス良いの?
ロゼワインが家にあることは多分ありえないので
ワインが残ったら、に本末転倒していますがオリーブの炊き込みごはんを是非作ってみます
Commented by manapy5 at 2010-02-07 21:54
お豆大好きなので。。炭水化物の吸収を妨げてくれると言うのは朗報です(笑)
↓ミモザ・・・残念ですね。。。
昨年のブログで拝見してすばらしい!と感動したのです。。
今年も~と楽しみにしていました
このミモザの持つ生命力が強いことを願っています☆☆
Commented by leperline at 2010-02-08 22:29
こんばんは。
ワインで炊き込みご飯とは斬新なアイデアです。
うちはお料理で開けたワインはちびりちびりと私が飲んでしまうので^^;、次回それはひかえて、ぜひ炊き込みご飯作ってみようと思います。
↓あのミモザの枝が折れてしまったのですか!!
昨年の満開の様子が目に浮かびます。
<< ワインが残ったら 3.ワインと...  立春  大豆の五目煮 >>