スープストック(ブロス)

風邪を引いてぐずぐずしていた一週間。
体調が悪かったり、疲れたりしてるときスープが飲みたくなるのは何故でしょうね。
旅行先でもレストランに入ると、どんなスープがあるかとメニューとにらめっこをします。
人によってはお味噌汁の方もいらっしゃるでしょう。

そういえば若い頃はこんな時必ず「コーンポタージュ」だった気がします。
やっと作る意欲が出てきたので身体に優しいスープを。
白菜スープ
f0032481_14253614.gif

白菜のざく切りと鶏もも肉を丸のまま30分煮て、白菜はFPにかけもも肉は細かく切ります。
一日目はそのままいただきます。2日目は牛乳を加えてパンにあわせ、3日目はご飯とチーズを加えてドリア風にと楽しみます。  写真は2日目、牛乳をくわえて朝食に。

ならばとスープストック(ブロス)も作ることに
スープは固形や顆粒を使うことが多いのですが、家で作るストックは優しいお味に仕上がります。

たまねぎ、人参、セロリ、ガーリック、パセリの茎、とり骨付きもも肉1本。
野菜だけで取るつもりでしたが、野菜の量が一寸足りないので骨付きもも肉を加えました。
f0032481_14284655.gif

寸銅鍋でコトコトと、スープが濁らないように火加減には気をつけます。
ハーブやワインを入れたりする方法もありますが
シンプルなスープストックにしておいて、調理する時加えるようにしています。
f0032481_14311137.gif

一時間半過ぎた頃。  更に一時間煮ます。
出来上がりです。
f0032481_16161823.gif

4.5Lの水が、1.5Lになるまで煮詰めました。
冷めてから、小分けにして冷凍庫保存です。
市販されてるものと違い添加物は一切無しですので日持ちがしませんから、冷凍庫で保存します。

これはお味噌汁のお出しの洋風版です。これに生姜や葱をくわえれば中華版になります。

ある日本料理店の店主いわく、日本料理のだしが一番簡単なのに何故インスタントを使うのかと。
確かに時間もかからず、材料もすくないですね。
                            耳の痛い話です。

さーこれで何を作りましょうか。
by studiopinot | 2009-03-29 14:29 | 料理 | Trackback
トラックバックURL : http://studiopino.exblog.jp/tb/10657445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 女神のスープのはずが スープス... 今月のお教室では 2009.3. >>