残り物ばかりで ごぼう丼

冷蔵庫の中は常に意識してないと、あれが少しこれが少しと
中途半端なものでいっぱいになってることがよくあります。

今日も、ごぼうが2/3本、れんこん3cm、お豆腐半丁、冷凍庫には
豚肩ロースの薄切りが3枚、チェックするとまだまだ出てきます。

先ずは、先日の旅行で買ってきたコチジャンを使い、根菜ご飯を作ってみました。
ごぼうが多かったので、ごぼう丼ですね。
f0032481_22384634.jpg


ごぼうはお味がしみるように、先ず叩いてから切り、れんこんと一緒に固めに茹でてあります。
豚肉と一緒にいため、合わせた調味料をくわえるだけ。

お豆腐はそぼろにして薄味をつけました。
あわせ調味料は、この時と同じです。
このお味は手前味噌ではありますが、一寸気にいってます。
卵がもうすこしとろーりとしてくれればよかったのですが。
f0032481_21324544.gif

雲が低く寒い日が続いてましたが、今日は晴天。
日が入るところまで小さなテーブルを運び昼食です。
卵を崩しながらいただくとコチジャンの甘辛い味が、玄米ご飯とよくあいます。

白菜とかぶのみぞれ汁
f0032481_2133223.gif

みぞれにはまだ未だ早いのですが、これから寒くなってくると冬のお料理には
お大根やかぶなどを下ろしてみぞれに見立て、汁物、あえもの、などによく登場します。

みぞれを作るのは、鬼おろしで卸して作るのですが、鬼おろしを知らない方が結構いらっしゃいますが
これは竹で作られた目の粗いお道具です。次回写真でご紹介いたしますね。

季語がお料理に写され、四季の移り変りを楽しむ日本料理の素晴らしいところです。

ズッキーニとかぶの漬物代わり
f0032481_21331823.gif

炒め物の残りにお醤油をかけて漬物代わりにしたのですが、意外と美味しいものでした。

必要な材料を全て買い揃えて作るより、あるものをゴソゴソと見つけて作る時って
面白いお料理ができることがありますよね。

二つのランキングに参加しております。  
ワンクリックずつしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村




玄米ご飯      2人分
ごぼう        2/3本(叩いて縦4等分に切りこれを3cm長さに切る)
れんこん      3cm (いちょう切りにしてさっと水に晒す)晒しすぎない事
豚肩ロース薄切 り  3枚(3cmに切る)

木綿豆腐      粗く崩して水気を切る、約30分
青葱         適量

1.豆腐の水気を切ったら、フライパンで更に細かく崩しながら炒めます。
  水気がなくなり細かくなったら、薄口しょうゆ小さじⅠ、砂糖少々で薄味をつけておきます
2.ごぼうとれんこんをさっと湯がく(これは火が早く通るためです)
  水気を切ったらごま油で炒め、途中で豚肉も加え火が通ったら合わせた調味料を
  加えてさっとなじませ炒り豆腐も加えておきます。
3.玄米ご飯の上にAをかけごぼうを盛り、卵をのせ青葱を散らします。

A.合わせた調味料のうち、小さじ2を別の器に移し、めんつゆなどを同量加えこれをご飯にかけます。

あわせ調味料はこちらです。
by studiopinot | 2009-11-15 22:03 | 料理 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/12322175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akkochan-sukisuki at 2009-11-16 11:44
おなかが鳴りました。。。。
コチジャンを使った根菜ご飯に半熟卵の映像にノックアウトです(笑)

また、おなかが鳴りました。。。。
Commented by clearmine at 2009-11-16 23:09
コチジャンって美味しいですよね。
うちの子は、白ご飯のみでもコチジャンと食べていつのまにか
空瓶になっています。
買いに行って試してみまーす。
Commented by lymphe-beauty at 2009-11-17 00:32
ある物をゴソゴソ・・(笑)、面白いお料理の発見につながるし、冷蔵庫は片付くし・・でうれしくなります。
コチュジャンに半熟卵。考えただけでも、おなかの虫が治まってくれません。でも、今は、残念ながら、家族のために卵を控えている身の私。
あぁ・・食べたいです^^
Commented by kiki-246 at 2009-11-18 20:51
うわぁ、美味しそう!
早速明日作りたくなります。
<< マロンパイ 秋も深まると >>