白花豆と野菜の煮込み

花豆というと紫花豆が一般的。
皮も柔らかくふっくらと甘く煮えたときは「出来たー」と叫びたくなる程嬉しくなります。

皮が固い豆なので皮が破れて身が出てきてる状態でも
皮だけはが固いとか作るたびに出来具合が違うのです。

今回は圧力鍋を使いました。  10分で柔らかくなりこれは時間が助かりました。
勿論一晩水に浸しておいて。

でも本当はコトコト時間をかけて煮るのも大好きなのですが、便利で楽これには惹かれます。

外国の方は、豆を甘く煮ておかずにするということが考えられないようで驚かれます。
だからといって、デザートにお出ししてもただただ甘いだけと感じるようです。

今回は白花豆を野菜との煮込みにしてみました。
f0032481_16432766.jpg

大きなお鍋で煮込み、食卓に出す為に陶器のお鍋に移し変えてあります。

一寸手間をかけてあげて、花豆を先に煮ておきます。

丁度スープを取るようにセロリ、人参、たまねぎ、クローブ、クミンと一緒に圧力鍋で煮ました。
このようにすると、花豆に野菜の旨みとスパイスの味が移ります。
煮汁と共に、冷凍保存も出来ますよ。
f0032481_1647308.gif

豆と漉した煮汁、季節のお野菜を加えて柔らかくなるまで煮れば出来上がりです。
いつもは此処で鶏もも肉を加えるところですが、
チキンスープストックが冷凍保存してありましたのでこれを使い、
優しいお味のゆるマク煮込みが出来上がりました。

一晩置くと更にコクが増しとってもいいお味になります。

f0032481_16514634.jpg
スパイスは自分がクミンの香りが好きなせいかよく使います。

3種類のスパイスと、塩、こしょうで調味してるだけのシンプルな作り方で、
かなり控えめに使いました

それだけに、作った日より翌日のほうが美味しいのでしょう。

これから気温が下がってくると煮込み料理を作ることが多くなります
醤油ベースや味噌ベースの煮込みも美味しいですが、このようなシンプルな洋風煮込みもいいものです



参加しております。ポチットよろしくお願い致します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「おいしいから 何度でも」   Studio Pinotの料理メモ   ソフトバンククリエイテイブ社

f0032481_1491327.gif
pinotの毎日作る普段の料理レシピをまとめたものです。

お求めは
 Amazon  
  楽天ブックス
書店

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by studiopinot | 2009-09-27 16:47 | 料理 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/12015089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by athena102 at 2009-09-28 17:02
このメニュー、明日にでも頂きます。軽く焚いた、5種類の豆の冷凍があります。クミンシードは、粉にして入れたほうが良いものでしょうか?
鶏肉の手羽元があります。出汁にそれでも使ってみます。何時も、献立に困っているときの一品助かっております。有難うございます。
Commented by studiopinot at 2009-09-28 20:21
いつもありがとうございます。
鶏を入れるときは、鶏に塩をして20分ほどおき水気をふき取ってください。
こうすると鶏の匂いだけが際立つ事がなくまろやかな煮込みスープになりますよ。
どうぞお試しくださいね
Commented by yoko_mama at 2009-09-29 07:33
おはようございます。
pinoさんの煮込み料理はいつも手間暇かけてるって感じがします。
スパイスにもこだわりあるみたいだし。
お豆の煮込み料理、これからの季節にはいいですね。
pinoさんの本のおかげでレパートリーも少し増えました。
ありがたい本にいつも感謝しています。
Commented by studiopinot at 2009-09-30 16:42
yoko_mamaさん
それ程手間はかけてないのですよ。
ポイントだけ抑えていると言う感じです

本がお役に立ってるようで嬉しいです
<< さんまと蕪のカルパッチョ さつまいものメープルシロップかけ >>