厚揚げラタトーユ  ゆるマク

こちらからいただいたお野菜はみな新鮮で何から使おうかと迷うくらいです。
そのなかでも、茄子が新鮮で手にもつと実がはちきれそうなのが分かります。

早く使いたくて、冷蔵庫のなかの厚揚げと併せてみることにしました。
この組み合わせですと、普通は甘辛く煮るところをラタトーユ風にしてみました。
厚揚げのラタトーユ   レシピは下記
f0032481_11451072.jpg

厚揚げは必ず湯通しをしておきます。
普通のラタトーユと手順は同じですが、塩、こしょうは控えめにして最後に
      醤油を少々加えます

厚揚げに、お野菜の旨みがしっかり移りこれは想像以上の美味しさです。
今回はハーブを入れなかったのですが、ローズマリーやタイムを入れるともっと複雑なお味が
厚揚げにしみることでしょうね。

f0032481_11455670.gif

毎年きれいな紅葉になるこのつる性の植物(名前を忘れました)
こんなに可愛い色になってます。    箸に添えてみました。
茄子の漬物
f0032481_11571212.gif

薄切りのなすと千切りのしょうがに塩を振り1時間ほどおきます。
水気をよく絞り,荏胡麻粒を添えしょうゆ少々で頂きます。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「おいしいから 何度でも」   Studio Pinotの料理メモ   ソフトバンククリエイテイブ社

f0032481_1491327.gif
pinotの毎日作る普段の料理レシピをまとめたものです。

お求めは
 Amazon  
  楽天ブックス
書店

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




厚揚げのラタトーユ

厚揚げ     1枚 (熱湯をかけて湯通しして一口大に切る)
なす       3個 (一口大に切る)
ズッキーニ   1本
パプリカ     赤・黄色各1個(一口大に切る)
たまねぎ    1/2個 (繊維にそって薄切り)
トマト       1個 (ざく切り)
ガーリック    1個 (薄切り)
塩・こしょう
しょうゆ 小さじ2

1.トマトとズッキーニはオリーブオイルで炒めて取り出しておきます
  たまねぎ、ガーリーックを炒め、たの野菜、厚揚げを入れ火が通ったら茄子とズッキーニを戻し
  塩、こしょうで味付けします。
2.お味が廻ったら、醤油をくわえて調味します。
by studiopinot | 2009-09-07 11:46 | 料理 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/11885582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by apricot_peach at 2009-09-08 18:28
pinot先生、こんばんは♪
厚揚げのラタトゥーユ、お野菜の旨みがしっかりと移った厚揚げ・・・想像するだけでお腹が鳴ってきました!
私もレシピを拝借して作ってみたいと思います!

先ほど源泉米の記事をアップいたしましたので、TB頂いてまいります。
どうぞ宜しくお願いいたします(*^o^*)
Commented by athena102 at 2009-09-08 23:00 x
厚揚げのラタツゥーユ、美味しそうです。たまたまこのお野菜がそろっています。明日早速に作ってみます。
いつも思いもかけないレシピを頂き、有り難いと思っております。青唐辛子は手にお入りになりましたか?
Commented by leperline at 2009-09-09 12:14
厚揚げのラタトゥーユ、今晩さっそく作ってみよう~♪
↓の梨の柚子ゼリーかけも手軽にできてとってもお洒落です。
先生のレシピは分かりやすくしかもお洒落で、作ってみよう!という気にさせてくれます。
Commented by studiopinot at 2009-09-09 17:47
apricot_peachさん
厚揚げにお野菜のお味が染み込んで美味しいですよ
TBありがとうございます。
Commented by studiopinot at 2009-09-09 17:48
athena102さん
意外な組み合わせでしたがおいしいので
おすすめです。
Commented by studiopinot at 2009-09-09 17:49
leperlineさん
分かりやすいですか
ありがとうございます。
是非お試しくださいね
<< 重陽の節句 菊ご飯 梨の柚ゼリーかけ >>