アンチョビと長ねぎのまぜまぜ炒飯

アンチョビはイタリアンと考えるのですが、先ずはじゃがいもとアンチョビ(写真なし)の組み合わせ
これは合わない訳はない美味しさになります。

今日は和のテイストを取り入れて、それも長ねぎをたっぷり使って。

 アンチョビと長ねぎのまぜまぜ炒飯  レシピ下記
ながねぎとアンチョビ味のご飯を混ぜ混ぜしていただきます。
f0032481_21422980.jpg

長ねぎがおいしくなってきました。

青いところも入れて1本を刻み、アンチョビも刻みここでガーリックも刻みたいところですが、

一片を丸のまま使い優しいガーリック味を出しました。
器に盛るときは勿論取り出します。

刻んで入れるのもお好み、お酒の後などは嬉しいですね。
f0032481_21484631.gif


更に1/2本の長ねぎは焼いておきます。

葱を焼くとき焦げるのが怖くて弱火で焼くと、しゃきっとした焼葱になりません。
強火弱くらいで手早く焼くと、歯ごたえのある焼葱になります。

アンチョビ
アンチョビと言えば、缶をあけそのまま火にかけてクツクツしてきたらお醤油をたらりとたらし
熱々をつつく頂き方を知ったのはまだ十代の頃、キャンプや登山の時の定番だったようです。

登山もキャンプも大の苦手で、
  楽しんできた友人から得た情報を家でクツクツと真似してやっていたのでした。

f0032481_21562596.gif

とっても優しいお味のアンチョビで、
       冷蔵庫保存をしますのでオリーブオイルがまだ白っぽく固まってます。

ある有名フレンチシェフが使われてるそうで、
           これが手に入るのでしたら頑張って作ることはありませんね。
それ程美味しいアンチョビでした。

 参加しております。  ポチットよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「おいしいから 何度でも」   Studio Pinotの料理メモ   ソフトバンククリエイテイブ社

f0032481_1491327.gif
pinotの毎日作る普段の料理レシピをまとめたものです。

お求めは
 Amazon  
  楽天ブックス
書店

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




玄米ご飯   ご飯茶碗2杯分
長ねぎ     一本(青いところも刻んでおきます)
アンチョビ   4本(アンチョビ缶によりサイズが異なりますので注意)
オリーブオイル
黒こしょう
醤油      適量

ねぎ       1/2本(5cm長さに切りフライパンで焼き塩を振ります)

1.フライパンにオリーブオイルとガーリック1片を入れて火にかけ、香りを出します。
  長ねぎとアンチョビをくわえさっと火を入れて、玄米ご飯を加え、混ぜてから醤油をたらし
  黒こしょうを振ります。
2.器に盛り焼ねぎを縦に半分に切って添え、いただくときかき混ぜて焼き葱といっしょにいただきます。

  お試しくださいね。
by studiopinot | 2009-10-13 21:52 | 料理 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/12118867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by naco-life at 2009-10-13 22:54
こんばんは。
先日はありがとうございました。
これは簡単でおいしそうなごはん♪♪
アンチョビの缶を開けても
全部使わないことが多いので、
そんなときにさっと作れそうです。
そして何よりもおいしそう♪♪
さっそく作ってみます。
Commented by ミミット at 2009-10-14 08:16 x
おはようございます♪

先日はレッスンとっても楽しかったです。ありがとうございます!
アンチョビはワンパターンでちょっとしか使わないのでこちらのレシピは助かります。
休日のオットといっしょのランチ、一度作ってみます。
きっとアンチョビとガーリックの香りがたまりませんね^^
Commented by kumi at 2009-10-14 09:31 x
おはようございます。
『おいしいから、何度でも。。』の本に出合ってからすっかり
pinotさんのファンになり、どうしても料理教室に
参加したいと思うのですが、どのように応募して良いのかわかりません。
教えていただけますでしょうか?
よろしくお願いいたします。
Commented by lymphe-beauty at 2009-10-14 18:30
こんばんは

アンチョビ。
缶では使いきれず、瓶詰めでも使いきれず、チューブはナンダカ臭みが・・最近ではめっきり我が家のキッチンへ遊びに来てくれることのなくなったものの一つです。
学生の時、少しだけ背伸びをしたBBQで、記事にあった「アンチョビ&お醤油、缶のまま焼き」やっていました。ワインにも、ホットウィスキーにも、日本酒にでさえ、あってしまうのですよね。お酒が進むのなんのって…
ガーリックを刻まない方法で、(まずは缶を買いに行って)久しぶりに食卓に挙げてみようかと思います。
Commented by morimaman at 2009-10-14 21:09
先日はありがとうございました。
なんちゃって茶藝も素敵に撮って頂き、とても、、、恥ずかしいです。また、次なる勉学の意欲がわいて来ました。


テレパシーでしょうか。
ここ2日ぐらい、頭の中をアンチョビが飛んでおりました。
ちりめんじゃこは飛んでおりませんか?
ちりめんじゃこんも飛んでいます。。。私の場合はとりとめもないので、、、

アンチョビの炒飯、両方とも大好きです。長ネギも、、、同様のお昼に夫と頂きたいごはんです♡
Commented by チェリー at 2009-10-16 11:42 x
はじめまして。
ずーっと、見させていただいています。
レクシーちゃんのファンです。
私共も、コッカプーに巡り会いたいのですが、なかなかご縁がありません。
また、かわいいレクシーちゃん、(カメラ目線大好きです)
登場させてくださいね♪

また、登場させてくださいね。

Commented by studiopinot at 2009-10-16 22:32

kumiさん
ありがとうございます。
詳細をお知らせ致しますので、鍵こめでmailアドレスをお知らせいただけますでしょうか。
必ず鍵こめでお願い致しますね。
Commented at 2009-10-17 09:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by takayo1224 at 2009-10-20 15:45
はじめまして1224と申します。
↑スコーンがとても美味しそうで惹かれました^^
写真も素敵でほれぼれしてしまいました。
…アンチョビ。
我が家に中途半端に残っているアンチョビがあり、どう使おうか悩んでいたところなんです。
この混ぜご飯簡単だしいい!我が家の晩御飯にさせていただきます^^
<< これで秋です お教室の後の楽しみ 中国茶会   >>