ワインが残ったら 1.

ワインは出来るだけ残さないようにと思っていても
今日は一口だけとか、お料理に少しだけ必要とか、
で残る事が多いのです。

現在もロゼワインと白ワインが残っておりますが、
  これは春の飲み物の撮影の時残ってしまったのです。

豚薄切り肉とロゼワインの簡単煮込み  レシピ 下記

f0032481_14254832.jpg

鶏肉、牛肉の赤ワイン煮は定番ですが、本格的に作るとなると結構手がかかります。
豚肉、それも薄切りでしたら簡単に出来るのでは、と作り出しましたら
お味にコクが少々足りません。
ドライトマトのオイル漬けと野菜ブイヨンを加えてみましたら、
コクが出て美味しい煮込みになりました

酸味の強いワインでしたので蜂蜜を少し加えてあります。

f0032481_13482792.jpg

100cc必要な為だったロゼワイン。 これは実にさっぱりタイプ。
白ワインの方がドレッシングに加えたり焼魚にかけたり利用範囲が広く思います。

f0032481_13484658.jpg

彩りはアスパラ。
炊き上がった雑穀米に、塩、オリーブオイル、アスパラの刻んだ物を混ぜてお味をつけます。
このほうが、煮込みにあうような気が致します


二つのランキングに参加しております。  
ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村



2人
豚薄切り肉         250g(3等分に切リ、塩、胡椒で下味)
たまねぎ           小1個(薄切り)
しいたけ           3個(他のきのこなんでもOK) 
ロゼワイン          100cc
水               50cc
バルサミコ          大さじ1 or 醤油小さじ2  
ドライトマト(オイル漬け)   5個
アスパラ           1束(茹でて、茎の太い部分は刻む)
野菜ブイヨン        キューブ1/2個
はちみつ           小さじ1/2

胡椒(黒)

雑穀ご飯
オリーブオイル

アスパラガス

1.たまねぎを炒め、透き通ってきたら豚肉を加え更に炒めワインと水を加えます。
  一と煮立ちしたら椎茸、ドライトマト、ブイヨンを加え煮詰めてゆきます。
2.最後に塩コショウして出来上がり。
  器に持ってアスパラガスの穂先をそえます。

3.炊き上がった雑穀ご飯にオリーブオイル、塩、を混ぜアスパラの刻んだものをくわえます。 
by studiopinot | 2010-01-29 14:12 | 料理 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/12743095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by buringuru at 2010-01-29 17:56
わたし、ワイン好きなのですがお酒に弱く、
いつもワインを余らせてしまいます
余ったワインはいつもワンパターンのレシピで使っているので
今度はこの豚薄切り肉のレシピに挑戦してみますね!
豚というあたりが手頃で取り組みやすくていいですね♪
ドライトマト買ってこなくちゃ!
Commented by yasurako at 2010-01-31 01:04
pinotさん、すごくすごくおいしそうです。
いつもながらたまらない気持ちになりました^^
豚肉の薄切りとワインで煮込むなんて。
ドライトマトを入れるのもとってもおいしそうで、雑穀米が彩りを更によくして、とてもおいしそうでたまりません。
最近、きちんとご飯を作っていないのですが、いつか機会があったら作ります!!
Commented by sakurai195 at 2010-01-31 10:14
我が家の冷蔵庫にもロゼワインが
しかもリンゴのコンポートを作るときに赤ワインが足りずあけた残りなんです
豚肉もあるし2~3日うちに作ってみますね

ぜんざいのお話し
友達の出身地は知らんーないんですよ
勝手に地元だと思っていたんですけどね?
Commented by iikayo at 2010-02-03 20:55
Pinot先生~お庭のミモザが折れてしまったんですねぇ!!
あまりにも驚いて声上げてしまいましたよぉ。
やっぱり雪の重さでしょうか。。
ミモザは大雨と雪の日は本当に気をつけないといけないですね。
我が家も何年か前に台風で1本倒れた経験があるので・・・
少し残念ですが、根元がとってもしっかりしていそうだから、
またきっと大きく枝を広げてくれることを楽しみにしています!
元気出してくださいね。
<< ワインが残ったら 2. 鯛焼ワッフル >>